岩本照、深澤辰哉、宮舘涼太SnowMan 3人が生み出した『祭 GALA(ガラ)』新エンタメ舞台が開幕


祭 GALA(ガラ)』が東京・新橋演舞場にて2024年4月1日(月)に開幕する。初日前日には会見とゲネプロが行われ、主演・演出を務めるSnowMan岩本照深澤辰哉宮舘涼太が登壇した。

『祭 GALA(ガラ)』とは?

『祭 GALA(ガラ)』は、SnowManの岩本照、深澤辰哉、宮舘涼太が主演・演出を務める全く新しい和と洋が融合したエンターテイメント。新橋演舞場で『滝沢歌舞伎』シリーズや『少年たち』など数々の出演を重ねてきた3人が一から新たなエンターテインメントを創り出す。

日本語の「祭」と外国語で祭を意味する「GALA」、同じ意味を持つ2つの言葉が重なり合うようなタイトルロゴには、メンバー3人の文字(ヒ・タ・リ)が刻み込まれている。グループでの活動以外にもドラマやバラエティなど様々なジャンルで活躍し続けている3人が共に手を携え、大きな一つの力になり、祝祭感がみなぎる華やかでエネルギッシュな舞台を届ける。

取材会レポート:岩本照「新しいことに挑んでいくってこういうことなんだよな!」

初日への意気込みをリーダーの岩本から「キャストの皆様と、たくさんの方に支えられてようやく初日を迎えられそうだなっていう思いでいっぱいです。新しいことに挑戦するって、 ワクワクする気持ちと“新しいことに挑んでいくってこういうことなんだよな!”って感じています。誰1人欠けてはならないチームとしての1ヶ月が始まると思うとすごい楽しいです!」と声を弾ませた。

岩本照、深澤辰哉、宮舘涼太SnowMan 3人が生み出した『祭 GALA(ガラ)』新エンタメ舞台が開幕

ゲネプロを終えて自信満々!と、おちゃらけていた深澤は笑顔で「大体いつも緊張するんですよ(笑)。でも今回はプレッシャーとか心配をするよりも、楽しみだなとかワクワクするなっていう気持ちの方が強くてですね!見てくださる皆さんがいて、ようやく完成なんだなって思うと本当に早く明日になって欲しいなっていう気持ちでいっぱいでございます!」と意気込んだ。

また、誕生日を迎えたばかりの宮舘は「31歳になって初めてのステージ上でのパフォーマンスです。新たな宮舘涼太を見せていきたいです。演舞場に関しましては、スタッフの皆さんが“おかえり”と言ってくださったので、“ただいま”と返させていただきましたね」とロイヤルな雰囲気を醸し出す。

3人とも慣れ親しんだ新橋演舞場という劇場。1年ぶりの帰還となる思いを岩本が語る。「毎年4月 にここ(新橋演舞場)に来させてもらえるっていうのは本当にありがたいなって思います。今年はタイミング的にも桜の開花と同じぐらいになれた。そこもなんか自分としては春が来るなって感じています」と話す姿には、17年続いた『滝沢歌舞伎』シリーズから後を託された思いが伝わってきた。

岩本照、深澤辰哉、宮舘涼太SnowMan 3人が生み出した『祭 GALA(ガラ)』新エンタメ舞台が開幕

衣装を担当した宮舘はオープニング衣裳を手掛けるコシノジュンコと何度も話し合いを重ねたそうで「1人1人の型から作っていただいきました。最初の登場の袴だったり、掛けだったり。とても感謝です」と感謝を述べ、纏っていた衣装の後ろの文字を見せるために3人とも背中を見せるシーンも。

稽古中に誕生日を迎えた宮舘のお祝いをサプライズで行ったそうで、飾りつけの華やかさと指揮をとってくれた岩本と深澤に喜びを伝える宮舘。深澤がその時の様子を「舘さんの入り時間よりも早く入って、キャストの皆とかと一緒に飾りつけをしたんですよ。でも(宮舘の)入り時間を間違えて(笑)。でも1時間で作ったにしてはクオリティの高いものは作れたかなって!」と誇らしげに話すと、少し不服そうな岩本。

「時間が短いってことで揉めました(笑)。あと風船の位置とか」とクレームすると、深澤が「岩本さん振り付けとかやっているから位置が厳しかった(笑)」と笑いを取り、コメンテーターとして活躍する深澤の合いの手が冴えわたっていた。

劇中で見事なフライングを披露した宮舘はかなり汗をかいていて、その過酷さを聞かれると「ダテジルが出てましたね!舘(ダテ)は漢字で汁(ジル)も漢字でお願いします!」と弾ける笑顔で見せ場を和ませた。

深澤は「見てる分には綺麗だし上品なフライングだと感じました。でもやってる側からするとかなりのパワーを使うと思うんで…よかったな俺じゃなくてって(笑)」と言い、目を岩本に向けると・・・ニヤッと笑いながら岩本が「前腕鍛えられそうでいいなーって」とフライングへの感想を答える。すかさず深澤が「すげぇ!やりたい奴いたー!」とツッコミを入れ会場を沸かせる場面も。

製作発表で岩本自身が言っていた「身体を酷使する」見せ場について聞かれると、「皆さん大変なんだろうなーって思っていますが、僕はぜんぜんノーダメージですね。腕もなにも効いてないです(笑)」とさすがの筋肉トークを繰り広げた。

岩本照、深澤辰哉、宮舘涼太SnowMan 3人が生み出した『祭 GALA(ガラ)』新エンタメ舞台が開幕

最後にファンに向けて、岩本は「とにかく楽しんで欲しいです。楽しかったり、笑顔になっていただくっていうのがコンセプトのテーマにある作品なので。周りの人とか気にせずに手拍子とかしてもらって。いずれ国内外問わず、見に来てくださる方全員を楽しませられるエンターテイメントとして育てて行きたいと僕は思っています!」と熱を込める。

深澤は「笑顔や楽しい空間を皆さんと共有したいなって思っています。エンターテイメントを届ける上でやっぱなんかまず自分たちが楽しく!というのがモットーにあります。それを皆さんに見てもらって、一緒に楽しんでもらえたらいいなと思うので。いずれは日本の地方、そして海外にも行けたらいいなって思っています!」と意気込んだ。

最後は、宮舘が「1歩踏み出すということはやはり大変なことでありまして、数多くのスタッフの方とお客さんとともに一緒に心を踊る作品を作っていけたらなと思います」とファンへ向けたメッセージで会見を締めくくった。

 

ゲネプロレポート:祝祭感みなぎる新感覚エンターテイメントが誕生

タイトルの通り、祭に来たかのように観客は大きな鳥居をくぐるようにして幕を開けると、祭囃子を彷彿とさせる賑やかな音楽と共に歌舞伎の獅子を模したような艶やかな装いで3人が登場。

岩本照、深澤辰哉、宮舘涼太SnowMan 3人が生み出した『祭 GALA(ガラ)』新エンタメ舞台が開幕

和の雰囲気からどんどんと音楽はヒートアップ。激しいベース音が響き渡ると、和装から白黒のタキシードルックの洋装へと変化しメロウなダンスナンバーに移っていった。

圧巻のオープニング衣装を手掛けるのは、世界的ファッションデザイナーのコシノジュンコ。背中にはタイトルロゴでも使われている3人それぞれの名前の一文字が直筆で刻まれており、舞台に花を添える。

岩本照、深澤辰哉、宮舘涼太SnowMan 3人が生み出した『祭 GALA(ガラ)』新エンタメ舞台が開幕

新感覚エンターテイメントと謳うとおり、歌あり、ダンスありと盛りだくさんだ。また、昨年のSnowManのドーム公演でも披露した3人のユニット曲「Vroom,Vroom,Vroom」もMVとは全く違う演出でファンを楽しませてくれる。

出演者総出の殺陣や、歌舞伎・変面など彼らが長年携わってきた『滝沢歌舞伎』シリーズを彷彿とする要素も多く、3人が培い、大切にしてきた気持ちごと作品に踏襲されているのを感じた。

和と洋が融合する新作品、世界を見据えて今、新橋演舞場に新たな春がやってくる。

『祭 GALA』は2024年4月1日(月) ~ 4月29日(月・祝) 東京・新橋演舞場にて上演。上演時間は約100分(休憩なし)を予定。

(取材・文・撮影/カヤシマヒデミ)

『祭 GALA(ガラ)』公演情報

上演スケジュール

2024年4月1日(月)~4月29日(月・祝) 東京・新橋演舞場

スタッフ・キャスト

【演出】岩本照 深澤辰哉 宮舘涼太

【出演】
岩本照
深澤辰哉
宮舘涼太

林蓮音
和田優希
中村浩大

寺澤小十侑
松浦銀志
羽村仁成
阿達慶
竹村実悟
渡邉心
堀口由翔

公式サイト

【公式サイト】https://www.shochiku.co.jp/play/schedules/detail/202404_enbujo/

[PR]






チケットぴあ
岩本照、深澤辰哉、宮舘涼太SnowMan 3人が生み出した『祭 GALA(ガラ)』新エンタメ舞台が開幕
最新情報をチェックしよう!
テキストのコピーはできません。