末満健一×望海風斗『イザボー』は日本発のミュージカルを生むMOJO プロジェクトの第1弾として上演


2024年1月から2月に上演される新作オリジナルミュージカル『イザボー』より、主演・望海風斗による扮装ソロビジュアルが公開された。

本企画は、ワタナベエンターテインメントと劇作家・末満健一がタッグを組み、日本のクリエイターたちの才能を集め、世界レベルの作品を創造・発信していく新規プロジェクト「MOJO プロジェクト -Musicals of Japan Origin project-」の第1弾として上演される。

末満といえば、自身のライフワーク的作品の「TRUMPシリーズ」を約15年に渡り生み出し続け、これまでに延べ14 万人以上の観客を動員。演劇に限らず、音楽コンサートやコミカライズ、書籍化などメディアミックス展開で世界を広げ、2024年にはTVアニメ化もされるほどの人気シリーズとなっている。

その構成力の高さは 2.5 次元舞台でも支持され、特に「刀剣乱舞」では、舞台版の物語発案から手掛け、360度回転劇場IHIステージアラウンド東京での半年に及ぶ公演は、機構を活かしたダイナミックな演出手腕で高い評価を得た。さらに、オリジナルの二人芝居『Equal』は、韓国でミュージカル化され、2022年にはその韓国版が日本で上演されるなど、国内外で注目されている。

そんな末満がかねてより実現したいと願っていた題材が「イザボー・ド・バヴィエール」の半生。フランス百年戦争の時代、陰謀渦巻くフランス王朝で欲望のままに生き、国を破滅へと導いた最悪の王妃イザボー・ド・バヴィエール役に元雪組男役トップスターの望海風斗を迎え、日本発のオリジナルミュージカルを制作する。

望海は、2021年に宝塚歌劇団を退団後、わずか2年の間に読売演劇大賞優秀女優賞、菊田一夫演劇賞を次々に受賞。ミュージカル界で飛ぶ鳥を落とす勢いの望海が、理不尽な運命に抗い、幸せになることを最後まで諦めなかった強かな彼女の心情を、和田俊輔が綴るロックで攻撃的な音楽に乗せてどのように表現するのか、期待が高まる。

そして、イザボーとシャルル6世の息子で、物語の語り手も担うシャルル7世役には、2022 年の『next to normal』で望海と親子役を演じ、2023年7月から8月にかけて上演された『ムーラン・ルージュ!ザ・ミュージカル』では恋人役で共演している甲斐翔真。

末満健一×望海風斗『イザボー』は日本発のミュージカルを生むMOJO プロジェクトの第1弾として上演

さらに、イザボーと政略結婚し狂気王と呼ばれるシャルル6世役には上原理生、フィリップの息子で自身も王位を狙うブルゴーニュ公ジャン役には中河内雅貴、シャルル六世の弟でイザボーとただならぬ関係を持つオルレアン公ルイ役には上川一哉、シャルル7世の義母で同じく物語の語り手として登場するヨランド・ダラゴン役には那須凜、シャルル6世の叔父でイザボーを国政から遠ざけようとするブルゴーニュ公フィリップ役には石井一孝と、実力派の俳優陣が勢揃い。

望海は、末満が本作を「“元気になる悲劇”にしたい!」と語っていたとコメントしている。「世界に通用する日本発のミュージカルをクリエイトする」というテーマで立ち上げる《Musicals of Japan Origin》プロジェクトの動向に、今後も注目だ。。

MOJO プロジェクト ミュージカル『イザボー』2024年1月15日(月)から1月30日(火)まで東京・東京建物 Brillia HALL(豊島区立芸術文化劇場)、2月8日(木)から2月11日(日)まで大阪・オリックス劇場にて上演される。

チケットは、11月25日(土)10:00より一般発売開始。

コメント紹介

プロデューサー:渡辺ミキ

日本発のオリジナルミュージカル制作は、私自身生涯のテーマでした。
12年前、劇作家・演出家の末満健一さんと出会い、18本のオリジナル舞台を作りました。
中でも 2018年『マリーゴールド』、2022年『ヴェラキッカ』、2024年『LILIUM -リリウム新約少女純潔歌劇』のミュージカル作りを経て、この度、名優・望海風斗の参加を得、満を持して《Musicals of Japan Origin》プロジェクト第1弾『イザボー』を発表致します。
世界水準の名優の皆様、作曲の和田俊輔さんはもとより、トニー賞受賞の美術家・松井るみさんからも海外の舞台作りを学びつつ、原作のない日本産ミュージカルを丁寧に作ります。
世界の観客を笑顔に導く挑戦に、皆様の応援をどうぞよろしくお願い致します。

作・演出:末満健一

10年ほど前の話。ジャンヌ・ダルクを題材とした作品を執筆するための資料に目を通していた際に彼女の存在を知りました。
恥ずかしながら僕はその時まで、彼女のことをなにひとつ知りませんでした。過去にジャンヌ・ダルクが主人公の作品をいくつか見たことはありましたが、その時代背景にいた彼女にまで思いを至らせることができなかったのです。
イザボー・ド・バヴィエール。
フランス王シャルル6世妃。ジャンヌ・ダルクが天啓を受けて支援することとなるシャルル 7 世の実母。ジャンヌ・ダルクが歴史に登場する以前に、フランスを破綻寸前にまで陥れたとされる人物。ジャンヌが登場せざるを得なかったバックボーンを作り上げた要因のひとつが彼女です。
フランスという大国が彼女ひとりの存在によって傾いたわけではありませんが、要因のひとつであったことは歴史が示しています。ですが、僕の目に映った彼女の人生の足取りは「悪女」という一言では表し切れない、鮮烈な色彩を放っていました。
いつか彼女を主題とした作品を作ってみたい・・・ふとそのような思いがよぎってから、こうして実現するまでに 10 年という月日が経ちました。
本作は、ワタナベエンターテインメントと僕こと末満健一が「世界に通用する日本発のミュージカルをクリエイトする」というテーマで立ち上げる《Musicals of Japan Origin》プロジェクトの第一弾作品となります。通称 MOJO(モジョ)。タイトルロールである望海風斗さんを始めとする素晴らしいキャスト陣と、日本トップクラスのスタッフ陣と共に、この作品の創造に挑みます。かつて遠い彼方に存在した彼女に思いを馳せながら、誠心誠意務めさせていただきます。新作オリジナルミュージカル『イザボー』、どうかご期待ください。

主演:望海風斗

いよいよ『イザボー』が始動します。
私にとって宝塚歌劇団卒業後、初めてのオリジナルミュージカルです。まだ誰も完成を知りません。そんな素敵な冒険を末満健一さんと共に、
そして素晴らしいクリエイター、スタッフ、キャストの皆さんと共に出来ることを心から嬉しく思っています。
「元気になる悲劇」にしたい!と末満さんが仰ってました。
最悪の王妃イザボー彼女がどう生きたのか、どんなミュージカルになるのか、楽しみに待っていてください!
劇場でお待ちしてます。

MOJO プロジェクト -Musicals of Japan Origins project-
ミュージカル『イザボー』公演情報

上演スケジュール

【東京公演】2024年1月15日(月)〜1月30日(火) 東京建物 Brillia HALL(豊島区立芸術文化劇場)
【大阪公演】2024年2月8日(木)~2月11日(日) オリックス劇場

チケット

【一般発売】2023年11月25日(土)10:00〜

【チケット料金(全席指定・税込)】
S席:12,500円
A席:9,000円
※未就学児入場不可

チケットぴあ https://w.pia.jp/t/isabeau/

スタッフ・キャスト

【作・演出】末満健一
【音楽】和田俊輔

【出演】
望海風斗/甲斐翔真/上原理生 中河内雅貴 上川一哉/那須凜/石井一孝
大森未来衣 伯鞘麗名 石井咲 加賀谷真聡 川崎愛香里 齋藤千夏 佐々木誠
高木裕和 堂雪絵 中島紗希 宮河愛一郎 安井聡 ユーリック武蔵

<スウィング>
井上望 齋藤信吾 高倉理子

あらすじ

百年戦争の時代。
バイエルン大公の娘として生まれた少女は、やがて隣国フランスの王妃イザボー・ド・バヴィエール(望海風斗)となる。夫であるシャルル6世(上原理生)はイザボーをこよなく愛したが、ある出来事を境に狂気に陥ってしまう。

破綻した王政につけ入り、権力を掌握しようとするのはシャルル6世の叔父ブルゴーニュ公フィリップ(石井一孝)とその息子ジャン(中河内雅貴)。彼らと対立するシャルル6世の弟オルレアン公ルイ(上川一哉)は、イザボーと不貞の関係となり、彼女が権力を獲得するために助力していく。混沌の時代の中で、イザボーは愛と衝動のままに生き抜こうとする。

のちにフランス・ヴァロア朝の第5代国王となるシャルル7世(甲斐翔真)は、義母ヨランド・ダラゴン(那須凜)と共に、実の母であるイザボーの生き様を辿っていくこととなる。フランスの歴史上でもっとも嫌われた最悪の王妃の生きた道を──。

公式サイト

【公式サイト】https://isabeau.westage.jp/

チケットぴあ
末満健一×望海風斗『イザボー』は日本発のミュージカルを生むMOJO プロジェクトの第1弾として上演
最新情報をチェックしよう!
テキストのコピーはできません。