中島裕翔主演舞台『ひげよ、さらば』メインビジュアル公開!苦難と喜びに満ちた物語に期待


2023年9月から10月にかけて東京・大阪で上演される中島裕翔主演のPARCO劇場開場50周年記念シリーズ『ひげよ、さらば』のメインビジュアルが公開された。本作には中島の他、柄本時生、音月桂、忍成修吾、石田佳央、一ノ瀬ワタル、屋比久知奈、中村梅雀らが出演する。

本作の原作は、上野瞭の「ひげよ、さらば」(初版1982年理論社より出版)。1983年に第23回日本児童文学者協会賞を受賞、1984年から1985年にかけてNHKで人形劇が放送された人気作だ。記憶をなくした猫「ヨゴロウザ」がとある峠で野良の隻眼の猫「片目」と出会うところから物語が始まり、愛と裏切りの物語を、猫たちを擬人化して描き出していく。

脚本・演出を手掛けるのは、物語の名手とも言われる蓬莱竜太。近年は映像作品において監督を務めるなど表現の幅を広げ、物語の名手とも言われる蓬莱が描きだす本作を音楽で彩るのは、映画・ドラマ・舞台・CMなどの作曲・音楽監督を務め、その作品は国内外において数々の賞を受賞している稲本響。現在放映中のNHK大河ドラマ『どうする家康』でも音楽を担当する稲本が、ドラマティックな物語にさらに華を添える。

本作の主人公、記憶のない猫「ヨゴロウザ」は2年ぶりの舞台出演となる中島裕翔が務め、峠に住む隻眼のアウトローで、孤立しつつも皆から一目置かれている「片目」は柄本時生、臆病な性格で、その場その場で誰の下について生きればいいのかを判断する「学者猫」は音月桂が演じる。

さらに、猫特有の奔放さを体現する「オトシダネ」を忍成修吾、冷静沈着、頭が切れて非道な犬「ナキワスレ」を石田佳央、縄張り意識の強い猫「黒ひげ」を一ノ瀬ワタル、人間の世界に憧れている猫「星からきた猫」を屋比久知奈、そしてマタタビのやりすぎでいつも   酔っ払っているような老猫「くずれ猫」を中村梅雀が演じるなど、個性豊かな面々がリアルな人間ドラマを作り上げていく。

そしてこの度、野良犬たちとの闘争、他者との関わり、集団の中の個、個の中の集団、リーダーの苦悩、共依存と愛憎、生きること死ぬこと・・・人間社会に混在する様々な問題を表現するダークな雰囲気でありながら、それらを乗り越えた先に見えるかすかな希望も感じさせるメインビジュアルが公開された。彼らの苦難と喜びに満ちた物語に期待が高まる。

あらすじ

峠に住む野良猫たち、しかしその峠は野良犬たちに狙われていた。
統率力を持って動く犬たちに、勝手気ままに暮らす猫たちが住む峠が支配されるのは時間の問題であった。
そして、猫の「片目」は一匹だけそんな状況に危機感を持っていた。

ある時、峠に記憶を無くした猫が辿り着く。
名前は「ヨゴロウザ」。
自分の名前しか覚えていない。
名前からして飼い猫であったことは推察されるがそれ以外のことは何も覚えていなかった。
「片目」は「ヨゴロウザ」と出会い、野良犬たちと対抗する組織を作るために
「ヨゴロウザ」を峠のリーダーに担ぎ上げようとする。

「片目」は「ヨゴロウザ」のことが気に入り、「ヨゴロウザ」は「片目」を慕った。
「片目」は「ヨゴロウザ」に峠での生き方、戦い方など色々なことを教えていく。
そして、リーダーに求められること、それぞれの猫たちの性格、犬の怖さなど・・・
頑なな心を持った峠の猫たちも、リーダーシップを発揮していく「ヨゴロウザ」に対して徐々に心を開いていく。

ヨゴロウザと片目が様々な試練を経て、たどり着く道とは・・・

PARCO劇場開場50周年記念シリーズ『ひげよ、さらば』公演情報

スケジュール

【東京公演】 2023年9月9日(土)~9月30日(土) PARCO劇場
【大阪公演】 2023年10月4日(水)~10月9日(月・祝) COOL JAPAN PARK OSAKA WWホール

スタッフ・キャスト

【原作】上野瞭 「ひげよ、さらば」(初版1982年理論社より出版)
【脚本・演出】蓬莱竜太
【音楽】稲本響

【出演】
中島裕翔、柄本時生、音月桂、忍成修吾、石田佳央、一ノ瀬ワタル、屋比久知奈
江原パジャマ、小口隼也、田原靖子、月那春陽、益田恭平、松田佳央理
中村梅雀

【公式サイト】 https://stage.parco.jp/program/higeyosaraba/

チケットぴあ
中島裕翔主演舞台『ひげよ、さらば』メインビジュアル公開!苦難と喜びに満ちた物語に期待
最新情報をチェックしよう!
テキストのコピーはできません。