成河、翻訳・訳詞に初挑戦!ミュージカル『ライオン』日英Wキャストで日本初演


2024年12月に、ミュージカル『ライオン』の上演が決定した。本作は、ニューヨーク・ドラマ・デスク・アワード最優秀ソロパフォーマンス賞、ロンドン・オフ・ウエストエンドの最優秀ニューミュージカル賞を受賞した、ベンジャミン・ショイヤーの自伝的作品。日本初演となる今回、日英Wキャストとなる。

ミュージカル『ライオン』は実話を描いた一人芝居

米国ツアーでの上演回数は500回以上にのぼる本作は、ひとりの人生の実話を描いた感動の一人芝居ミュージカル。あたたかく美しい楽曲の数々と、心が締め付けられるような独白。そして、名人芸のギター演奏が、濃密な空間で繰り広げられる。ウエストエンドの批評家たちは「驚異的で魅惑的な体験」と称賛した。

来日版(日本語字幕付)で主演を務めるのは、本作初のリバイバルでベン役に抜擢され、高度なギターの演奏技術と繊細な表現力で絶賛を浴びたマックス・アレクサンダー・テイラー。

そして日本版では、高い演技力と豊かな歌唱力を持つ成河が、全曲ギター弾き語りのミュージカルで才能を遺憾なく発揮する。成河は、宮野つくりとタッグを組み翻訳・訳詞にも初挑戦するという。

発表にあたり、成河は「シンガーソングライターのベンジャミンが作った生々しく美しい楽曲は胸に迫るものがあり、ぜひこの作品をやりたいと思いました。難易度の高いギターを弾きながら歌う、一人芝居。そして今回は翻訳・訳詞にも挑戦しています。ハードルはとても高いし山のようにありますが、それをいろいろな方たちと協力して超えていきたいと思います。ベンジャミンの私小説であるこの物語、主人公ベンに起こった出来事、苦悩、そして手に入れたもの、を純粋にお客様にお伝えしたいと思います。皆様にとっても特別な体験になるような舞台をお届けいたしますので、劇場でご一緒していただければ幸いです」とコメントを寄せた。

ミュージカル『ライオン』は、12月19日(木)から12月23日(月)まで東京・品川プリンスホテル クラブeXにて上演される。

ミュージカル『ライオン』公演情報

<上演スケジュール>
2024年12月19日(木)~12月23日(月) クラブeX

<スタッフ・キャスト>
【出演】
ベン役(Wキャスト)
来日版(日本語字幕付):マックス・アレクサンダー・テイラー
日本版=成河

【脚本・作曲・作詞】ベンジャミン・ショイヤー
【演出】アレックス・ステンハウス、ショーン・ダニエルズ
【翻訳・訳詞】宮野つくり 成河

ミュージカル『ライオン』あらすじ

はじまりの場所は、ニューヨーク。物語は、10歳のベンが家族の話をするところから始まる。
数学者の父親と、数学嫌いの彼を繋いでいたのは、一緒にギターを弾く時間。2人の絆は音楽だった。
しかし彼が14歳の時に起きたある出来事をきっかけに、彼と父親の関係は大きく変わり始める。
イギリスの男子校での寮生活、グランドセントラル駅で出会った彼女との恋、母親や弟たちとの繋がり――。

移ろいゆく時間のなかで、いつも彼の近くにあったのは、音楽。
ベンはギターを片手に、波乱に満ちた人生の旅路に立ち向かう。

ミュージカル『ライオン』公式サイト・SNS

【公演サイト】https://www.umegei.com/thelion2024/
【公演X(Twitter)】@thelion_2024

[PR]






チケットぴあ
成河、翻訳・訳詞に初挑戦!ミュージカル『ライオン』日英Wキャストで日本初演
最新情報をチェックしよう!
テキストのコピーはできません。