ミュージカル『SMOKE』2ヵ月のロングラン上演へ、全役オーディションで選ばれた出演者が日替わりで登場


ミュージカル『SMOKE』は、2024年1月末から約2ヵ月に渡るロングラン公演として上演決定。今回は、本作の生みの親である作家・演出家のチュ・ジョンファが日本版の演出を手掛け、新たに訳詞に森雪之丞を迎える。全役オーディションで決定した出演者も発表された。

ミュージカル『SMOKE』は、日本でも『BLUE RAIN』『ルードヴィヒ』『once upon a time in 海雲台』などが上演されている、チュ・ジョンファとホ・スヒョンのコンビによる作品。天才詩人といわれながら27歳の若さで異国の地・東京で亡くなった韓国人詩人、李箱(イ・サン)の作品「烏瞰図 詩第15号」にインスパイアされ、2016年に誕生した韓国発のミュージカルだ。

登場人物は、詩を書く男「超(チョ)」、海を描く者「海(ヘ)」、心を覗く者「紅(ホン)」の3人だけ。“超”と“海”が女性“紅”を拉致するところから始まる物語は、話が進むほどに、扇情的なメロディとまるで謎解きをするような展開から、ラストでは生命力のきらめきが描かれ、冒頭とラストでまったく違う印象を受ける作品になっている。

日本では2018年に浅草九劇にて初演。客席を四方囲みした演出は、もともと九劇の持つ密室的な劇場空間とも相まって、舞台上と客席がまるで共犯関係になるかのような濃密な世界が展開し、中毒者が続出。口コミで評判が広がり、1ヵ月近いセミロングラン公演は、後半になるに従いリピーターがどんどん増えていった。

翌2019年には、劇場・キャストを替えた2バージョンで上演。6月には“NEW CAST ver.”として東京芸術劇場シアターウエストで、そして7・8月には2018年キャストを中心とした“ORIGINAL CAST ver.”として再び浅草九劇で公演を行った。さらに2021年には、コロナ禍で「密」である作品を逆手にとり、新たな表現方法で作品を昇華し、『SMOKE』ファン=“愛煙家”を増やしていった。

ミュージカル『SMOKE』2ヵ月のロングラン上演へ、全役オーディションで選ばれた出演者が日替わりで登場

今回ロングラン公演に向けて、全役オーディションも実施。オリジナルキャストである大山真志・日野真一郎(LE VELVETS)が、大山が超役、日野が海役で出演決定。大山は初演から浅草九劇シリーズは全シーズン出演している“Mr.SMOKE”。日野は役を替えてのカムバックとなる。

そして、超役には戸井勝海、石井一彰、山田元、秋沢健太朗(戸井、石井、秋沢は初参加、山田は再登板)。難役である海には風間由次郎、石川新太、LEI’OHというフレッシュな顔ぶれが並んだ。

そして、ジョンファ氏の化身のような役柄である紅役は、加藤梨里香、入絵加奈子、MARIA-Eの3名に決定。様々な組み合わせにより化学反応に期待だ。

ミュージカル『SMOKE』は、2024年1月23日(火)から3月31日(日)まで東京・浅草九劇にて上演される。

コメント紹介

訳詞:森雪之丞

この度、新たな訳詞を担当することになりました森雪之丞です。
昨年『ルードヴィヒ』を訳詞した折、チュ・ジョンファさんとホ・スヒョンさんの素晴らしさは体験済みなので、今回もミステリアスな物語と音楽に魅了されながら絶賛訳詞中です。
『SMOKE』は‟詩人“が大きな意味を持つ作品。実は僕も詩人の端くれで、年明けに「感情の配線」という6冊目の詩集を上梓するのですが、と、巧みに宣伝を交えながら(笑)、お陰様で詩人独特の我儘な孤独や複雑な焦燥感を持ち合わせているのです。普段は邪魔なその感性が今回は役に立つと信じています。
でも、やっと「S6~煙のように」を書き終えたばかりの『SMOKE』初心者は、不遇なアーティスト2人の男と1人の女がこれからどんな展開を迎えるのか、まだ知りません。・・・わざとです(笑)。それは初めて御覧になるあなたと同じように、ドキドキしながら次の曲へ進んでいきたいからです。
「おい、おい」と愛煙家の皆さんは御心配かも知れませんが、同じメロディーで同じテーマの曲が歌詞によって変化する、今回その醍醐味を味わっていただけたらと思います。
話は尽きませんが、僕は急ぎ「S7~愛しい人 愛しいあなた」へ突入します。

超役:大山真志

またSMOKEの世界に浸れる。これがどれだけ嬉しい事か。僕自身、ありがたい事に日本初演から何度も出演させていただいますが、この煙の世界に魅了され続けている1人です。
今回は超という人物を掘りに掘って臨みたいと思います。
演出にこの作品を生み出されたジョンファさん、歌詞に森雪之丞さん、そして日々変化するキャスト・・・今から震えるくらい楽しみです。

超役:戸井勝海

日中戦争が始まった年に27歳で亡くなった李箱。世界中がきな臭くなっていたあの時代、彼は何を見ていたのだろう。周りから理解してもらえない天才という状況は経験がないが、押しつぶされそうになった時に選んだ道を、人によっては逃げと捉える人もいるだろうし、裏返しの強さと捉える人もいるだろう。作品と皆さんが作り出す空気の中で泳いでみる事で、僕自身が何をどう感じてくるのか今から楽しみです。
20代の若者3人の物語。この年の自分がまさか出演できるとは思ってもみなかった。過去の上演は観られなかったが、評判は耳にしていた。その作品のレジェンドの大山真志さんを始め、まだ共演した事はないけれど客席の僕の心をギューッと引掻き回してくれた素晴らしい方々とご一緒できるのが楽しみで仕方ありません。今この年まで生きてきた自分の生き様が良くも悪くも曝け出されるであろうこの作品。覚悟して臨みます。

超役:山田元

どうしてもまた超を生きたくてオーディションを受けました。
『SMOKE』のことを考えると、自分はまだまだ燃え、滾る事ができると信じさせてもらえます。そんな作品に出逢えて僕は幸せな役者です。
きっと 稽古まで震え、稽古でも震え、初日でも震え、楽を終えるまで震える そんな毎日がまたやってきます。
今までにない煙を皆様にみせられるように命を燃やします。
翼を生やし、飛ぶことができると信じて。

超役:石井一彰

オリジナル版の作・演出のチュ・ジョンファさんの演出を受けるのことができるのが今からとても楽しみです。何度も再演されている作品なので世界観を崩さずに自分なりに「SMOKE」に挑戦できたらいいなと思っています。観に来てくださる皆様の記憶に残る作品にできるよう精一杯がんばります。よろしくお願いします!

超役:秋沢健太朗

ミュージカル『SMOKE』「超」役を演じさせて頂きます、秋沢健太朗と申します。
昨年オーディションに参加させて頂き、準備段階で既に『SMOKE』の持つ奥深さと心情の激しさに触れゾクゾク、ドキドキしたのを覚えています。
オーディションでは、「水が沸騰しなければ始まることのできない作品」だとヒントを頂きました。
通過報告を頂いた時は嬉しさと同時に身の引き締まる思いでした。
オリジナルの作・演出家であるチュ・ジョンファさんの演出で日本上演する事はとても意義深く期待値も上がっていると感じていますので真摯に受け止め、ミュージカル『SMOKE』を愛して下さる”愛煙家”の皆様、初めて観劇されるお客様に僕が演じる「超」を受け入れて頂けるよう僕の最大熱量でもって挑戦したいと思います。
劇場でお待ちしております。
頑張りますのでよろしくお願い致します。

海役:日野真一郎

初演は超役。2度目は超、海役と両役演じさせていただきました。僕の役者としてのターニングポイントでもあるミュージカル『SMOKE』はとても大切な作品です。
以前、演じていた事を思い出すと目頭が熱くなり、体の内側からふつふつと色んな感情が湧き上がってきます!
当時、ご観劇下さったお客様からも有難いことに沢山の反響を頂きました。
あれから5年・・・。
僕自身も新たに色々な経験をしてきた今、またこの作品に携わり、海と再会出来る事がとても嬉しいです。
そして、今回は本場韓国版の作家であり演出家であるチュ・ジョンファさんの演出を受けられる事は新たな発見と学びを多く得られる事は間違いないです。

3回目だからこそ、この作品の持つパワーや詩人、イ・サンの言葉一つ一つに込められたメッセージをお客様に更にしっかりとお届けしたいと思います。

愛煙家(=SMOKEファン)が増えますように・・・。

劇場でお待ちしております!

海役:風間由次郎

僕は日本での初公演となる2018年のミュージカル「SMOKE」を観劇しました。観劇中、まさにその最中、それまで経験した事ないくらい、その作品の世界観に没入していった事を昨日のように覚えています。その体験や体感を言葉に表そうとしてしている今も、まるで煙を掴むようで、まだ正確な言葉は見つからないのですが、その体験は間違いなく僕の役者人生の成功体験として、自分の中に存在している。それが僕にとってのミュージカル『SMOKE』です。今度は舞台上から、掴めなかった煙に少し指先が届くかと思うと、既にとてもワクワクというか、ゾワゾワしています。その煙は沸騰した水から湧き上がるのか、冬の朝露がみせる霧なのか、はたまた自分だけがみえている幻だったのか、どんな体験や体感が、皆さんに届くのか楽しみです。熱い冬が始まりそうです。
劇場でお待ちしております。

海役:石川新太

日本でも愛され、再演を重ねている『SMOKE』。
その中に名前を連ねられること、心から光栄に思います。
僕がこの作品に初めて出会ったのは2019年のNEW CAST Ver.を拝見した時。
独特な世界観、繊細さとダイナミックさを兼ね備えたメロディー、物語の展開、キャストの熱量・・・。
全てに衝撃を受けました。
2023年に『マリー・キュリー』『DEVIL』と2つの韓国ミュージカルに出演させていただきましたが、僕も気づけば韓国で生まれた作品たちが持つ魔力に魅了されている1人で
す。
海役は間違いなく僕にとって大きな挑戦になるでしょう。
オリジナルの作・演出、チュ・ジョンファさんの演出に僕の持っているエネルギー、スキ
ル、全てをぶつけるつもりで挑みます。
劇場でお待ちしております。

海役:LEI’OH

2018年に日本での公演が始まり、作品のファンの方も沢山いらっしゃるSMOKEに今回 “海(ヘ)” として関わらせて頂けることになり本当に光栄です。
理由は無いけれど、行けば絵が描けると確信して海を目指す“海(ヘ)” と、常に何か表現をしていたくて毎日新しい刺激を探している僕は、重なるものがあると感じていて、作品を通して新しい表現と自分を見つけられるのではないかとワクワクしています。
キャリアがまだまだ浅い僕は、この重大な役を担う上での不安ももちろんありますが、今までのキャストの皆様やスタッフの方々が築き上げて下さった世界観の中で何か、僕だから出来る表現を見つけて育んでいきたいです!
宜しくお願いします!

紅役:加藤梨里香

この度、ミュージカル『SMOKE』に紅役で出演いたします。加藤梨里香です。
これまで沢山の方が出演された『SMOKE』に参加できること、またずっと興味を持っていた少人数ミュージカル、そして韓国ミュージカルに挑戦する機会を頂けたこと、とても嬉しく思います。
演じる役者によってカラーが全く変わるであろう紅という役で自分がどんなカラーを出せるのか、シャッフルキャストでどんな化学反応が生まれるのか、今からわくわくしています。今回、韓国版の演出であるチョ・ジョンファさんが日本版を初演出されるということで、どんな作品創りができるのか今からお稽古が楽しみです。自分の持てるエネルギーを全て投入し、心を丸裸にして挑みます。浅草九劇で濃密な時間を皆様と共有できる日を心待ちにしております!

紅役:入絵加奈子

2023年1月私はチュ・ジョンファさんとホ・スヒョンさんコンビの 『once upon a time in 海雲台』に出演させていただきました。
ジョンファさんの初恋をベースにした時空を超えた美しい愛の物語と珠玉の楽曲に心を震わせながら舞台に立たせていただきました。
彼らの名作『SMOKE』は出演俳優さん達が役者冥利に尽きる作品だと言っていると聞いています。
まさか私がジョンファさんの演出で紅役を演じさせていただける日が来るなんて!
最大の喜びと共に身震いするほどのお役に身が引き締まる思いです。 「苦痛に満ちた運命の時間を共に耐え忍んでくれる小柄な神」紅。
沸点を通り過ぎる程の情熱と皆さんより少しだけ年季の入った小柄な身体でこの役に挑みます。

紅役:MARIA-E

私が以前からずっと出演したかった憧れの煙(SMOKE)の世界・・・。「出演してみたいミュージカルは?」と聞かれた時に必ず挙げていた作品のひとつでした。憧れのままで終わってしまうのかもしれないと諦めかけていた時、オーディションを受けてみないかとお声を掛けて頂けました。チャンスが訪れた!と神様に感謝しましたよ。でも、オーディションの段階から難易度が高くて、あ・・・落ちたかもと思ってしまいました。だから、出演が決まった時は「まさか、この私が紅(ホン)を演じられるなんて・・・」と信じられませんでした。熱烈に想い続けると、願いは叶うのですね。更に、 チュ・ジョンファさんの演出を受けられるなんて!
こんなに光栄なことはありません。今からお稽古が楽しみです。この作品を通して、そして 紅(ホン)を演じることで、1人の人間としても成長できる気がしてなりません。ぜひ『新生☆MARIA-E』を劇場で感じてもらえたら嬉しいです。

ミュージカル『SMOKE』公演情報

上演スケジュール

2024年1月23日(火)~3月31日(日) 東京・浅草九劇

スタッフ・キャスト

PRODUCED BY SOO RO KIM & MIN JONG KIM
MUSIC BY SOO HYUN HUH
BOOK & DIRECTED BY JUNG HWA CHOO

【演出】JUNG HWA CHOO
【訳詞】森雪之丞
【振付】BYUNG JIN KIM

【出演】
大山真志・日野真一郎(LE VELVETS) /
戸井勝海・石井一彰・山田元・秋沢健太朗
風間由次郎・石川新太・LEI’OH
加藤梨里香・入絵加奈子・MARIA-E

チケット

【一般発売】2023年12月23日(土)~
チケットぴあ:https://w.pia.jp/t/smoke/

【チケット代金】平日:9,800円/土日祝:10,800円(※但し1月27日は平日料金)
※本公演は当日券・当日引換券を価格変動制にて実施予定、販売スケジュールを含めた詳細は後日発表
※未就学児童は入場不可
※開場は開演の30分前

価格変動制について

価格変動制とは、ダイナミックプライシングとは需要と供給の状況に応じて価格を変動させる手法です。需要・市況・天候・ 個人の嗜好等に関するビッグデータをクラウド上のプラットフォームで迅速に分析し、需要予測を基に価格の上げ下げを自動的に行うことで顧客ニーズに即応し、併せて主催者の収益の向上に寄与するものとされている。

今回の『SMOKE』はロングラン公演となっており、かつ俳優同士の組み合わせでカラーも異なるため、劇場に気軽に足を運んでいただきたいと価格変動制を導入。価格設定は、座席位置なども細分化して行われることが多いが、浅草九劇では観客が<見やすい><近い>などといった感覚が特に異なることから、今回の価格変動制は「気軽に見ていただきやすい」という点に特化し、今までの同劇場での傾向や、ダイナミックプラス株式会社でのデータを基に、1日1回価格を更新する。

※当日引換券はチケットぴあでのみ販売、劇場でリピーターチケットも販売
※最新の価格は販売サイトにてご確認を

あらすじ

誰かの部屋。
家具、調度品はどれも古びているが、趣味がよく、戦前のモダニズムを象徴している。
たくさんの本、原稿の束。絵具、パレット、たくさんの絵筆。病院用のベッド。
そこにふたりの青年が、目隠しをされた女性を連れてやってくる。

〈超(チョ)〉、27歳。実年齢よりずっと大人びて見える。世の中の全ての生を見透かしているような目。彼は絶えず詩を書いているが、誰も彼の詩を理解することができない。

〈海(ヘ)〉、27歳。だが知性は14歳で止まっており、年齢よりずっと幼く見える。彼は絶えず絵を描いていて、海を描きたいと思っているが、一度も海を見たことがない。

ふたりは三越デパートの令嬢だという女性〈紅(ホン)〉を誘拐してきたのだ。身代金で、海に行くために。

だが目隠しを外された〈紅〉は、〈海〉を見ると懐かしさの入り混じったような複雑な表情を浮かべ、「私よ、判りませんか?」と言った・・・。

公式サイト

【公式サイト】http://musical-smoke.com/
【公式X(Twitter)】@musicalSMOKE

[PR]






チケットぴあ
ミュージカル『SMOKE』2ヵ月のロングラン上演へ、全役オーディションで選ばれた出演者が日替わりで登場
最新情報をチェックしよう!
テキストのコピーはできません。