合言葉は「抱腹絶倒のコメディ」!?加藤シゲアキ主演『エドモン~「シラノ・ド・ベルジュラック」を書いた男~』レポート


2023年4月1日(土)に東京・新国立劇場 中劇場にて舞台「エドモン~『シラノ・ド・ベルジュラック』を書いた男~」が開幕した。初日前にはプレスコールと囲み取材が行われ、主演の加藤シゲアキほか、平祐奈、金田明夫、上演台本・演出のマキノノゾミが登壇し、公演への意気込みを語った。

本作はフランスの若手劇作家・演出家アレクシス・ミシャクリによる作品。2016年にパリで上演後すぐに話題になりロングランの大ヒット作となる。2017年にはフランス演劇界最高の栄誉と言われるモリエール賞で、作品賞、脚本家賞、演出家賞など5冠を達成。2018年にはミシャクリが監督となり映画化(邦題『シラノ・ド・ベルジュラックに会いたい!』された話題作が、日本初上演を迎えた。

合言葉は「抱腹絶倒のコメディ」!?加藤シゲアキ主演『エドモン~「シラノ・ド・ベルジュラック」を書いた男~』レポート

主役の劇作家エドモン・ロスタン役を務めるのは加藤シゲアキ。NEWSとしての活動はもちろん、作家として第42回吉川英治文学新人賞、第8回高校生直木賞を受賞するなど活躍をする加藤が“書けない劇作家”を演じる。プレスコールでは、冒頭より25分ほどのシーンが披露された。

1895年パリ。劇作家エドモン(加藤)の作品が、大女優サラ・ベルナール(枝元萌)主演で上演されるが興行は失敗してしまう。エドモンの妻ローズ(佐藤みゆき)は励ますが、エドモンはスランプに陥り、何も書けないまま2年が経ってしまう。

1897年12月、サラが突然エドモンの家を訪れ新作の執筆を依頼する。エドモンは即興で戯曲を披露する。即興の内容にエドモン復活の兆しを見たサラは偉大な喜劇王コクラン(大谷亮介)を紹介する。

合言葉は「抱腹絶倒のコメディ」!?加藤シゲアキ主演『エドモン~「シラノ・ド・ベルジュラック」を書いた男~』レポート

コクランに会う前に作品のアイディアを練るエドモン。カフェに立ち寄ると、そこの店主ムッシュ・オノレ(金田)の様子や掛け合いから実在の剣術家「シラノ・ド・ベルジュラック」を主役にした作品を思いつく。

コクランの楽屋にて「シラノ・ド・ベルジュラック」の構想を話すエドモン。会話からシラノの鼻が特徴的であることなど、また新しいアイディアが生まれてくる。内容を気に入ったコクランはエドモンに3週間後の初日に間に合わせるように作品を依頼する。

合言葉は「抱腹絶倒のコメディ」!?加藤シゲアキ主演『エドモン~「シラノ・ド・ベルジュラック」を書いた男~』レポート

エドモンと友人の俳優レオ(細田善彦)が訪れたのはムーラン・ルージュ。そこへ、レオが想いを寄せる衣装係のジャンヌ(平)と友人のジャクリーヌ(安蘭けい)がやってくる。4人で舞台作品の話をしていると、ジャンヌがエドモンのファンだとわかる。目の前の男性がエドモンだと知らないジャンヌは、理想のエドモン像を語る。エドモンは自分がエドモン本人だと言えなくなってしまう・・・。

合言葉は「抱腹絶倒のコメディ」!?加藤シゲアキ主演『エドモン~「シラノ・ド・ベルジュラック」を書いた男~』レポート

披露されたシーンは25分ほどではあるが、心地よいテンポで進んでいく。このテンポは演出のマキノが、フランス語で上演された原作の舞台と同じ上演時間に合わせたかったというこだわりだ(フランス語から日本語に翻訳されることで少し言葉が長くなり上演時間が少し長くなるため)。

またエドモンとオレノの掛け合いのシーンも実にテンポ良く会話が行われるが、これもマキノの演出のポイントだそう。役者たちが演じていて心地良いと感じる速さは、観客にとっては少しゆったりに感じてしまうため、意識的に早く会話をしているという。加藤と金田も最初は無理をして早く会話をしていたが、慣れてくると自分たちも心地よく感じたと語った。

合言葉は「抱腹絶倒のコメディ」!?加藤シゲアキ主演『エドモン~「シラノ・ド・ベルジュラック」を書いた男~』レポート

忙しいのはテンポだけではない。今作は出演者12人で50役以上を演じる。早着替えは200回以上、場面転換も俳優たちで行うのだ。約2時間15分の上演時間中に役者は一度も楽屋に戻ることなく、早着替えと場面転換を行う。主役の加藤はエドモン役のみだが、あまりの過酷さに“エドモンダイエット”があったと笑う。平も、稽古中の加藤のジャケットが汗によって色が変わっていたと暴露していた。加藤はほぼ舞台上に出続け、苦悩し、翻弄されているが、その姿もチャーミングだった。

本作の魅力はストーリー、俳優達の演技など沢山あるが舞台芸術の美しさにも注目いただきたい。上手側には客席、下手側には楽屋、中央には舞台がある。この舞台部分がカフェになり、ムーラン・ルージュになりと変わっていく。その場面毎の小道具や映像に19世紀後半のパリが表現され、とても美しい。

合言葉は「抱腹絶倒のコメディ」!?加藤シゲアキ主演『エドモン~「シラノ・ド・ベルジュラック」を書いた男~』レポート

マキノは「登場人物たちが追い込まれていて、それを周りから観ていると面白いのが喜劇の基本です。私たちもかなり追い込まれて、作品もとても面白く仕上がっています」とアピール。今作のチラシに「抱腹絶倒のドタバタ幕内コメディ!」を書かれていることで、稽古場では「抱腹絶倒」が合言葉だったという裏話も飛び出した。

合言葉は「抱腹絶倒のコメディ」!?加藤シゲアキ主演『エドモン~「シラノ・ド・ベルジュラック」を書いた男~』レポート

自身も作家をしている加藤は現在執筆中の作品があり、エドモンの稽古に集中するあまり既に締め切りが過ぎているそうだ。記者から今月公演が続くので大丈夫か心配の声も出たが「言わないでください!現場でも家でも休みなくエドモンを感じてます!!」と嘆き、記者陣を爆笑させていた。

合言葉は「抱腹絶倒のコメディ」!?加藤シゲアキ主演『エドモン~「シラノ・ド・ベルジュラック」を書いた男~』レポート

パルコ・プロデュース 2023『エドモン~「シラノ・ド・ベルジュラック」を書いた男~』は、4月1日(土)から4月16日(日)まで東京・新国立劇場 中劇場、4月22日(土)から4月24日(月)まで大阪・東大阪市文化創造館 Dream House 大ホールにて上演。上演時間は約2時間25分(休憩なし)を予定。

(取材・文・撮影/一本柳歌織)

パルコ・プロデュース 2023『エドモン~「シラノ・ド・ベルジュラック」を書いた男~』公演情報

上演スケジュール

【東京公演】2023年4月1日(土)~4月16日(日) 新国立劇場 中劇場
【大阪公演】2023年4月22日(土)~4月24日(月) 東大阪市文化創造館 Dream House 大ホール

スタッフ・キャスト

【作】アレクシス・ミシャリク
【演出】マキノノゾミ

【出演】
加藤シゲアキ
大谷亮介 平祐奈 細田善彦
福田転球 三上市朗 土屋佑壱 枝元萌 佐藤みゆき 章平
安蘭けい 金田明夫

あらすじ

1897年12月、パリ。
詩人で劇作家のエドモン・ロスタンは、スランプにおちいっている。家には、妻と子どもを抱えながら、2年間も全く書けない。そんな中、彼に、大きな仕事が舞い込み、偉大な喜劇王コクランに、英雄的なコメディ詩劇の新作を書くことを約束してしまう・・・。ところが、まったく書けない・・・。大女優と大御所俳優のむちゃぶり、親友との三角関係、主演女優のきまぐれ、プロデューサーからの鬼催促、完全なる資金不足、妻の嫉妬など、ありとあらゆるトラブルにみまわれながらも、エドモンは一世一代の創作に取り組むが・・・。
今のところ、決まっているのは、実在した鼻の大きい詩人のコメディということと、タイトルだけ・・・。
タイトルは・・・そう『シラノ・ド・ベルジュラック』!!!

公式サイト

【公式サイト】https://stage.parco.jp/program/edmond

チケットぴあ
合言葉は「抱腹絶倒のコメディ」!?加藤シゲアキ主演『エドモン~「シラノ・ド・ベルジュラック」を書いた男~』レポート
最新情報をチェックしよう!
テキストのコピーはできません。