Travis Japan七五三掛龍也&吉澤閑也のW主演で『ダブリンの鐘つきカビ人間』ミュージカル化


2024年7月にPARCO&CUBE produce 2024 ミュージカル『ダブリンの鐘つきカビ人間』の上演が決定した。後藤ひろひとの描いたダークファンタジーを、ウォーリー木下の演出、音楽および音楽監督を中村大史が務め、ミュージカルとして約9年ぶりに上演。W主演は、Travis Japanの七五三掛龍也吉澤閑也が務める。

上演は7月3日(水)から7月10日(水)まで東京・東京国際フォーラム ホールC、7月20日(土)から7月29日(月)まで大阪・COOL JAPAN PARK OSAKA WWホールにて。

『ダブリンの鐘つきカビ人間』とは?笑いと恐怖と感動を秘めた哀しくも美しい恋物語

『ダブリンの鐘つきカビ人間』は、ユーモアと切なさと残酷さが混じり合ったダークファンタジーを得意とする後藤ひろひとの作品(代表作:『人間風車』『MIDSUMMER CAROL ガマ王子 vs ザリガニ魔人』など)。ケルト民話を思わせるファンタジックな世界観で描く哀しくも美しい恋の物語で、2002年、2005年、2015年とストレートプレイとして上演を重ねてきたが、この9年ぶりの上演ではミュージカルとして生まれ変わる。

脚色・演出は、ミュージカル『チャーリーとチョコレート工場』、ハイパープロジェクション演劇『ハイキュー!!』シリーズ、そして「東京2020 パラリンピック」開会式の演出を手掛けたウォーリー木下。

音楽および音楽監督は、作品の魅力をより引き出すために、ケルト音楽にも造詣が深く、リリカルな楽曲を生み出す中村大史が担当。温かくもどこか悲しげなケルトの音色とポップで心躍る楽曲で、作品世界をさらに盛り上げる。

ポップかつダークなファンタジーの世界を彩る出演者たち

物語は、旅行中の男女が霧のために立ち往生し、ある老人の住む山小屋に一夜の宿を求めるところから始まる。老人は、二人に昔話を聞かせた。それは、むかしむかし、この土地を不思議な病が襲ったときのことだった。

指に鳥が止まってしまう病。天使の羽が生えてしまう病・・・人によって異なる病の症状だったが、中でも最も不幸な病に冒されたのが、心と体が入れ替わり、心は水晶のように美しく、しかし誰も近づきたがらない醜い容姿となったカビ人間だった・・・。

物語の世界の街に住む「カビ人間」役には、Travis Japanのメンバーで、これまでにミュージカル『ハル』や舞台『いまを生きる』などへの舞台出演を経験してきた七五三掛龍也。そして、物語の世界に迷い込む「聡」役には、七五三掛と同じくTravis Japanのメンバーで、グループの楽曲の振付も数多く担当するなどダンススキルにも定評のある吉澤閑也が決定。吉澤はこれがミュージカル初出演となる。

物語の世界の住人で、町中に流行った奇妙な病のせいで、思っていることの反対の言葉しか話せなくなった「おさえ」役には伊原六花。聡と共に物語の世界に迷い込む「真奈美」役には加藤梨里香。カビ人間とおさえ、聡と真奈美、2組のラブ・ストーリーの行方にも注目だ。

さらに、「戦士」役として入野自由、「神父」役としてコング桑田、「親衛隊長」役として小松利昌、「天使」役として竹内將人、「市長/老人」役として松尾貴史、「おさえの父(ジジイ)」役として中村梅雀が出演する。

コメント紹介

作:後藤ひろひと

まるで”病気の街”のような劇団にいた。団員は皆、容姿も個性も独特で、私は常にそれらの特性を活かした脚本を書こうと努力した。その劇団を退団する時に書いたのがこの作品だ。なので私はこの作品に”病気の街”への別れのメッセージを込めた。
ほんの数年前、地球全体が”病気の街”になった。深い悲しみや不思議な光景が世界を覆った。そんな”病気の街”にも終わりが来た。だからこの作品が帰って来たのだろう。

脚色・演出:ウォーリー木下

僕が演劇をはじめたころに衝撃を受けた劇団のひとつが遊気舎でした。後藤さんの作るワールドと俳優陣の縦横無尽で無茶苦茶な演技は、まるで現代版の見せ物小屋、毎公演恐ろしくもたのしみに観に行っていました。その中でも「ダブリンの鐘つきカビ人間」は、驚くほどにくだらなくて温かく、そしてグロテスクで美しい舞台でした。
ミュージカルにしたいと言ったのは僕です。理由は6つあります。一つ目は、骨の太い物語。どれだけ演出を変えてもぶれない強さ。ミュージカルにとって物語は最も大事な要素です。二つ目は、あ文字数。

音楽・音楽監督:中村大史

ユーモアと切なさと残酷さが混じり合ったダークファンタジー、それはそっくりそのままケルトの神話性、僕が好きなアイルランド音楽が密やかに纏う空気感につながります。
言葉にし難い、信仰にも通ずる想いを、ユーモラスな言葉のからくりをモチーフに、言葉を駆使して語られる物語。
今作のために力を尽くす全てのメンバーの魅力が舞台上に集結したとき、そこにはどんな音楽が聞こえるのか。耳をすまして鋭意作曲中です。3人のアイルランド音楽演奏家による生演奏でお届けいたします。

カビ人間役:七五三掛龍也

カビ人間を演じます七五三掛龍也です。歴史あるこの作品に参加させていただけること、僕自身舞台出演が久しぶりなので今からワクワクしています。前回カビ人間を演じていた佐藤隆太さんはお世話になっている先輩で、出演が決まった時運命だと思いすぐ連絡しました。
今回、後藤ひろひとさん作の、演出がウォーリー木下さんで、さらにミュージカルになるということで新しい”ダブリンの鐘つきカビ人間”になるのかなと楽しみにしています。作品を通してユーモアや切なさ、感動のエンターテイメントをお届け出来ればと思っています。

聡役:吉澤閑也

自分はお芝居をしっかりさせてもらうのは今回が初めてなので自分が思う聡というキャラクターを出せたらと思います。
そしてご来場いただける方々がのめり込めるような作品にできたら嬉しいです。

おさえ役:伊原六花

この作品の虜になるまでに、少しの時間も必要ありませんでした。それほど、脚本のもつ凄まじいパワーと、醜悪さと美しさの世界観に魅了され、この作品に出会えた高揚そのまま、気づけば過去に上演された DVD を全て観終えました。
たくさんの方の心に刺さり、愛され、何度も上演を重ねている名作に参加させていただけること、本当に光栄です。
心から愛を込めて、皆さんにお届けできる日まで丁寧に向き合っていきます。この作品に出会ってもらえますように。お楽しみに。

真奈美役:加藤梨里香

真奈美役で出演いたします、加藤梨里香です。
『ダブリンの鐘つきカビ人間』初のミュージカル化。ウォーリー木下さんによってどんな魔法がかかるのか、どんな音楽に出会えるのか、そして豪華で彩り豊かな共演者の皆様とご一緒できることを、私自身とても楽しみにしています。真奈美は聡と一緒にカビ人間たちが生きる不思議な世界に迷い込みます。何に対しても怯まず好奇心に溢れ、アクティブな印象を受けました。ポップでダークなこの不思議な世界で暴れ回れることを期待してお稽古を待ちたいと思います。
この夏、劇場でお会いしましょう!お待ちしております。

戦士役:入野自由

後藤ひろひとさんの書かれた台詞を喋ることができる!と、個人的にとてもワクワクしています。その反面とても不安でもあります。自分にできるのかと・・・この不安は、七五三掛さん、吉澤さんをはじめとした素敵なキャストの皆様と共に、消し去れるよう頑張ります。そして、ウォーリーさんの手によって、新しくミュージカルとして生まれ変わり、何が起きるのか、体当たりで楽しみたいと思います。
劇場でお待ちしています。

神父役:コング桑田

やった!!
1998年、わが師 らも作品『こどもの一生』から始まったPARCO&CUBE produce公演に遂に呼んでもらえた!
そして、勢いのあるトラジャのお二人と話題の女優さん、関西小劇場の素敵な仲間の脚本家作品のミュージカル版で、演出家、役者との久しぶりの共演も。
しかも映画「ブルース・ブラザーズ」でソウルミュージックの師、帝王ジェームス・ブラウンが演じたような神父役。
最高に嬉しいです。
ダイナマイトソウル届けます!!

親衛隊長役:小松利昌

残酷で美しい、面白ダークファンタジーの今作。実は過去2回ほど劇場で観劇した大好きな作品です!この歪な世界の住人になれる幸せを噛み締めております。しかも今回はミュージカルですってよ!ウォーリー演出の魔法で全く新しい作品に産まれ変わる予感がして、今から稽古が楽しみです!
大切な人をもっと、大切に想える時間を、皆で過ごせたら。

天使役:竹内將人

初めて天使のようなキャラクターに挑戦するのでとてもワクワクしています。『ダブリンの鐘つきカビ人間』と言えば、ダークファンタジーでありながらコメディな作品です。この奇妙な世界にぴったりな個性豊かなキャストの皆様と共に、観客の皆さまがこの世界から抜け出せないほど没頭していただけるよう、作品作りに励みたいと思います。どの夏よりも熱く、奇妙な世界へ皆様を誘います。
劇場でお待ちしております!

市長・老人役:松尾貴史

この作品が最初に上演されたのは、作者の後藤ひろひとさん演出による劇団遊気舎の公演だったと記憶しています。幸運にも観劇できた時は、小さな劇場で何と様々な要素が詰まった世界を見せてくれるのかと舌を巻いたものでした。
その後PARCOで上演されたG2さん演出のバージョンも拝見し、素敵な世界観に参加しておられる皆さんが羨ましく、眩く拝見していました。
今回はまた新しい演出になるそうで、念願(と言うと少し違和を覚えますが)の作品に参加できる幸運をひしひしと感じています。

おさえ父(ジジイ)役:中村梅雀

実に、私にとっては32年ぶりのミュージカルです。意味深い素敵な作品に出演できて、とても嬉しいです。身に降りかかった様々なことを、受け入れざるを得ない世界で、目が見えないことで見た目ではなく真の心が見えたり、自然の変化を敏感に感じたり。聞こえている言葉に惑わされずに本心を探ったり。そこには、愛がありますね。ジジイは悲しい役ですが、私に色々と学ばせてくれます。空気の変化をたくさん感じて、演じたいと思います。

PARCO&CUBE produce 2024 ミュージカル『ダブリンの鐘つきカビ人間』公演情報

上演スケジュール

【東京公演】2024年7月3日(水)~7月10日(水) 東京国際フォーラム ホールC
【大阪公演】2024年7月20日(土)~7月29日(月) COOL JAPAN PARK OSAKA WWホール

スタッフ・キャスト

【作】後藤ひろひと
【脚色・演出】ウォーリー木下
【音楽・音楽監督】中村大史

【出演】
七五三掛龍也(Travis Japan) 吉澤閑也(Travis Japan) 伊原六花 加藤梨里香
入野自由 コング桑田 小松利昌 竹内將人
安田カナ 安福毅 Ema 工藤広夢 半山ゆきの
松尾貴史 中村梅雀

<演奏>
中村大史 奥貫史子 石崎元弥

あらすじ

とある山中。中世のアイルランドを思わせる不思議な土地、そして音楽・・・。
旅行中の聡と真奈美は霧のために立ち往生し、ある老人の住む山小屋に一夜の宿を求めた。
問わず語りに老人が語る昔話に、だんだんと心を奪われていく。

むかしむかし。
この土地を不思議な病が襲ったときのこと。
病の症状は人によって違っていた。指に鳥が止まってしまう病。天使の羽が生えてしまう病・・・。
そんな中でも、最も不幸な病に冒されたのが、心と体が入れ替わり、心は水晶のように美しく、しかし誰も近づきたがらない醜い容姿となったカビ人間。
カビ人間は、その容姿から村人たちに疎まれ、ただ一人で鐘を撞いている。
そんなカビ人間とある日、出会ってしまったのが、思っていることの反対の言葉しか話せなくなった娘・おさえ。最初はカビ人間におびえていたおさえだが、その美しい心に触れて、徐々に彼に心を開いていく。
しかし心惹かれれば惹かれるほどに、おさえの口から出るのはカビ人間への罵倒の言葉。
やがてその言葉が、カビ人間を窮地に追い詰めていく・・・。

一方聡と真奈美は、老人の話に夢中になっている間に、気がつくとこの不思議な世界の中に入り込んでいた。
そして、病を治すのは伝説の剣・ポーグマホーンであることを市長から教えてもらった真奈美はしり込みする聡を引っ張って剣を探す旅に出る。
その頃、おさえの罵倒の言葉を信じ込んだ村人たちによって、追い詰められていくカビ人間。
ポーグマホーンと不思議な歌、そして鐘の音が重なった時、悲しくも美しく、残酷な奇跡が起きる・・・!

公式サイト

【公式サイト】https://stage.parco.jp/program/dublin2024

[PR]






チケットぴあ
Travis Japan七五三掛龍也&吉澤閑也のW主演で『ダブリンの鐘つきカビ人間』ミュージカル化
最新情報をチェックしよう!
テキストのコピーはできません。