エンタステージ

演劇の楽しさを提案する総合情報サイト

ヤングジャンプで連載、高校演劇を題材にした漫画『まくむすび』第1巻が発売

012538.jpg

高校演劇を題材にした漫画『まくむすび』をご存知だろうか?本作は、現在「週刊ヤングジャンプ」(集英社)で連載されている保谷伸による作品で、2019年7月19日(金)に第1
巻が発売される。

描かれているのは、高校演劇に青春のすべてを懸ける女子高生たちの姿。仙台星見高校に入学した土暮咲良には、誰にも言えない創作活動への秘めた熱意があった。ある日、咲良は処分したはずの自作漫画を、間違えて学校に持ってきてしまう。しかも、ひょんなことからその漫画が演劇部メンバーの手に渡ってしまった。この出会いが、ある“きっかけ”で創作活動を諦めかけていた彼女の日常を“劇的”に変化させていく・・・。

取材に基づく作者の丁寧で巧みな描写が、楽しさも難しさも全部ひっくるめた“演劇”の魅力を青春群像劇として昇華している。

第1巻の帯には、劇団「青年団」主宰の平田オリザが「熱くて、切なくて、なぜか少し間抜けな高校演劇の世界にようこそ この子たちが出場する全国大会の審査は、私がします!」と推薦文を書いている。

演劇部経験者、演劇好きな方の心に、きっと響く「演劇」に真っ直ぐ向き合う少女たちのきらめき。ぜひ、本作を通して“演劇”の世界に触れてみては。

なお、コミックス1巻では発売記念読者プレゼントキャンペーンを実施。特製クリアファイルが抽選で200名にプレゼントされる(応募券は単行本帯に付属、8月19日締切・消印有効)。

漫画『まくむすび』第1巻は、7月19日(金)発売。第2巻は8月19日(月)を予定。

 

(文/エンタステージ編集部)

この記事の画像一覧(全1枚)

  • 012538.jpg

関連タグ

関連記事

トップへ戻る