塚田僚一主演舞台『風が強く吹いている』ついに開幕!「みんなの気持ちを一つにして頑張りたい」


2023年1月18日(水)に東京・シアター1010で、直木賞作家・三浦しをんによる、箱根駅伝を舞台にした青春小説を舞台化した『風が強く吹いている』開幕した。初日前日となる1月17日にフォトコールと囲み取材会が行われ、塚田僚一(A.B.C-Z)、矢部昌暉(DISH//)、冨岡健翔(ジャニーズJr.)、西村菜那子が初日への思いを語った。

原作は、2007年に漫画化、ラジオドラマ化され、2009年には舞台化、そして実写映画化、2018年にはテレビアニメ化され、さらに2010年には第1回ブクログ大賞文庫本部門大賞を受賞するなど幅広い年代から支持される名作に。今回の公演は、2021年に演劇作品を手がけるクリエイティブカンパニー「ILLUMINUS」によって新しく舞台化された公演の再演となっている。

フォトコールでは、主演・塚田が演じる駅伝チームの主将・清瀬灰二(ハイジ)らが在籍する寛政大学陸上部が初めて記録会に参加するシーン、寛政大学陸上部の面々が住む学生寮・竹青荘で葉菜子(西村)がハイジと神童に後援会を計画していることを相談するシーン、そして、葉菜子が何度目かの記録会のタイムを発表しているシーンの3シーンが公開された。

記録会のシーンでは、八百屋舞台(傾斜のある舞台)をうまく使い、一斉に走るランナーたちの疾走感を表現。舞台手前まで走り抜いたことでゴールを表すことで、記録会の結果を分かりやすく提示していた。また、記録会のタイムを発表するシーンでは、ハイジが走ることや陸上部への熱い思いを語るシーンも。塚田の思いのこもったセリフに、観るものも心を大きく動かされることだろう。

物語の主人公であり、駅伝チームの主将・清瀬灰二(ハイジ)役を演じるのは、ジャニーズ事務所の人気グループ「A.B.C-Z」のメンバーで、抜群の身体能力を誇る塚田僚一だ。 塚田といえば、ボディビルの大会にも出場するなど、鍛え上げた肉体が魅力の一つ。 しかし、本作でランナーを演じるために、ランナーの筋肉を仕上げたという。

塚田は、「12月に『ジャニーズ伝説』に出演しながら、本番で使うエネルギーの分だけの食事をしました。 タンパク質を摂らずに、干し芋や鯖の缶詰を食べていました」と明かし、「正直にいうと、一番大変でした。 体作りもそうですが、ハイジを中心にメンバーが集まり、箱根駅伝を目標に練習をしていくという情熱やどっしり構える姿が大変で。 それから、セリフ量も多かったので」と苦労も多かったとか。一方で、得意なスポーツを題材にしているだけに「スポーツの演劇の融合は、めちゃくちゃうれしいですし(開幕が)楽しみです」と笑顔を見せていた。

杉山高志(神童)役の冨岡は、そんな塚田について「皆さんが想像している明るくてやさしくてという塚田くんのありのままで作り上げて、引っ張っていってくれて、色々なアイディアを出してくれて、頼り甲斐のある優しい先輩です」と改めて称賛し、「みんなで作り上げていこうという一体感を率先して出してくださっているので、頼りにしています」と塚田への信頼を滲ませた。

一方、蔵原走(カケル)役の矢部も、「ハイジと同じく、“着いてこい”というリーダータイプではなくて、僕らと同じ目線で一緒に頑張っていこうというタイプなので、一緒にいて楽しいし、着いていきたいと思う方。初日も無事に迎えられそうで楽しみです」と塚田の印象を語った。

初演に引き続き、勝村葉菜子を演じる西村は、「キャストの方が変わるだけで、同じ作品でもこんなに変わるんだなと思いました」と語り、西村は矢部と高校時代の同級生だったことを明かし「高1で同じクラスだったんですよ。それから8年くらい経ちますが、同じクラスだった人と同じ舞台に大人になった時に立てるとは思っていませんでした」と話した。

すると矢部も「一緒に保健委員をやっていたんです。だから、最初は高校の友達として話していいのか、仕事の仲間として話していいのか、距離感がわからなかったです。ただ、(西村は)何も変わらずそのまま大人になっていたので、当時を思い出して話しやすかったですし、青春感を思い出しました」と振り返った。

駅伝チームを描いた作品ということもあり、「稽古からチームプレイだと感じていた」という塚田は、「新しいグループを組みたいです。駅伝メンバー10人に西村さんを入れて“風つよイレブン”を結成したい。歌って、踊ってアクロバットして。この舞台では走るパフォーマンスがあるので、それも取り入れたい」と構想を明かして、会場も盛り上げた。

そして、最後に塚田は「この作品はスポーツと演劇の融合、新しいエンターテインメントです。ライブだからこそ生まれる熱量を感じ取ってもらえるようにみんなの気持ちを一つにして頑張りたいと思います。ぜひ劇場でお待ちしております」とアピールし、会見を締めくくった。

舞台『風が強く吹いている』は1月22日(日)まで東京・シアター1010で上演。上演時間は約2時間30分(途中休憩15分込み)。

あらすじ

将来を期待されながら、誰かの言いなりになって走ることに疑問を感じた蔵原走(カケル)[矢部]は、陸上競技部があるかも怪しい寛政大学へ進学。陸上界と距離を置こうとする。
そんなある日――
大学の先輩・清瀬灰二[塚田]の紹介で格安の学生寮・竹青荘で暮らすことになった走は、“十人目の選手”として迎え入れられることに。家賃が安いからくりは、箱根駅伝を目指すことが条件だった!?「俺は知りたいんだ。走るってどういうことなのか」灰二の真摯な眼差しを受け、心を揺り動かされる走。しかし、竹青荘の住人のほとんどは、陸上経験のない者ばかり。はたして彼らは箱根駅伝に出場し、その先にある“頂点”を目にすることができるのか?
いま、若者たちの熱い想いが駆け抜ける!

舞台『風が強く吹いている』公演情報

スケジュール

2023年1月18日(水)~1月22日(日) 東京・シアター1010

スタッフ・キャスト

【原作】三浦しをん『風が強く吹いている』(新潮文庫刊)
【企画協力】新潮社

【脚本】春日康徳
【演出】吉田武寛

【出演】
清瀬灰二(ハイジ):塚田僚一(A.B.C-Z)
蔵原走(カケル):矢部昌暉(DISH//)
城太郎(ジョータ):二葉勇(TWiN PARADOX)
城次郎(ジョージ):二葉要(TWiN PARADOX)
平田彰宏(ニコチャン):橋本全一
岩倉雪彦(ユキ):高岡裕貴
柏崎茜(王子):阿部快征
ムサ・カマラ(ムサ):澤井一希
坂口洋平(キング):安原寛之
杉山高志(神童):冨岡健翔(ジャニーズJr.)
勝田葉菜子:西村菜那子
藤岡一真:山田ジェームス武
榊浩介: 早川維織

公式サイト

https://kazetsuyo-stage2023.com/
【公式Twitter】 https://twitter.com/kazetsuyo_stage

チケットぴあ
塚田僚一主演舞台『風が強く吹いている』ついに開幕!「みんなの気持ちを一つにして頑張りたい」
最新情報をチェックしよう!
テキストのコピーはできません。