韓国で社会現象を起こした「ミセン」が初ミュージカル化!主演は前田公輝


韓国のウェブコミックで累計300万部の大ヒット、ドラマはその年の韓国ドラマ賞を総なめにし「ミセンシンドローム」と呼ばれるほどの社会現象を起こした「未生(ミセン)」を、ホリプロと韓国のクリエイター陣がタッグを組み、オリジナルミュージカル化することを発表した。ミュージカル化(舞台化)されるのはこれが初。ホリプロが韓国のクリエイター陣とオリジナルミュージカルを創作するのも初となる。

韓国で社会現象を起こした『ミセン』

日本では、2016年よりピッコマにて連載され、同年、フジテレビ系にてリメイクドラマ『HOPE~期待ゼロの新入社員~』として放送された「未生(ミセン)」。第20回文化庁メディア芸術祭では、マンガ部門優秀賞を受賞するなど、日本でも高い評価を得た。ミュージカル化を手掛けるクリエイター陣には、脚本・歌詞にオ・ルピナ/キム・ソラ(共同脚本・歌詞)、音楽にチェ・ジョンユンが名を連ねた。

囲碁のプロ棋士になる夢が絶たれ商社のインターンとして働くことになる主人公のチャン・グレ役を演じるのは、NHK連続テレビ小説『ちむどんどん』や、現在フジテレビ系にて放送中の連続ドラマ『366日』に出演中の前田公輝。グレが所属することになる営業3課のオ・サンシク課長に橋本じゅん、グレの母親とワーキングマザーでありオ課長の同期ソン・ジヨンの一人二役に安蘭けい、グレの同期インターン社員に清水くるみ(アン・ヨンイ役)、内海啓貴(ハン・ソンニュル役)、糸川耀士郎(チャン・ベッキ役)。さらに、石川禅、中井智彦、あべこうじ、東山光明などが名を連ねた。

タイトルの「ミセン」とは囲碁用語。「死に石」に見えてもまだ完全な「死に石」ではなく、どちらにも転ぶ石のことを言う。人生は自分の選択次第であらゆる道に進むことができる。「自分らしく生きること」とは何か。現代社会を生き抜く全ての人への人間賛歌となるよう、人生における一筋の光や活力を与えられる作品を生むべく、新たな取り組みが始まる。

上演は、2025年1月に大阪、2月に愛知・東京、そのほかの地域を巡演予定。

新作ミュージカル『ミセン』公演情報

上演スケジュール

2025年1月 大阪
2025年2月 愛知、東京、ほか

スタッフ

【原作著者】ユン・テホ
【著作権者】SUPERCOMIX STUDIO

【脚本・歌詞】オ・ルピナ/キム・ソラ
【音楽】チェ・ジョンユン

【翻訳・訳詞】高橋亜子
【演出】オ・ルピナ
【振付・ステージング】KAORIalive

【出演】
前田公輝
橋本じゅん
清水くるみ
内海啓貴
糸川耀士郎
中井智彦
あべこうじ
東山光明
石川禅

安蘭けい

伊藤かの子
岡田治己
加賀谷真聡
加藤さや香
工藤彩
熊澤沙穂
田村雄一
俵和也
照井裕隆
永松樹
早川一矢
MAOTO
(50音順)

キャスト・スタッフコメント

原作著者:ユン·テホ

「未生」を作りながらいつも夢を見てきました。自分の台詞に音と踊りが共にありますように。音と踊りがいっぱいある舞台上の「未生」を期待します。

著作権者:SUPERCOMIX STUDIO

韓国で大きな愛を受けた作品「未生」を日本でミュージカルとしてお見せできてとても嬉しいです。ご観覧してくださる皆さんへ‘申し分ない’素敵な公演として記憶されることを心から願います。

チャン・グレ役:前田公輝

韓国で“サラリーマンのバイブル”と称されるほどの漫画「ミセン」。
ドラマでもさらなる社会現象を起こし、日本でもリメイクされたこの作品の主人公を、演じられることを嬉しく思います。
この作品は、世の中で生きていくための人生のヒントや、一生懸命に向きあうための、励ましが詰め込まれている作品だと思います。
初めてミュージカルの主演を務めさせていただきますが、しっかりと作品に向き合って、役とともに僕自身も成長していきたいと思います。劇場でお待ちしています。

脚本・歌詞・演出:オ・ルピナ

こんにちは。オ・ルピナです。
新しいミュージカル『ミセン』で日本の観客の皆様にお会いできて光栄であり、ときめいています。穏やかだが暖かい、淡泊だが生動感溢れる感動的な人の物語、私たちの物語をお伝えしたいです。
2025 年の始まりを私たち[ミセン]と幸せに始められるように一生懸命に準備し、観客の皆さんに会える日をお待ちしています。ありがとうございます。

脚本・歌詞:キム・ソラ

オリジナルミュージカル「ミセン」の日本公演にご一緒できて感謝の気持ちです。 日本の制作スタッフの皆様とコミュニケーションをとりながら一緒に作品を作っていくすべての過程をとても楽しみにしていました。 今回の作業は私にとっても「未生(ミセン)」から「完生」へと進む過程です。 この作品を通じて私のような他の未生(ミセン)たちが暖かい慰めをもらって欲しいです。

音楽:チェ・ジョンユン

漫画「ミセン」が日本の舞台でミュージカルとして新たな命を得る過程に作曲家として参加できることをとても嬉しく思います
この作品の奥深さを音楽で解きほぐすという挑戦も楽しいです。
日本の観客の皆様に私たちの物語を伝え、心に響くような感動をお届けできることを願っています。心から感謝しております。

新作ミュージカル『ミセン』公式サイト

【公式サイト】https://horipro-stage.jp/stage/misaeng2025/
【公式X(Twitter)】@misaengmusical
【公式Instagram】https://www.instagram.com/misaengmusical/

(C) Yoon, Tae Ho / SUPERCOMIX STUDIO Corp.

[PR]






チケットぴあ
韓国で社会現象を起こした「ミセン」が初ミュージカル化!主演は前田公輝
最新情報をチェックしよう!
テキストのコピーはできません。