ミュージカル『スウィーニー・トッド』レポート! 市村正親×大竹しのぶが8年ぶりに復活、そして完成へ


2024年3月9日(土)より、池袋・東京建物 Brillia HALLにて、ミュージカル『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』が開幕する。 多くのミュージカルファンを魅了した市村正親×大竹しのぶの伝説のタッグが、8年ぶり5度目の復活を果たす。

ミュージカル『スウィーニー・トッド』レポート! 市村正親×大竹しのぶが8年ぶりに復活、そして完成へ

ミュージカル『スウィーニー・トッド』とは?

ミュージカル『スウィーニー・トッド』は、ミュージカル界の巨匠として世界中で愛されたスティーヴン・ソンドハイムの代表作。18世紀末のロンドンを舞台に、哀しき罪を背負った男と女の愛と憎しみと狂気を紡いでいく復讐の物語だ。1979年の初演以来、世界各地で上演され続け、1979年度トニー賞では8部門を受賞している。

日本では宮本亞門演出のもと、市村正親・大竹しのぶという演劇界を牽引する2人が、2007年の初演以降、2011年・2013年・2016年と公演を重ねてきた。今作はさらに各ジャンルで活躍する新キャストが集結し、上演前から大きな話題となっている。

ファン待望の8年ぶりの公演は、3月9日(土)から3月30日(土)まで、池袋・東京建物 Brillia HALLにて上演。上演時間は1幕90分/休憩20分/2幕65分の計2時間55分を予定。

取材会レポート:宮本亞門「人生の中で最も愛している作品」

囲み会見には、8年ぶり5度目の上演に気合たっぷりな演出・振付の宮本亞門、スウィーニー・トッド役の市村正親、ミセス・ラヴェット役の大竹しのぶの3名が登壇。

ミュージカル『スウィーニー・トッド』レポート! 市村正親×大竹しのぶが8年ぶりに復活、そして完成へ

本番を直前に控え、市村は「やっとソンドハイムが目指すところにこれたのでは」と手応え抜群の様子を見せた。本作の初演がミュージカルデビューとなった大竹は、当時居残り稽古をしては「いつかできるようになるんだよ」と励まされながら稽古に挑んだ日々を振り返りつつ、「それよりもよくなければやる意味がない」「何百倍もうまくやりたい」と、改めて5度目となるミセス・ラヴェットとしての人生に思いを馳せていた姿が印象的。

ミュージカル『スウィーニー・トッド』レポート! 市村正親×大竹しのぶが8年ぶりに復活、そして完成へ

「人生の中で最も愛している作品がスウィーニー・トッドです」と語る宮本も、市村同様「やっとスウィーニー・トッドが完成したと思います!」と太鼓判を押し、言葉の端々から大親友・ソンドハイムが遺した作品への思い、それをいまこの時代に上演することの意義についての熱い想いが窺いしれた。

ミュージカル『スウィーニー・トッド』レポート! 市村正親×大竹しのぶが8年ぶりに復活、そして完成へ

見どころについて聞かれると、市村は「僕の俳優人生も今年も51年目。もう1度スウィーニー・トッドに挑戦してみないと死ぬに死にきれない」という思いから、8年ぶりの上演へとこぎ着けたことを語り、すべて作り直したセットを見どころとして挙げ、おちゃめな笑顔を見せる。大竹はソンドハイム作品の醍醐味である音楽に触れた。

スタッフも出演者も大幅に変わった今作。演出に関しては、戦争や格差社会といった問題が横たわる現代社会に対して訴える力を入れ込んでいるとのこと。また音楽に関しても、細かく徹底的に1音ごとの感情を追求していったそうで「天国の親友ソンドハイムが喜んでくれる舞台にしたい」と、劇場から天国へと熱いメッセージを送った。

ミュージカル『スウィーニー・トッド』レポート! 市村正親×大竹しのぶが8年ぶりに復活、そして完成へ

最後に市村が、本作に挑む自身の姿を「消えかかる蝋燭の最後にわっと燃える炎」に例えると、両隣から「なんでそんなことばっかり言うんですか」と合いの手が入る場面も。表情は明るいが、本作が市村にとって俳優人生50年の重みをずっしりと乗せた作品であることが伝わってきた。

ミュージカル『スウィーニー・トッド』レポート! 市村正親×大竹しのぶが8年ぶりに復活、そして完成へ

大竹は「歳を重ねるってかっこよくて素敵なことなんだって見せてやるぞ!っていうのは冗談ですけど」チャーミングな笑顔を見せ、「素晴らしい戯曲なのでぜひ体感してほしいなと思います」と会見を締めくくった。

ゲネプロレポート:市村正親と大竹しのぶのゴールデンコンビは当然息ぴったり!

8年前にファイナル公演と銘打って上演されたミュージカル『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』の、奇跡の5度目の幕が上がった。無実の罪を着せられた理髪師ベンジャミン・バーカー改めスウィーニー・トッド(市村正親)が、18世紀末のロンドンを舞台に繰り広げる狂気と哀しみに満ちた復讐劇だ。

ミュージカル『スウィーニー・トッド』レポート! 市村正親×大竹しのぶが8年ぶりに復活、そして完成へ

開幕早々姿を現す、返り血に濡れたトッドの姿は、これから彼を待ち受ける運命を物語るよう。鬼気迫る表情で彼は一体何を思うのか。全身から立ち上がる圧巻の存在感が、重厚なオケの音色に乗って劇場を満たしていった。

ミュージカル『スウィーニー・トッド』レポート! 市村正親×大竹しのぶが8年ぶりに復活、そして完成へ

物語はトッドが気の良い青年・水夫アンソニーに助けられ、乞食女(マルシア)が不吉に呻きながら徘徊するロンドンの街にたどり着くところから始まる。かつてトッドが店を構えていた建物では、ミセス・ラヴェット(大竹しのぶ)がパイ屋を営んでおり、彼女はトッドに悪夢のような現実を伝えるのだった。かつて自分に無罪の罪を着せた悪徳判事ターピンは、トッドの妻を凌辱し、果てに彼女は服毒自殺。まだ見ぬ娘・ジョアンナはターピンの養女となっていた。

ミュージカル『スウィーニー・トッド』レポート! 市村正親×大竹しのぶが8年ぶりに復活、そして完成へ

ミュージカル『スウィーニー・トッド』レポート! 市村正親×大竹しのぶが8年ぶりに復活、そして完成へ

トッドは必ずやターピン判事、そしてその部下のビードル(こがけん)に復讐することを胸に誓う。密かにトッドを慕っていたラヴェットは共犯者となり、孤児のトバイアスを巻き込んで狂った計画を遂行していくが――。

ミュージカル『スウィーニー・トッド』レポート! 市村正親×大竹しのぶが8年ぶりに復活、そして完成へ

果たしてこの復讐に正義と呼べるものはあるのか。最初から狂った世界で、正義を叫ぶことにそもそも意味があるのか。凄惨な復讐劇は、ときにブラックジョークを交えたコミカルなシーンを挟みながら、人を殺すという行動の重さに対してやけに軽やかに進んでいく。ソンドハイムの生み出した予測のつかないメロディーは観客の不安を押し広げ、それでいて作中何度もリフレインされるフレーズはキャッチーで耳に残り、なんとも奇妙な気分に支配される。これぞまさに唯一無二の世界観といえるだろう。

ミュージカル『スウィーニー・トッド』レポート! 市村正親×大竹しのぶが8年ぶりに復活、そして完成へ

市川と大竹のゴールデンコンビは、当然息もぴったり。8年を経てよりどっしりとした深みのある歌と芝居で、本作のドラマとしての側面を味わい深いものにしていく。

ミュージカル『スウィーニー・トッド』レポート! 市村正親×大竹しのぶが8年ぶりに復活、そして完成へ

今回、新キャストが多いというのも注目ポイントだろう。アンソニー役はどちらも初参加となる山崎大輝と糸川耀士郎のWキャスト。ゲネプロでは糸川が持ち前の真っ直ぐさを歌に乗せ、作品に爽やかな風を運び込んだ。

ミュージカル『スウィーニー・トッド』レポート! 市村正親×大竹しのぶが8年ぶりに復活、そして完成へ

ミュージカル『スウィーニー・トッド』レポート! 市村正親×大竹しのぶが8年ぶりに復活、そして完成へ

ジョアンナ役は、前回出演した唯月ふうかと、今回初参加となる熊谷彩春のWキャスト。ゲネプロでは熊谷が箱入り娘として外の世界を知らないジョアンナを可憐に演じた。ターピン役は安崎 求と上原理生のWキャスト、トバイアス役は武田真治と加藤 諒のWキャストとなっており、いずれも過去に出演したキャストと新キャストの組み合わせとなっている。さまざまなキャストの組み合わせで楽しんでみるのもいいかもしれない。

ミュージカル『スウィーニー・トッド』レポート! 市村正親×大竹しのぶが8年ぶりに復活、そして完成へ

ミュージカル『スウィーニー・トッド』レポート! 市村正親×大竹しのぶが8年ぶりに復活、そして完成へ

殺人による復讐を軸とした物語とあって、生半可な気持ちで観ると後悔するかもしれない。だが本作は、宮本の会見での言葉を借りるなら「エンターテインメントであるけど、それ以上にガツンと心に響く物語」でもある。歪な社会で生まれた復讐が行き着く果て、というのを、ぜひこの3時間の物語で味わってみてはどうだろうか。

(取材・文・撮影/双海しお)

 

公演情報

上演スケジュール

【東京公演】
2024年3月9日(土)~3月30日(土)
東京建物Brillia HALL(豊島区立芸術文化劇場)

【仙台公演】
2024年4月12日(金)~4月14日(日)
東京エレクトロンホール宮城(宮城県民会館)

【埼玉公演】
2024年4月19日(金)~4月21日(日)
埼玉県 ウェスタ川越 大ホール

【大阪公演】
2024年4月27日(土)~4月29日(月・祝)
大阪府 梅田芸術劇場 メインホール

出演

スウィーニー・トッド:市村正親
ミセス・ラヴェット:大竹しのぶ

乞食女:マルシア
アンソニー:山崎大輝 糸川耀士郎(Wキャスト)
ジョアンナ:唯月ふうか 熊谷彩春(Wキャスト)
ターピン:安崎求 上原理生(Wキャスト)
ビードル:こがけん
トバイアス:武田真治 加藤諒(Wキャスト)

石井雅登 小原和彦 榎本成志 下村将太 高田正人 高柳圭 俵和也 茶谷健太 山野靖博
岩矢紗季 川合ひとみ 北川理恵 鈴木満梨奈 高橋桂 永石千尋 福間むつみ
安立悠佑

スタッフ

【作詞・作曲】スティーヴン・ソンドハイム
【脚本】ヒュー・ホイラー
【演出】宮本亞門

チケット

あらすじ

舞台は18世紀末のロンドン。フリート街で妻子と共に幸せに暮らしていた理髪師ベンジャミン・バーカーが、ある日、妻に横恋慕した悪徳判事ターピンによって無実の罪を着せられ流刑に処せられる。長い年月を耐え忍び、やっと脱出した彼は、若い水夫・アンソニーに助けられ、不吉予言を吐く乞食女もたむろする、ロンドンのフリート街にたどり着く。

かつての自分の店を訪ねた彼は、その階下でパイ屋を営む昔なじみのミセス・ラヴェットから、妻はターピン判事に陵辱された果てに狂死し、娘のジョアンナはそのターピンの養女となっているという事実を知らされる。怒りに燃える彼は、スウィーニー・トッドと名乗り、素性を隠して新たに理髪店を開いて虎視眈々とターピン判事や、部下のビードルに復讐する機会を狙う。

そしてラヴェットを慕う孤児のトバイアスを巻き込み、スウィーニーとラヴェットは、奇想天外で荒唐無稽な計画を実行する・・・!!

公式サイト

【公式サイト】https://horipro-stage.jp/stage/sweeneytodd2024/
【公式X(Twitter)】@horipro_stage







チケットぴあ
ミュージカル『スウィーニー・トッド』レポート! 市村正親×大竹しのぶが8年ぶりに復活、そして完成へ
最新情報をチェックしよう!
テキストのコピーはできません。