堤幸彦監督の映画『ゲネプロ★7』三人目は荒牧慶彦、ジュリアス・シーザー役に


堤幸彦が監督する映画『ゲネプロ★7』主演の三浦海里、和田雅成に続く三人目の出演者として、荒牧慶彦の参加が発表された。

本作は、ABEMAで2020年9月からOAされたオーディション番組『主役の椅子はオレの椅子』で主役の座を獲得した三浦を主演とする作品。シェイクスピア作品の登場人物たちが真の主役を奪い合う新作舞台『シェイクスピア・レジェンズ』に挑む7人の俳優たちの、制作発表記者会見からゲネプロ(最終リハーサル)までの13日間を描くミステリー作品となっている。脚本は川尻恵太が担当。

荒牧が演じるのは、若者から絶大な人気を誇る7人組ユニット<劇団SEVEN>のメンバー・芥川拓登(あくたがわたくと)。芥川は「アルフレッド」と名付けたテディベアを肌身離さず持ち歩き可愛がる風変りな一面を持ちつつ、国内外のドラマや映画でも活躍する実力派俳優で、新作舞台『シェイクスピア・レジェンズ』ではジュリアス・シーザー役を演じる。

堤監督は荒牧について「一歩引きながらも全体を見通していて自分の立ち位置をしっかりキープするバランス感覚。上手い!拍手!」と賛辞のコメントを寄せている。

映画は2023年4月に全国公開予定。なお、出演者については毎日18:00に1人ずつ発表されていく。

◆コメント紹介

◆荒牧慶彦(芥川拓登【ジュリアス・シーザー】役)

オファーを頂いた時は、すごいメンバーを集めたなというのが率直な感想でした。みんな共演したことがあって気心が知れているので、撮影はしやすかったです。
感情の起伏が激しい役だったので、その点は意識しました。また、ぬいぐるみをいつも大事に持っているキャラクターなので、執着心のようなものを出せるように演じました。

【公式サイト】https://gaga.ne.jp/gene7movie/
【公式Twitter】@Gene7movie

(C)映画「ゲネプロ★7」製作委員会

チケットぴあ
堤幸彦監督の映画『ゲネプロ★7』三人目は荒牧慶彦、ジュリアス・シーザー役に
最新情報をチェックしよう!
テキストのコピーはできません。