後藤大、笹森裕貴ら出演!特殊ミステリー歌劇『心霊探偵八雲』上演決定


2023年3月に東京・Mixalive TOKYO Theater Mixaで、『心霊探偵八雲INITIAL FILE 魂の素数』(講談社刊)を原作とした、特殊ミステリー歌劇「『心霊探偵八雲』-思考のバイアス-」が上演されることが分かった。歌やダンスを取り入れた「特殊ミステリー歌劇」として上演される本作に後藤大、笹森裕貴、永田聖一朗、立花裕大らが出演するという。

「心霊探偵八雲」はシリーズ累計700万部を超える神永学の大人気ミステリー小説。赤い左眼を持ち死者の魂を見ることのできる大学生、斉藤八雲がその特異な体質で心霊事件に次々と立と向かっていく姿を描いている。小説のみならず、コミカライズやテレビドラマ化、舞台化、アニメ化を遂げるなど、幅広いメディアミックスが行われている。

これまでに舞台版は『心霊探偵八雲 いつわりの樹』(2013年)、『心霊探偵八雲 祈りの柩』(2015年)、『心霊探偵八雲 裁きの塔』(2017年)と「心霊探偵八雲」シリーズの舞台を3作上演されてきたが、今回は内容を一新し、歌やダンスを取り入れた「特殊ミステリー歌劇」として上演するという。

「心霊探偵八雲」の主人公、赤い左眼で死者の魂を見ることができる斉藤八雲と、同じく神永学の代表作「確率捜査官 御子柴岳人」シリーズの主人公、イケメンだが毒舌で自由奔放な数学者で大学准教授の御子柴岳人という、“霊視×数学”の最強のバディが事件解決に挑む本作。

斉藤八雲役は「ミュージカル『黒執事』~寄宿学校の秘密~」などに出演している後藤大、 御子柴岳人役はミュージカル『刀剣乱舞』シリーズなどに出演している笹森裕貴が演じることに。さらに、舞台オリジナルキャラクターとなる御子柴准教授の助手・矢口役を永田聖一朗、原作では八雲に熊のような風貌をいじられている刑事・後藤和利役を立花裕大が務めることが決まっている。

原作小説をベースにしながらも、 舞台オリジナルの登場人物や要素、原作とは異なる設定を持つ登場人物を多数盛り込んでおり、舞台でしか見ることができない「心霊探偵八雲」になっているという。

あらすじ

大学生、斉藤八雲は根城にしている部室を守るための取引として学生課職員に憑依している幽霊の調査を行うことになった。
その過程で八雲は“特殊能力”を天才数学者であり准教授の御子柴岳人に気づかれてしまう。
そこから幽霊の“存在証明”あるいは“非存在証明”のための2人の推理合戦が幕を開ける。

“心霊探偵”八雲の誕生秘話と、“確率捜査官”御子柴との出会いが語られる、心霊探偵八雲シリーズの前日譚が開幕!

――――――さあ、勝負をしようじゃないか。

赤眼のナイト君。

スケジュール

2023年3月2日(木)~3月21日(火・祝)東京・MixaliveTOKYOTheaterMixa

チケット

【一般発売日】2023年2月12日(日)10:00
【チケット料金】
プレミアムシート:15,000円(全席指定/税込)
1階席:9,000円(全席指定/税込)
2階席:8,000円(全席指定/税込)※未就学児入場不可

スタッフ・キャスト

【原作】神永学「心霊探偵八雲INITIALFILE魂の素数」(講談社刊)
【脚本・演出】三浦香
【作詞】堤泰之、三浦香
【音楽】KYOHEI
【振付】IYO-P

【出演】
斉藤八雲役:後藤大
御子柴岳人役:笹森裕貴

矢口役:永田聖一朗
飯塚皇翔役:井阪郁巳
中谷役:健人
右手川役:吉澤翼
左近字役:長塚拓海
花菱役:江副貴紀
角田役:Rayshy
丸山役:轟大輝
水川役:齋藤かなこ
亜紀役:菊池和澄
飯塚万里役:阿部紗英

後藤和利役:立花裕大

御子柴岳彦役:佐野大樹(友情出演)

【公式サイト】 https://yakumostage.jp
【公式Twitter】@stage_yakumo
(C)神永学・講談社/歌劇「心霊探偵八雲」製作委員会

チケットぴあ
後藤大、笹森裕貴ら出演!特殊ミステリー歌劇『心霊探偵八雲』上演決定
最新情報をチェックしよう!
テキストのコピーはできません。