『エリザベート』30周年でオーストリア政府観光局がゆかりの地マップリスト公開


ミュージカル『エリザベート』が、2022年に世界初演から30周年を迎える。これを記念し、オーストリア政府観光局が皇妃エリザベートの人生とゆかりの地を紹介する特別記事を公開した。

ミュージカル『エリザベート』 は、1992年9月3日にウィーンのアン・デア・ウィーン劇場で初演されたのち、世界各国で翻訳版が上演されるドイツ語ミュージカル最大のヒット作となった。日本でも宝塚歌劇団と東宝が公演を重ね、上演の度に人気を博している。

オーストリア政府観光局が公開した特別記事「時代を駆け抜けた皇妃エリザベート」では、バイエルン出身の少女がわずか16歳でハプスブルク家に嫁ぎ、悲劇的な死を遂げるまでの人生を、エリザベート自身の言葉とともに辿っているほか、オーストリア各地に残るゆかりの地を写真付きで解説している。

<特別記事「時代を駆け抜けた皇妃エリザベート」>
https://www.austria.info/jp/service-and-facts/famous-austrian-people/sissi-kaiserin-elisabeth

さらに当局は、エリザベートゆかりの地を印したGoogleマップリストも公開。夫の皇帝フランツ・ヨーゼフ1世と暮らした宮殿、こっそり通ったウィーンの菓子店、好んで滞在した別荘などにピン付けがされている(実際に旅行される場合の利便性を高めるため、紹介は隣国ドイツ・ハンガリー・スイス内のゆかりの地も含んでいる)。

<Googleマップリスト「エリザベートをたずねて byオーストリア政府観光局」>
https://goo.gl/maps/fMnHQhGYSwzZGp5o8

掲載スポット例

『エリザベート』30周年でオーストリア政府観光局がゆかりの地マップリスト公開

シシィ博物館
ホーフブルク宮殿内にあるシシィファン必訪の博物館。バイエルンでの少女時代、思いがけないオーストリア皇帝との結婚、慣れない王宮生活、そしてジュネーブでの急死に至るまでの波乱万丈の人生を、充実の展示品で辿る。

『エリザベート』30周年でオーストリア政府観光局がゆかりの地マップリスト公開

ヘルメスヴィラ
皇帝フランツ・ヨーゼフ1世がバイエルン出身のエリザベートにウィーンの素晴らしさを伝えるために建てさせた宮殿。ルネサンス様式の瀟洒な建物で、彼女のサロンの天井には一部クリムトが描いたフレスコ画があり、他にもステンドグラスの窓、体操室、大理石のレリーフなど、贅が尽くされている。

『エリザベート』30周年でオーストリア政府観光局がゆかりの地マップリスト公開

菓子店デーメル
ダイエットに執心しながらも甘いものが大好きだったエリザベートがお忍びで通った菓子店。オススメはスミレの花の砂糖漬けとバラの花の砂糖漬け。

『エリザベート』30周年でオーストリア政府観光局がゆかりの地マップリスト公開

なお、現地ウィーンでは6月30日から7月2日の3日間、シェーンブルン宮殿にて『エリザベート・コンサート in シェーンブルン』を開催。日本では、今年10月から2023年1月にかけて全国4都市で東宝版の上演も決定している。

世界中の人たちの心を捉えつづけるエリザベートの人生を、自宅から旅してみるのはいかがだろうか。

皇妃エリザベート肖像 (C)ÖW/Gerhard Trumler
シシィ博物館 (C) SKB/Alexander Eugen-Koller
ヘルメスヴィラ (C) ÖW/Willfried Gredler-Oxenbauer
菓子店デーメル (C) ÖW/Harald Eisenberger

関連記事

エンタステージが開催する「演劇ライター講座」は、演劇メディア業界に興味を持つ方、人に伝える記事を書くことについて興味のある方に向けて、経験豊富な編集者&ライター陣がライターの基本姿勢から記事の書き方などを指導していきます。演劇のみな[…]

演劇ライター講座開講!2月5日(土)スタート第3期 申込受付開始



チケットぴあ
『エリザベート』30周年でオーストリア政府観光局がゆかりの地マップリスト公開
最新情報をチェックしよう!
テキストのコピーはできません。