ライブ・スペクタクル『NARUTO-ナルト-』~忍の生きる道~稽古場レポート!集大成に向け繰り返される「検証」と「調整」


ライブ・スペクタクル『NARUTO-ナルト-』のシリーズ完結編となる「忍の生きる道」が、2023年10月8日(日)にKAAT神奈川芸術劇場にて開幕する。2015年の初演より8年の時を経てついに完結する舞台「NARUTO」の物語。その稽古場レポートが届いた。

前作「忍界大戦、開戦」から続く今作では、激しさを増す第四次忍界大戦の中で全ての真実が解き明かされ、ついに、うずまきナルトとうちはサスケが、終末の谷で激突する。

(※稽古レポートにはネタバレ要素が含まれます)

\[PR!]DMM TVでライブ・アーカイブ配信あり/

視聴ページはこちら

詳細>>https://tv.dmm.com/vod/?season=5799naruto00001

初日まで約1ヶ月となった9月初旬、稽古場には既に舞台セットが組み上がっている。この日は、うずまきナルト率いる忍連合軍のもとに歴代の火影とうちはサスケ・大蛇丸が駆け付け、うちはマダラ・うちはオビトと戦うシーンの稽古が行われるとあって、稽古場には多くのキャストが集まっていた。

原作は、言わずと知れた岸本斉史作の大ヒットコミック「NARUTO-ナルト-」。「週刊少年ジャンプ」(集英社)に1999年から2014年まで15年間にわたって長期連載され、世界的に愛され続けている作品だ。

この日本を代表する漫画を舞台化したライブ・スペクタクル「NARUTO-ナルト-」シリーズでは、単行本で全72巻にも及ぶ原作の物語を、初演(少年編)、「暁の調べ」、「うずまきナルト物語」、「忍界大戦、開戦」と分割して2015年から上演してきた。今作「忍の生きる道」はその最終章、これまでの争いの全てが決着する完結編である。

稽古場では、8年にわたるシリーズの最終章を最高傑作に創り上げようとする演出の児玉明子と、キャスト・スタッフのディスカッションが繰り返される。およそ3時間という上演時間の中で、原作の単行本で64~72巻にあたる物語の全てを描き切ることは不可能だ。舞台で上演するにあたってどの要素をピックアップし、どのように見せるか、稽古が始まってからも脚本には日々調整が加えられ、より良い表現の追求が続く。

シーンのミザンス(立ち位置や動き)付けに入る前にキャストが集まり、大きなモニターに映し出された映像を見つめる。ギミックが複雑であるため、装置の動きと各キャラクターの動きをシミュレーションした動画で確認しているのだ。特に今作では、瞬間移動を可能とする忍術の使い手が2人登場することもあり、舞台上での移動は複雑を極めている。映像だけに頼るのではなく演劇的手法を巧みに組み合わせる表現が、児玉の演出ならではの面白さだ。

“ライブ・スペクタクル”と冠される通り、舞台「NARUTO」では芝居やアクションのほかに、忍術を表現するための様々なギミックや、映像技術、ビジュアルポイ等の道具を用い、更には歌や踊りも盛り込んで原作の世界を再現している。

稽古の中には、それらの要素を舞台上で実現するため必要な“検証”という作業もある。決められた音楽の拍数の中で移動が可能か、高さのある舞台セット上での戦いに危険がないか、加えて、映像とキャストの動きを合わせるための、ミリ単位、秒単位での緻密な調整も必要となる。検証と調整を繰り返し、徐々にシーンが作り上げられていく。一つのシーンが完成するまでに、気が遠くなるほどの細かい確認が行われるのだ。

しかし稽古場の雰囲気は明るく、キャストたちは緊張感を持ちつつもリラックスした表情で臨んでいる。うずまきナルト役の中尾暢樹は2021年上演の「うずまきナルト物語」からの参加だが、2015年の初演からうちはサスケ役を演じる佐藤流司や、春野サクラ役の伊藤優衣、はたけカカシ役の君沢ユウキら、長く出演するキャストとも既に気心の知れた仲。

中尾と同じく「うずまきナルト物語」から加わった波風ミナト役の北園涼や、うちはオビト役の伊勢大貴も頼もしさを見せる。また、2019年の「暁の調べ」以来の出演となる大蛇丸役の悠未ひろの存在感や、昨年からうちはマダラ役として出演し強さを見せつける中村誠治郎、そして、完結編にして初出演となる“初代火影”千手柱間役の姜暢雄ら、ベテラン勢もしっかりとカンパニーを支えている。

キャストが“劇団NARUTO“と称するこのカンパニーでは、年齢や出演歴に関わらず、全員で助け合って作品を創り上げようという意識が強い。それはまるで、ナルトと仲間たちを結ぶ強い信頼関係のようだ。

信頼関係はキャスト間のみならず、演出の児玉明子をはじめとするスタッフ陣とキャストの間にも揺るぎないものがある。この日の稽古では殺陣のシーンもいくつか行われたが、現役のスーツアクターとしても活躍する清家利一が手を付けると、阿吽の呼吸といった様子で伝達されていく。

稽古はスムーズに進むことばかりではなく、変更・調整の繰り返しなのだが、キャスト・スタッフが作品をより良くするために互いに提案し、頭を寄せ合う様子を何度も目の当たりにして、改めて本作に懸けるカンパニーの想いを強く感じ、胸が熱くなった。

かつての仲間、師弟、親子が再び出会い、長く続いた争いに決着を付け、絆を取り戻していく今作の物語。「NARUTO」の面白さは、「忍者の少年が戦いながら夢に向かって成長していく物語」ということに留まらず、今この時代に生きる我々にも通ずる、人と人との繋がりを深く描いた部分にあると思う。

今作のタイトル「忍の生きる道」は、これまでの公演でも物語のラストに歌われてきた楽曲の曲名だ。

「忍び耐える者に一番大切なもの、それは才能じゃない、大切なのは諦めないこと」

仲間を信じ、お互いに想いを託してきたライブ・スペクタクル「NARUTO-ナルト-」の集大成であるこの完結編が、どのように舞台上に描き出されるのか。全ての要素が完全に組み合わさり、映像や照明、様々な舞台効果が加わった時、劇場という空間に放たれる計り知れないエネルギーを想像すると身震いがするほどだ。

開幕まであと数週間、最後の最後まで更なる進化を目指す“劇団NARUTO”の「忍道」がどんな景色へと繋がっていくのか、しっかりと見届けたい。

ライブ・スペクタクル『NARUTO-ナルト-』~忍の生きる道~は、10月8日(日)から10月11日(水)まで神奈川・KAAT 神奈川芸術劇場〈ホール〉、10月18日(水)から10月22日(日)まで兵庫・AiiA 2.5 Theater Kobe、10月28日(土)から11月5日(日)まで東京・TOKYO DOME CITY HALLにて上演される。

なお、DMM TVでは10月8日(日)12:00公演(神奈川初日)と、11月5日(日)17:00公演(東京千秋楽)のライブ配信も決定。見逃し配信付。

また、舞台公式サイトでは中尾暢樹&佐藤流司、伊藤優衣&君沢ユウキ、松岡広大&児玉明子のインタビュー記事が公開中。ぜひチェックを。

 

\[PR!]DMM TVでライブ・アーカイブ配信あり/

視聴ページはこちら

詳細>>https://tv.dmm.com/vod/?season=5799naruto00001

ライブ・スペクタクル『NARUTO-ナルト-』~忍の生きる道~

上演スケジュール

【神奈川公演】2023年10月8日(日)~10月11日(水) KAAT 神奈川芸術劇場〈ホール〉
【兵庫公演】2023年10月18日(水)~10月22日(日) AiiA 2.5 Theater Kobe
【東京公演】2023年10月28日(土)~11月5日(日) TOKYO DOME CITY HALL

スタッフ・キャスト

【原作】「NARUTO-ナルト-」岸本斉史(集英社 ジャンプ コミックス刊)
【脚本・演出】児玉明子
【音楽】和田俊輔 はるきねる

【キャスト】
うずまきナルト:中尾暢樹
うちはサスケ:佐藤流司
春野サクラ:伊藤優衣
はたけカカシ:君沢ユウキ
綱手:大湖せしる
日向ヒナタ:星波
奈良シカマル:池岡亮介
山中いの:小嶋紗里
千手扉間:河合龍之介
猿飛ヒルゼン:塚田知紀
我愛羅:納谷健
エー:北村圭吾
キラービー:小柳心
鬼灯水月:前田隆太朗
香燐:七木奏音
うちはオビト:伊勢大貴

寒川祥吾 細川晃弘 大野涼太 吉田邑樹
松本城太郎 肥田野好美 倉知あゆか 廣瀬水美

波風ミナト:北園涼
大蛇丸:悠未ひろ
うちはマダラ:中村誠治郎
千手柱間:姜暢雄

公式サイト

【公式サイト】naruto-stage.jp
【公式 Twitter】@naruto_stage

(C) 岸本斉史 スコット/集英社 (C) ライブ・スペクタクル「NARUTO-ナルト-」製作委員会 2023







チケットぴあ
ライブ・スペクタクル『NARUTO-ナルト-』~忍の生きる道~稽古場レポート!集大成に向け繰り返される「検証」と「調整」
最新情報をチェックしよう!
テキストのコピーはできません。