舞台『陽だまりの樹』2021


2021年3月5日~3月28日

7 MEN 侍/ジャニーズJr.菅田琳寧の初主演!今に重なる、時代の転換期、幕末を舞台に、殺陣や歌をおりまぜおくる青春劇

時は江戸時代、幕末。
黒船来航以降、島国日本は開国派、攘夷派、保守派、尊王派、倒幕派と様々な者たちが現れての激動の時代。小石川に住む蘭方医、手塚良仙(中西良太)の息子として生まれた良庵(菅田琳寧)はお調子者の若者だ。世間の騒動など御構いなしに、暇を見つけては弟弟子(阿達慶)と兄弟子(太田将熙)を伴って馴染みの蕎麦屋で油を売っているが、それでも医術の心意気は誰にも負けない強さを持っている。
或る日の帰り道のことだった。「西洋かぶれの蘭方医は死ね」と笠を被った数人の侍に襲われた。現場を通りかかった府中藩士の伊武谷万二郎(早乙女友貴)によって事なきを得たが、襲撃した者たちが国内の医療を一手に束ねていた漢方医たちの差し金だとわかったことで時代の荒波に飲まれたことを知る良庵だった。
幕末に生きた名もなき一人の若き蘭方医が叫ぶ。
「漢方も蘭方もねえんだよ――。オレは人の命を助けたいだけだ」

徳川幕府に忠誠を誓い生真面目且つ不器用な万二郎はこの日、やたらと明るく熱い男(良庵)と出 会った。二人は腐れ縁となり、偶然にもおせき(日比美思)という女性に恋をしていた恋仇と判明する。時代に翻弄されながら時には衝突をし、笑いあった。勝海舟(ダンカン)との出会いによって時代の裏に隠されていた真相を知る2人。
そのとき2人の運命は・・・。
樹齢二百五十年の桜の樹がそんな二人の姿を見つめていた。

詳細情報

公演期間 東京:2021年3月5日~3月14日
大阪: 2021年3月27日~3月28日
劇場 東京:ヒューリックホール東京
大阪:梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ
キャスト 菅田琳寧(7 MEN 侍/ジャニーズJr.)
早乙女友貴
日比美思
阿達慶(ジャニーズJr.)
太田将熙
近江谷太朗
我善導
高木トモユキ
中西良太
ダンカン
スタッフ 原作:手塚治虫
上演台本・演出:樫田正剛(方南ぐみ)
ほか
主催 東京:エイベックス・エンタテインメント
大阪:リバティ・コンサーツ
公式サイト https://hidamari-stage.jp/
チケットぴあ
最新情報をチェックしよう!
テキストのコピーはできません。