読奏劇は11月30日まで!牧島 輝の初朗読作品『宮沢賢治 著/注文の多い料理店』配信レポート


「Dream Stage(ドリームステージ)-読奏劇-」の配信も、いよいよ11月30日(月)まで。配信終了前に、第5弾から第8弾までを順に振り返っていく。第5弾には、牧島 輝が登場し、宮沢賢治の『注文の多い料理店』を読んだ。牧島にとって、初の朗読となったこの作品。その模様の一部を写真と共にご紹介する。

本企画には、牧島のほか、有澤樟太郎、太田基裕、大平峻也、北村諒、崎山つばさ、佐藤流司、橋本祥平(50音順)と計8名の俳優が参加。俳優が読みたいと思う文学作品を、“MV風”の映像作品に仕立てた。

牧島の読む作品は、本作の監督・鎌田哲生(ミュージカル『刀剣乱舞』のMVを担当)たっての「コメディを読んでほしい」という希望で決まった。鎌田は、牧島という素材をどのように“料理”したのか?撮影の時から、監督の頭の中には完成図が見えていたようだ。

オープニングから流れる音楽は、ロック調。宮沢賢治作品にロック?と思うかもしれないが、ベースの音が効いた音楽に、牧島の読む声と間が絶妙に乗っていて、まさに「読奏劇」という仕上がりに。後半にいくにしたがって、音楽の変化がさらに物語を加速させていく。

牧島の撮影は、「地の文」「青年紳士A」「青年紳士B」「二匹の山猫」「看板」など、物語を人物ごとにパート分けして行われた。映像では、それを合成し、まるで牧島が自分自身を相手に芝居をしているかのような不思議な絵になった。

配信では、本編の終了後に本企画のプロデューサーと牧島によるスタジオトークも行われた。実は、配信当日に初めて完成形を観たという牧島。普段から、自分の出ている作品を映像で振り返ることが少ないという牧島は、編集の途中経過も観ていなかったそうで、「観る前は緊張しましたね・・・。ドキドキしました。照れくさいと思う部分もありつつ、でも、おもしろかったです」とファーストインパクトの感想を語った。

何と言っても、際立ったのが牧島の声の良さ。役の演じ分けも含めて、その良さを存分に味わえるのも、この「読奏劇」作品の魅力だろう。「(撮影したシーンが)どう使われるのか何となくイメージはついていたんですが、いざ仕上がってみると見応えありますね」と、自分の芝居を楽しんで観ることができたようだ。

配信当日、視聴者は配信プラットフォームのチャット機能を使い、コメントを送ることができた。そこで盛り上がっていたのは、やはり牧島の登場人物の演じ分けについて。無機物である「看板」にも人格があるように見えてくる牧島の芝居に、SNS上には「#看板の人格」というハッシュタグも現れた。

初の朗読について振り返った牧島の言葉で、印象的だったのが「自分のことを意外と知らないな」という一言。「自分はどういう間で読むんだろう?気持ちを込めすぎるより、淡々と読んだ方がいいのかな?とかいろいろ考えたんですけど、そのバランスが難しくて。朗読は子音がしっかりしていた方がいいんじゃないかと思って、普段話す時よりもしっかりと言葉を立てて読んでみたりしました」と、短い時間の中で試行錯誤したことを明かした。

その試行錯誤の様子は、配信の中で公開されたメイキング映像からも伝わってきた。舞台裏の様子を見て、「これは緊張していますね。自分のことがよく分かります、シンプルにきょどっていますね(笑)。メイキング見るのって恥ずかしい・・・こんな顔してやっているんですね」と笑う牧島。本番よりテストの方が緊張するそうで、「いいねえ」という監督の反応にホッと胸をなでおろす素の牧島の表情が垣間見えた。メイキングで、作品作りの舞台裏が見られるのも貴重だが、それを見た本人の反応を知る機会はなかなかない。

このほか、トークの中では視聴者の質問に答えるコーナーも。「一番演じていて楽しかった役は?」「映像の中で一番観てほしいポイントは?」「読奏劇を経験して、朗読に対するイメージは変わった?」「もし別の作品をやるとしたらどんな作品を読んでみたい?」など、それぞれに牧島らしい答えを聞かせてくれた。

なお、「読奏劇」では作品イメージに合わせたスチール撮影が行われており、ポストカードセット2種とB2リバーシブルポスターが作成された。ポストカードはすでに完売しているが、B2ポスターは11月30日(月)までアスマートにて販売中。牧島も「コレ、爆盛れしてますよ」と喜んでいた美麗な作品を、ぜひお買い逃しなく。

そして、ポストカード購入者に朗報だ。手元に届いたポストカードには、写真面に1枚1枚動画データを閲覧できるARが設置されているとのこと。これを、オリジナルアプリ「ARUNO」をダウンロードし、アプリを立ち上げた後にQRコードにかざすとメニュー内に読奏劇のチ ャンネルが追加され、配信終了後も期間限定でAR カメラを使いポストカードにかざすことで「読奏劇」の本編映像を見ることができる。

最後に「苦戦したところもたくさんあったんですが、仕上がりを見たら、非常におもしろくて見応えのある作品にしていただきました。何回観ても、どの役を追ってもおもしろいと思うので、楽しんでください」と語った牧島。

『Dream Stage -読奏劇-』全8作品の配信は、11月30日(月)まで。上記スタジオトークや、メイキング映像が見れる機会はここだけなので、お見逃しなく。

牧島 輝「宮沢賢治 著/注文の多い料理店」
視聴URL:https://ima-ticket.com/event/158

作品情報

『Dream Stage -読奏劇-』

【#1】太⽥基裕
朗読「シャルル・ペロー 著/眠れる森の美女(原題:眠る森のお姫さま)」
https://ima-ticket.com/event/117

【#2】⼤平峻也
朗読「小泉八雲 著/雪女」
https://ima-ticket.com/event/118

【#3】崎⼭つばさ
朗読「太宰治 著/走れメロス」
https://ima-ticket.com/event/119

【#4】橋本祥平
朗読「ヴィルヌーヴ 著/美女と野獣(原題:ラ・ベルとラ・ベート『美し姫と怪獣』)」
https://ima-ticket.com/event/120

【#5】牧島 輝
朗読「宮沢賢治 著/注文の多い料理店」
https://ima-ticket.com/event/158

【#6】北村諒
朗読作品「夢野久作 著 / 瓶詰地獄」
チケット:https://ima-ticket.com/event/186

【#7】有澤樟太郎
朗読作品「小川未明 著 / 負傷した線路と月」
チケット:https://ima-ticket.com/event/187

【#8】佐藤流司
朗読作品:「芥川龍之介 著 / 藪の中」
チケット:https://imaticket.com/event/188

■ARアプリ「ARUNO」に関するお問合せ
・操作方法はこちら
https://dreamline.link/contents/375728

・アプリに関するお問い合わせはこちら
兵田印刷工芸株式会社(otoiawase@hyoda.com)

【公式Twitter】@dreamline_inc
【公式サイト】https://dreamline.link/dream_stage
【チケット】イマチケ https://ima-ticket.com/dreamstage

(取材・文・撮影/エンタステージ編集部 1号)

チケットぴあ
最新情報をチェックしよう!
テキストのコピーはできません。