キ上の空論 獣三作 一作め『けもののおとこ』


あらすじ

堀矢未衣は少年時代、父親に“女に選ばれる男”になるよう教育されました。
仕事や恋愛、趣味、人生観や美学など、様々な角度から“男”をレクチャーしていく父親でしたが、
未衣は、母親に浮気されてシングルファザーになった父親を、心のどこかで見下していました。
母親の事をバグ、エラー、欠陥商品と呼ぶ父親は、執着しているようにも見えました。
父親の想いが功を奏したのか、未衣が中学生になると、周りの女子は、
洗練された大人っぽい未衣の姿に惹かれます。
しかし未衣自身はそれらに興味がありません。
ある時、未衣は友達の世良総司から『隣のクラスの女子に告白された』と相談を受けます。
気になった未衣は世良に内緒でその女子に近づき、その女子と付き合ってしまいます。
これが未衣の初めての彼女でした。
父親の言葉が浮かびます。
『一番いい女を選ぶ。他は捨てる。』
未衣は父親が望む通り、手あたり次第の女子と関係を結んでは捨てていきます。
やがて未衣は、気持ちのコントロールが効かなくなってしまいます。
未衣は自分の気持ちに蓋をしたまま生きていきます。

公演情報

上演スケジュール

2024年3月23日(土)~3月31日(日)
紀伊國屋ホール

出演

室龍太
今江大地

健人 阿部快征
井尻晏菜 林田真尋
黒木美佑 岩井七世

丸山敦史

久ヶ沢徹

スタッフ

【作・演出】中島庸介(キ上の空論)

ほか

主催

キ上の空論/SET/ABC&SET

公式リンク

公式サイト:https://kijyo-kemono.com/
公式Twitter:@kijyooo

[PR]






チケットぴあ
2024年3月、キ上の空論 獣三作 一作め『けもののおとこ』が上演。室龍太、今江大地、健人らが出演。
最新情報をチェックしよう!
テキストのコピーはできません。