長江崚行×上田悠介×植田圭輔×磯野亨インタビュー!ミュージカル『ヘタリア~The Fantastic World~』は「ヘタミュにとっての大きな分岐点になりそう」


2023年4月7日(金)に大阪で開幕するミュージカル『ヘタリア~The Fantastic World~』。新シリーズとしてヘタミュが復活して、1年とひとつの季節が過ぎ、新たな物語が動き出す。久しぶりに揃う枢軸――イタリア役の長江崚行、ドイツ役の上田悠介、日本役の植田圭輔、そして、新キャストとして加わるオランダ役の磯野亨に、開幕に向けてインタビューを行った。

※インタビューは大阪公演スタート前に行われました

U-NEXTでライブ配信あり!

ミュージカル『ヘタリア~The Fantastic World~』花火見上げるメインビジュアル公開

▶5公演通しチケット(特典ブロマイドセット付き)あり
1:5公演のうち、いずれかの公演を選択します。
2:作品詳細にある[チケットを購入]を選択します。
3:確認画面に単日チケットと5公演通しチケットの選択肢が表示されます。
4:5公演通しチケットを選択すると購入が確定します。

【1】4月9日12:30公演(大阪公演・昼の部)
【2】4月9日17:30公演(大阪公演・夜の部)
チケット販売期限:4月16日20:00まで
見逃し配信視聴期限:4月16日23:59まで

【3】4月10日13:00公演(大阪千秋楽公演)
チケット販売期限:4月17日20:00まで
見逃し配信視聴期限:2023年4月17日23:59まで

【4】4月23日11:30公演(東京大千秋楽公演・昼の部)
【5】4月23日16:00公演(東京大千秋楽公演・夜の部)

「枢軸が久しぶりに揃ったことが楽しくて!」インタビューでもいじりまくり

――いよいよ新作公演、始まりますね!

長江:そうですね!個人的には、枢軸が久しぶりに揃ったことが本当に楽しくて。新シリーズが始まってからは、初ですからね。稽古をしながら「そうそう、こんな感じだったな」「そうだ、これやんなきゃいけないんだ(笑)」とか、そんな”ヘタミュあるある”的な流れを一人で思い出しながら噛み締めていました。あと、今回(植田)圭輔さんがいつもより長めに稽古場にいらっしゃるので!やっぱり、いいですね。先輩と一緒にいられるって(ニコニコ)。

――植田さんは、もしかして今までで一番ヘタミュの現場にいられた感じですか?

植田:そうですね。今まで稽古時間が限られていたから。

長江:すごいな~、何回聞いてもすごいな~。

植田:でもね、みんな大変って言ってくれるけど、そんなことないと思うんですよ。今まですごく甘えさせていただいてきた部分が多かったんです。

だから今回、自分に課せられたことをやりつつ、「このひとはこういう準備の仕方なんだ」「このカンパニーってこうだったんだ」と改めて知ることができたりして。そしてね、やっぱり崚行という座長がいるからこそ、この座組はまとまっていて、自分たちのやるべきことに集中させてもらえるんだなと実感しています。

長江:嬉しい・・・(長江さんからもれ出る喜び)。

植田:これ、俺が何か言う度に崚行なんか言うでしょ(笑)!

長江:心の声が出ちゃいました(笑)。

――(笑)。上田さんは、おかえりなさいですね!

植田:ちょっと待って、髪型どしたん!?(髪型が爆発気味だった上田さんに気づいた皆さん)

上田:雨とか、湿気とかで、もう、こうよ!(取材日はあいにくの雨でした)

植田:ゴリラ?(笑)

上田:おかしいよ、オフィシャルでもゴリラとしていじられるって!・・・まあ、こんな感じで(笑)。おかえりという言葉ではなく、こういう自然な感じで迎えてくれたので。帰ってきたというよりは、ずっと一緒にいさせてもらえていたんだなって思いました。新シリーズでは枢軸が初めて揃うことになりますけど、楽しい枢軸を表現できるんじゃないかなと。

そしてね、僕、新キャストとして加わる磯野くんの気持ちがなんとなく分かるので、シンパシーを感じていて。出来上がっているカンパニーに途中から入るって、なんか不思議な感覚なんですよ。あたたかく迎えてくれるんですけど、入り込むまでにはちょっとだけ時間がかかるから。

植田:そんなこと思ってたんだ。

上田:ちょっとだけね。でも、自分からお兄さんたちの懐に飛び込んでいけば、遠慮なくもみくちゃにしてくれるんですけど。だから、磯野くんとは稽古場での席が近かったりもしたので、声かけてしゃべったりしてきました。

長江:しゃべってたんだ?

磯野:そ、そうですね。

植田:おっと~、仕方なくか!大丈夫か、なんかあったら言うんやで(笑)。

磯野:違います、違います・・・(笑)!悠介さんはめっちゃ優しいです!

ヘタミュへようこそ!オランダ役の磯野亨さんってどんな人?

――さっそくかわいがられていますが(笑)。磯野さんは、ヘタミュに加わってみていかがですか?

磯野:僕自身、お芝居も初めてで、オランダもヘタミュに新キャラとして加わる存在なので、今までのヘタミュとはまた違った、新しいヘタミュをお届けできるようにしたいなと思っています。でも、一つ困っていることがあって・・・。オランダは言葉数が少なくてあまり笑わないキャラクターなんですけど、僕自身は笑い上戸というか、ものすごいゲラで・・・。皆さんのボケに舞台上では耐えなければいけなくて。でも、舞台上ではオランダとしてしっかり立っていられるようにがんばりますので、楽しみにしていただけていたら嬉しいです。

――笑ってはいけないオランダ、になる可能性が(笑)。

磯野:そうですね(笑)。あと、さっき悠介さんがおっしゃっていたことはすごく分かる部分があって、最初の頃はどうしたらいいんだろうって思うこともあったんです。やっぱり長く続いている作品だから、皆さんの中には阿吽の呼吸というか、言葉にしなくても分かる部分があるんだなと、見ていて思いました。だから、ちょっと転校生のような気持ちで。

長江:ああ、なるほどね。

磯野:でも、皆さん本当に優しくて、徐々に・・・。

上田:ほんとか(笑)?!

磯野:ほんとです、ほんとです(笑)!多分、皆さん分かってくださると思うんですけど、初日の僕の顔つきと今では、たぶん全然違っているはず。

長江:最初、めっちゃ緊張してたもんね。

磯野:台本の読み合わせの日とか、ヤバかったと思います(笑)。

長江:台本の読み合わせの日、そのあと立ち稽古をちょっとやったんだよね。冒頭のシーンだったかな?そしたら・・・(長江さん、思い出し笑い)。悠介さんが帰ってきたことで、吉谷(晃太朗)さんがテンション上がっちゃって!しょっぱなから愛のある稽古が始まっちゃったんですよ。それを見たイソくんが「これ、やっていけるかな・・・」って感じで固まってたから(笑)。僕は「初日から、こんなの見ちゃって大変だぁ~・・・!」って思いながら横で見てました。

上田:そうだね。まず難易度高めの演出を見ちゃったから(笑)。

長江:愛なのよ、全部愛なの。

上田:そう、深めの愛という、鍔迫り合いをね。

植田:初舞台でヘタミュって、絶対来ちゃいけないとこだよ(笑)。

一同:(爆笑)!!

――先輩方の目には、フレッシュな磯野さんはどう映っていますか?

植田:どうすか、座長!

長江:いやぁ~、もうほんと、かわいいっすよ・・・(しみじみ)。

植田:崚行にとっては、ヘタミュでの初めての後輩だもんな。

長江:そうなんですよ!しかも、こんながっつり絡む後輩というのも、あんまり経験がないので。ヘタミュは自分が成長させてもらった作品であり、ずっと最年少だったので、年下の子が来るのか・・・とは思っていたんですよ。高本学が入ってきた時に、(杉江)大志くんが後輩が現れたことに対する焦りというか、「先輩を取られちゃう」「弟ポジションを取られちゃう」って嫉妬の時期があったんですけど。今・・・それが分かるというか。

上田:分かるんだ(笑)。

長江:イソが、もっとこう、ねじ曲がった性格の子だったら、僕もまだ太刀打ちできるなと思っていたんですけど・・・すごーくいい子なんですよ!真っ直ぐで、いつもニコニコしていて、言われたことを素直に受け止めてがんばるし。そんな子来ちゃったら・・・もうどうしようもない!

一同:(爆笑)!!

長江:僕も必死にニコニコして、「僕の方がかわいいぞっ」っていうスタンスを取るしかない。やっぱ、先輩には愛されたいじゃないですか(笑)。そうは言っても、彼ががんばっている姿は、昔の自分が重なる部分もあって。初めて舞台に立つ時は、分からないこともたくさんあるし、難しいこともたくさんあって、追い詰められる瞬間もあるとは思うんですけど、そういう中でも楽しい瞬間を少しでも作ってあげられたら、とは思いながらおります。

――なんだか、今日の取材では長江さんがお兄ちゃんしてるなぁと思っていました(笑)。

長江:やっぱり、先輩にしてもらったことは僕もやっていきたいなと。

植田:今日ね、ここに来る前に、崚行とイソが連れ立って歩いているのを遠目に見つけたんですよ。そしたら・・・崚行が先頭に立って、風を切りながら歩いていて・・・(笑)。

長江:ちょっと待って!違いますよ先輩!その瞬間は見られたくなかった!!

植田:先を歩く崚行に、後ろからイソが傘を差し掛けてて・・・マフィアみたいだった(笑)。

長江:待って待って!これは誤解を生む(笑)!説明させて。僕、いつも傘ささないんですよ。だから今日もささないで歩いていたら、イソが「僕の傘、入ってください」って言ってくれたんですよ!やだ、そういうの見逃さないんだから。だから好きなんだよな~。

一同:(爆笑)!!

――植田と上田さんは、磯野さんをご覧になっていてどう見ていらっしゃいますか?

植田:とても素敵ですよ。分からないこともある中、一生懸命だし、何とかしようともがいている姿は、本当に素敵です。僕は、本作では結構隣で見ていることが多いので、そのがんばりがすごく伝わってきます。パフォーマンス的ながんばりじゃなくて、本気でなんとかしようと思っている。演出家にも必死に伝えようとしている姿を見ていると、なんか、忘れちゃいかんよなって思います。

自分だけじゃなく、忘れてる人、多いんじゃない?とも思うし。だから、身が引き締まります。きっとイソは俺らを見て「こうなりたい」とか、「このひとすごいな」「なんでこんなにおもしろいんだろう」「なんでこんなにかっこいいんだろう」「なんでそんなかっこよく踊れるんだろう」とか、いろいろ思うところはあると思うんですけど、俺らもその逆があって。俺らもイソから影響を受けなくちゃいけないって、すごく背筋が伸びる思いがします。

長江:僕も同じこと思ってます!

植田:全然違うこと言ってたよ?(笑)

上田:やっぱり、お芝居ってその人の根っこの部分が出るものだと思うんですよね。適当な人は、適当なお芝居しかできないものだし。イソが稽古場でずっと台本を見て努力したことは、絶対舞台上にちゃんと出て人の心を動すし、この作品の見どころの一つになると思う。

磯野:はい、今から本番が楽しみです。

新人・磯野さんから百戦錬磨のお兄さんたちに聞いてみたいこと

――せっかくなので、今の磯野さんから先輩方に聞いておきたいこととかありますか?

磯野:じゃあ、2つほどいいですか?

長江:すごい、すぐ出てきた!

上田:ちゃんと考えてきたんだよ。

植田:こういうところだよね、俺らが忘れているところ。

磯野:(笑)。舞台に立っていて、一番幸せだなと思う瞬間って、どんな時ですか?

植田:いい質問だ!どうですか、長江さん!崚行お兄さん!

長江:どうも、お兄さんです!真面目に答えると、やっぱりお客さんの笑顔が見えた瞬間じゃないかな。イソはこれが初舞台だから、まだ観たことがないでしょう?

磯野:はい。

長江:作品をおもしろくしたいって思えば思うほど、つらい瞬間もあし、大変なこともいっぱいあるじゃない。でも、それを乗り越えて迎えた初日のカーテンコールで、お客さんの笑顔が見えた瞬間は最高だよ。回数を重ねていくと、それが今日はここまで走りきれた、よかったって安堵感も生まれるし。お客さんの笑顔をまた見たいなって思える瞬間を知ったら、またイソの中で次のステップが見えてくるかもしれないよ。

磯野:なるほど・・・。

長江:僕はこんな感じです。お二人はどうですか?

植田:いや、もうこれ以上のことはないよ。

上田:そんないいこと言われたら、もう出せるものがないよ!

長江:あるよ~もっとあるよ~~~。

 

磯野:ありがとうございます。じゃあ、2つ目・・・完全なお休みの日って何していますか?

一同:(爆笑)!!

長江:インタビュアーさんだ(笑)。

磯野:いや、本当に聞きたくて・・・!稽古中って覚えることもいっぱいありますし、本番に入ったら喉のケアとかも気にしないといけないじゃないですか。どう過ごしたらいいのかなって・・・。

植田:そうだなぁ。・・・完全な休みって、ないよね、

長江:そうですね、どうしても作品のこと考えちゃうし。

植田:そうそう。「休みです」って言われても結局台本見ちゃうんだよ。イソも見ちゃうでしょ?

磯野:(大きく頷く磯野さん)。

植田:「昨日言われたことはどうしたら解決できるだろう」「明日、ここのシーンやるな」とか、どうしても考えちゃうから、完全な休みって作品に関わっている間はないのかもしれない。でも、マッサージとか行くよ?あと、今は某カードゲームにハマっていてそれが憩いになってる。

長江:私もです!

植田:俺は遊びも共有したいタイプなので、ちょっとでも共通の話題があった方がいいかなと思い、その某カードゲームのスターターデッキをイソにあげました。

磯野:いただきました。

上田:もう、すごいんですよ!稽古場で、3人でずっとしゃべってるから。何話してるんだろうなと思ったら、圭輔がもうずーっとそのカードゲームのことしゃべってるんです。もう逃げられない、ハメにきてる。もはや営業だもん!

植田:俺、セールスマンだったらめっちゃ成績いいと思う。

長江:僕なんていいカモですよ。

植田:勧めて2分後にはもう買ってたもんな。

長江:ネットでポチりました。圭輔さんの言うことは絶対なので!

植田:おいおい、これ字面悪いぞ(笑)?

一同:(爆笑)!!

――上田さんは、そこには入らないんですか?

上田:そうですね、今のところ。

長江:え~、悠介さんはやらないの?

上田:僕はみんなの話を司会者のように聞いていたい。

植田:そういうとこあるよな~。

長江:意外と一線引いちゃうんだよな~。

上田:見てる方が楽しいタイプだから。めっちゃ興味はあるんですけどね。

植田:YouTubeとかでも使えるよ?仕事になるならやってみたくない?

上田:そ、そうだね。それはいいな・・・。(ハッとして)口がうまいんだよな~!

長江:圭輔さんが勧めることって、なんかおもしろそうに聞こえるんですよね。

植田:モルックもね。

長江:そう、モルックも圭輔さんの影響でハマったもん!

――ちなみに、磯野さんにはモルックは・・・?

植田:まだです!もう少し、(関係性が)あったまってきてからいずれ(笑)!

U-NEXTで5公演を配信!「The Fantastic World~」の見どころは?

――いい関係性が生まれていますね(笑)。今回、「世界会議」が描かれるそうですが、その見どころは?

植田:イソ、先に言っておきな。あなた、一番の見どころでしょう?

磯野:ありがとうございます・・・!まず、オランダが新キャラクターとして登場するところです。そして、日本との絡みを観ていただきたいです。日本に対して気持ち込めて台詞を言うシーンがあるので、そことか、泣いていただけたらなって・・・。そのために、一生懸命丁寧に演じたいと思います。・・・(先輩方の顔をキョロキョロと見ながら)伝わりますか?

長江:うん、大丈夫!

植田:いいね、こういう感じ。

上田:オランダがいるってことは、今回一番大きなことだからね。オランダは、日本文化に大きな影響を及ぼした国ですから。このエピソードを、日本人である僕らがヘタミュとして伝えられることも、何か一つ意味が生まれそうだなと思います。その辺りがお客様に届けば、「日本人として誇りを持っていいんだ」みたいに思えるかもしれないので、その辺りも楽しみにしていてほしいですね。

植田:オランダが出てくること、あらすじを踏まえて、もう皆さんも分かっていらっしゃると思うんですが、今回、日本は主軸になっています。あくまでも主人公はイタリアですが、過去にもイギリスとアメリカの関係にフォーカスした公演もあったりしたように、今回は日本のターンだと思っていまして。

文化の話なので、誰に影響されて、それがどう発展して、自分なりのオリジナリティになるのか、個性になるのか、模索し続けています。がっつり鎖国が描かれているので、見た目もいつもと違った日本の姿をお見せできるかと。8割は今までとは違う衣装で舞台上にいるので。そういう部分も見どころになるのではと思います。最終的には、人の想い、個人の意思とか、今を生きる皆さんにもいい影響を与えられる作品にしたい、みたいなことを強く思っていますね。

長江:(小声で)素晴らしい・・・。

植田:なんか聞こえたなぁ?

長江:心の声がまたもれ出てしまいました(笑)。僕は・・・まだ荒削りながらもとりあえず全部の場面を当たった時、最後の最後、ほんとに最後15分に、この作品に出演できている喜びが凝縮されていると感じたんですよ。それは、間違いなくお客さんを 笑顔にできるという確信でもあり。それを作り出そうとしてる吉谷さんの演出家としての頼りがいのある姿と、同時にそれを作るために苦しんだんだろうなという背景も見えた気がしました。

理不尽なこと、不条理なことに対するモヤモヤって、みんな自分でも気がつかないうちに溜まっている気がするんですよ。でも、今回のラスト15分は、そういったものが溜まる前の「私はこういう世界が好きだったのかも」という気持ちを思い出せるというか、心の柔らかくてきれいな部分に自然と寄り添えるんじゃないかと思ったんです。

それは、やっている僕らにとっても。「そうだ、このためにこの仕事始めたんだ」とか、そういう気持ちに自然と向き合いながら、楽しさや幸せを届けられる作品になったと思うので、ぜひ素直な気持ちで、幸せになりに来てほしいなと思います!・・・(植田さんを見て)こんな感じでよろしいですか?

植田:なんで俺に聞くのよ(笑)?

長江:昨日LINEで送ってもらったとおりにしゃべったんですけど・・・。

磯野:(爆笑)!!

――磯野さん、ゲラって言っておられましたけど、本当にいい笑い方しますね。

上田:ですよね。

植田:本当におもしろい時のイソの笑いは、すごくいい。

長江:イソが笑ってくれたり、お二人が楽しんでくれていることで、僕はなんだか拍車がかかってしまうんです。いつか本当に怒られるんじゃないかと想いながら(笑)。

――新たな仲間を迎えての、ヘタミュ新作を楽しみにしております。

磯野:はい!とにかく泣いて笑って、感動していただけたらなと思います。全力でがんばりたいと思います。

上田:各キャラの働きも、ヘタミュだなと思うので。特にお兄さんたちが汗だくになりながら本当すごいことをやっていらっしゃるので、崚行が言った最後15分まで、みんなで積み上げていきますので、ぜひ楽しんでください!

植田:人間って、感動を覚えては、少し時間が経つとそれを心の隅っこにやって、また新しい刺激を受けては「前にもこんなこと感じたな」と思い出す、そんな繰り返しをしている生き物じゃないですか。この作中でもそういうことがあったりするんですけど、でも、それでいいのかなと思うんですよ。「ファンタスティックワールドショー」という、このカタカナ英語の物語を、皆さんの心にダイレクトに届けられたら、僕らのやっていることは間違いじゃないと思えるのかなと思います。

長江:17歳の頃からがむしゃらに走ってきて、年齢を重ねて、また皆様とお会いできること、後輩ができたことも、当たり前じゃないんですよね。このタイミングでヘタミュがイソに出会えたことは運命的なものなんだろうと思いますし、この先もヘタミュを続けていく上で絶対に忘れちゃいけないものを、改めて「目の当たりにできた」という感覚があります。

僕らにとって、すごく大きな分岐点になる作品なんじゃないかと思っているので、心して挑みますし、その上で隅々まで楽しめたらいいな。そんな時間を皆様と共有できるのを、心から待ちわびております。劇場で、そして、配信で、一緒にその時間を楽しめたらいいです。

(取材・文・撮影/エンタステージ編集部 1号)

\U-NEXTでライブ・アーカイブ配信あり!5公演通しチケット(特典ブロマイドセット付き)あり/

<5公演通しチケット(特典ブロマイドセット付き)>
1:5公演のうち、いずれかの公演を選択します。
2:作品詳細にある[チケットを購入]を選択します。
3:確認画面に単日チケットと5公演通しチケットの選択肢が表示されます。
4:5公演通しチケットを選択すると購入が確定します。

4月9日 12:30公演(大阪・昼の部)

4月9日 17:30公演(大阪・夜の部)

4月10日 13:00公演(大阪千秋楽)

4月23日 11:30公演(東京大千秋楽・昼の部)

4月23日 16:00公演(東京大千秋楽・夜の部)

■過去作も見放題配信中!
視聴ページ▶https://video.unext.jp/(※U-NEXTに遷移します)

関連記事

エンタステージとU-NEXTがタッグを組み、役者さんの好きな映像作品をご紹介していただく新企画【僕のリレキ by U-NEXT】。第一回は、ミュージカル『ヘタリア』シリーズ(通称「ヘタミュ」)でイタリア役を演じている長江崚行さんにご登場いた[…]

【僕のリレキ by U-NEXT】長江崚行がおすすめ作品を紹介!ミュージカル『ヘタリア』も一挙配信
関連記事

エンタステージとU-NEXTがタッグを組み、役者さんの好きな映像作品をご紹介していただく新企画【U-NEXTの歩き方】。第二回は、前回の長江崚行さんと同じくミュージカル『ヘタリア』シリーズ(通称「ヘタミュ」)に日本役として出演し続けている植[…]

ライブ配信

配信プラットフォーム:「U-NEXT」

対象公演

【1】4月9日12:30公演(大阪公演・昼の部)
【2】4月9日17:30公演(大阪公演・夜の部)
チケット販売期限:4月16日20:00まで
見逃し配信視聴期限:4月16日23:59まで

【3】4月10日13:00公演(大阪千秋楽公演)
チケット販売期限:4月17日20:00まで
見逃し配信視聴期限:2023年4月17日23:59まで

【4】4月23日11:30公演(東京大千秋楽公演・昼の部)
【5】4月23日16:00公演(東京大千秋楽公演・夜の部)
チケット販売期限:4月30日20:00まで
見逃し配信視聴期限:4月30日23:59まで

チケット価格

1公演視聴チケット:各 3,700円(税込)
5公演通しチケット:14,800円(税込)※通しチケット特典ブロマイドセット付

5公演通しチケット購入方法

・5公演のうち、いずれかの公演を選択
・作品詳細にある[チケットを購入]を選択
・確認画面に単日チケットと5公演通しチケットの選択肢が表示
・5公演通しチケットを選択すると購入確定
※各ライブ配信終了後、視聴期限まで見逃し配信の視聴が可能
※すべての配信はマルチアングル配信となり、「スイッチング映像」と「全景映像」を自分で切り替えることが可能
※大阪公演ライブ配信それぞれの見逃し配信視聴期限以降に5公演通しチケットを購入しても大阪公演分の見逃し配信は視聴できないためご注意を
※「通しチケット特典ブロマイドセット」詳細については後日発表
※受け取り方法は、5公演通しチケットをご購入したU-NEXTメインアカウントに登録されているメールアドレスに送付される

特典映像

【1】キャスト初日メッセージ映像A<イタリア/ドイツ/日本/アメリカ/イギリス>
【2】キャスト初日メッセージ映像B<フランス/中国/スペイン/プロイセン/オランダ>
【3】稽古場ぷちメイキング映像
【4】キャストぷち座談会映像
【5】キャスト“生”コメント映像 ※当日リアルタイム中継

┃U-NEXTでミュージカル『ヘタリア~The world is wonderful~』独占配信開始!

┃U-NEXTでミュージカル『ヘタリア~The world is wonderful~』独占配信開始!

■過去作も見放題配信中!
視聴ページ▶https://video.unext.jp/
※U-NEXTに遷移します

ミュージカル『ヘタリア~The Fantastic World~』公演情報

上演スケジュール

【大阪公演】2023年4月7日(金)~4月10日(月) 東大阪市文化創造館 Dream House 大ホール
【東京公演】2023年4月15日(土)~4月23日(日) 日本青年館ホール

スタッフ・キャスト

【原作】「ヘタリア World★Stars」日丸屋秀和(集英社「少年ジャンプ+」連載)
【演出】吉谷晃太朗
【脚本】なるせゆうせい
【振付】MAMORU
【音楽】tak

【出演】
イタリア役:長江崚行、ドイツ役:上田悠介、日本役:植田圭輔
アメリカ役:磯貝龍乎、イギリス役:廣瀬大介、フランス役:寿里
中国役:杉江大志、スペイン役:山田ジェームス武、プロイセン役:高本学、オランダ役:磯野亨

<アンサンブル>
仲田祥司、町田尚規、伊東征哉、山口渓、松崎友洸、安久真修、丸山武蔵、船橋拓幹

公式サイト

【公式サイト】https://musical-hetalia.com/
【公式Twitter】@hetamu_official

(C) 日丸屋秀和/集英社・ミュージカル「ヘタリアFW」製作委員会


U-NEXTで舞台を見るには?無料トライアルあり!利用方法・料金プラン・解約方法

関連記事

国内最大級の映像配信サービス、U-NEXT(ユーネクスト)。U-NEXTでは約25万本の見放題配信コンテンツを保有しています。最近では舞台コンテンツの配信が増え、見放題配信のほか、レンタル配信(ライブ配信含む)なども行っています。本記事では[…]

U-NEXTで舞台を見るには?無料トライアルあり!利用方法・料金プラン・解約方法【徹底ガイド】
チケットぴあ
長江崚行×上田悠介×植田圭輔×磯野亨インタビュー!ミュージカル『ヘタリア~The Fantastic World~』は「ヘタミュにとっての大きな分岐点になりそう」
最新情報をチェックしよう!
テキストのコピーはできません。