古田新太のフランク・フルター、ラストラン!『ロッキー・ホラー・ショー』東京公演スタート


2022年2月12日(土)より東京・PARCO劇場にて、ロックミュージカル『ロッキー・ホラー・ショー』の東京公演がスタートした。演出は河原雅彦演出、主演は古田新太。古田が本作の中心人物フランク・フルターを演じるのは約5年ぶりとなり、3度目かつ卒業公演となっている。

未だカルト的⼈気を誇りファンを熱狂させるロックミュージカルの⾦字塔『ロッキー・ホラー・ショー』(RHS)は、1973年の舞台初演から間もなく50年を迎える。2017年上演版では2011年版から6年ぶりに古⽥のフランク・フルターが復活。演出はいのうえひでのりから河原がバトンを受け取った。

「河原版RHS」は、振付をMIKEY(from 東京ゲゲゲイ)が手掛け、演奏には⽇本版RHSの伝説“ROLLY”を中⼼に武⽥真治が参加するなど、新たな要素を盛り込んだライブ感溢れる演出で熱狂を呼んだ。この度、大阪、広島、北九州公演を経て、ついにラスト東京公演がスタートした。

5年ぶりのパーティーには、小池徹平、ISSA、ROLLY、武田真治、さらに岡本健一と、これまでのRHSを支えた面々が集結した。加えて昆夏美、フランク莉奈、峯岸みなみとフレッシュな女優陣が初参加。清濁入り交じるユニークな顔ぶれで、“フランク・古⽥ー”のラストランを盛り上げる。

1973年から上演されてきたこの作品は観客参加型として有名だ。マスクをして、声出せないコロナ禍の今だが、ペンライトはもちろん、歓声やブーイング、光線銃などの音をボタン一つで鳴らせるボイスストラップなど、参加グッズも工夫されていて、みんなが、思いっきり楽しみながらも“感染症対策に余念がない”。

ピカピカ光るビスチェ姿で登場したフランク・フルター役の古田新太の圧倒的な存在感にワクワク止まらず。エロくてキュートな小池(ブラッド)と昆(ジャネット)のバカップルぶりをはじめ、ISSA、峯岸、フランク莉奈の振り切った変態ぶり。そして、出演者の歌のうまさがあるからこそ、『RHS』のバカバカしい世界がきらめくのだ。

とにかく生バンドの音楽がカッコよく、ライブ感がハンパなく盛り上がる。エディ役の岡本のロックなシャウト、ROLLYのギターと武田のサックスのセッション、東京ゲゲゲイのMIKEYの振り付けの手の動きが特徴的なダンス、全員が入り乱れるフォーメーションダンス・・・ステージを見ていると自然に体が動き、笑顔になってしまう。心の中でなら、思いっきり騒いでいい、自由に楽しめるんだということを、劇場にいたみんなが感じたに違いない。

「楽しんでるかー!」古田新太の声にみんながうなずき、ラストはステージも客席も一体になって名曲『タイムワープ』を踊りまくる。その光景は変態パーティーそのもの!そんなキッチュなパーティーに巻き込まれ、とにかく元気がでる時間をもらった。この大騒ぎのパーティーがずっと続いてほしいと思う。

ミュージカル『ロッキー・ホラー・ショー』東京公演は、2月28日(月)まで東京・PARCO劇場にて上演。上演時間は、約2時間10分(休憩20分含)を予定。

(文/オフィシャル提供、撮影/細野晋司)

あらすじ

友人の結婚式の勢いに乗せられ、自分たちも婚約してしまったブラッド(小池徹平)とジャネット(昆夏美)。
ふたりは恩師に報告しようと、嵐の夜、車を走らせていた。
しかしタイヤがパンク。助けを求めた彼らは、人里離れた荒野に建つ古い城にたどり着く。

困り果てた二人の前に現れたのは、不気味な執事リフラフ(ISSA)と使用人のマジェンタ(フランク莉奈)やコロンビア(峯岸みなみ)たち。
その異様な雰囲気に呑まれて戸惑う二人をそっちのけに、城の中ではノリノリのパーティーが始まる。
さらに、黒いガーター&ストッキング姿も妖艶な城の主・フランク “N”・フルター(古田新太)が登場。
いかにも性倒錯者然の彼は、この城で秘密の実験を行っている科学者であると言う。
その実験とは、人造人間を創り出すこと。
まさにこの夜は、彼の輝かしい実験が最終段階を迎えようとしていたのだった。
困惑する二人にフランクは、人造人間誕生の瞬間に立ち会うよう強要する。

誕生したのは・・・フランク好みの美形の筋肉マン・ロッキー(武田真治)。
城の住人たちが成功を喜んでいるところに、今度はつぎはぎだらけの謎の男・エディ(岡本健一)が乗り込んで来る。
50年代のロッカー・スタイルでキメたエディだったが、身長が足りないため、あえなくフランクに始末されてしまう。
邪魔者は消した。フランクはロッキーに抱かれ、新婚のカップルのように寝室へと消えていく。

夜は静かにふけてゆく・・・はずだったが、ロッキーと寝室に消えたはずのフランクは、いつの間にかジャネットの寝室に押し入り・・・、かと思うと今度はブラッドのベッドに現れ・・・。
混乱したジャネットが城の中をさまよい歩くうちに、フランクから逃げ出したロッキーに出会い・・・、そんなこんなで城の中は愛と欲望の大混戦。

ドタバタの騒ぎの中、リフラフが城への侵入者を発見する。
広間に誘導されてきたのはスコット博士(岡本健一)。
彼はブラッドとジャネットの恩師であり、UFOを研究する科学者であり、なおかつエディの叔父でもあるというサービスぶり。
だが、ロッキーをジャネットに盗られて怒り狂ったフランクは、スコット博士をブラッド&ジャネットもろとも捕らえてしまう。

3人の運命は?フランクの目的とは?
そして執事にしては何か一癖ありそうな、リフラフの正体とは?

パルコ・プロデュース2022『ロッキー・ホラー・ショー』公演情報

上演スケジュール

【東京公演】2022年2月12日(土)~2月28日(月) PARCO劇場

スタッフ・キャスト

【脚本・作詞・作曲】リチャード・オブライエン
【演出】河原雅彦
【翻訳】高橋ヨシキ
【訳詞・音楽監督】ROLLY
【振付】MIKEY(from 東京ゲゲゲイ)

【出演】
古田新太
小池徹平 ISSA 昆夏美
フランク莉奈 峯岸みなみ 東京ゲゲゲイ TACCHI GENTA P→★ UFO
武田真治 ROLLY 岡本健一

<バンド>
Gt:ROLLY 吉本匡孝 Ba:HOTORI Ds:小畑ポンプ
Key:おおくぼけい(アーバンギャルド) Cho:原田千栄 高仲尚子/Pf:大塚茜

【公式サイト】https://stage.parco.jp/program/rhs2022

関連記事

エンタステージが開催する「演劇ライター講座」は、演劇メディア業界に興味を持つ方、人に伝える記事を書くことについて興味のある方に向けて、経験豊富な編集者&ライター陣がライターの基本姿勢から記事の書き方などを指導していきます。演劇のみな[…]

演劇ライター講座開講!2月5日(土)スタート第3期 申込受付開始



チケットぴあ
最新情報をチェックしよう!
テキストのコピーはできません。