舞台『文豪とアルケミスト』第7弾は白樺派が勢ぞろい!東京公演は新劇場シアターHのこけら落とし公演に


2024年月6に東京・京都で上演される舞台『文豪とアルケミスト 旗手達ノ協奏(デュエット)』の出演者、および、あらすじが発表された。

上演は、6月6日(木)から6月16日(日)まで東京・シアターH、6月21日(金)から6月23日(日)まで京都・京都劇場にて。なお、新劇場シアターHでは本作がこけら落とし作品となる。

「文豪とアルケミスト」とは?

「文豪とアルケミスト」は、人々の記憶から文学が奪われる前に、文豪と共に敵である“侵蝕者”から学書を守りぬくことを目指すDMM GAMESで配信中の文豪転生シミュレーションゲーム。

舞台7作目となる本作では、志賀直哉が強大な侵蝕者を前に、かつての友・小林多喜二と白樺派の同志たちとの間で揺れる葛藤を描く。

谷佳樹、杉江大志ら演じる白樺派勢ぞろい

今作の主軸を担う白樺派のメンバーとして、志賀直哉役を谷佳樹、武者小路実篤役を杉江大志が演じるほか、有島武郎役の杉咲真広、里見弴役の澤邊寧央が続投することも決定。初めて白樺派が全員揃っての出演となる。

そして、小林多喜二役には泰江和明(舞台『呪術廻戦』伏黒恵役、『進撃の巨人』-the Musical-マルコ・ボット役など)、石川啄木役櫻井圭登(舞台『刀剣乱舞』肥前忠広役、ミュージカル『スタミュ』辰己琉唯役など)、高村光太郎役には松井勇歩(舞台『憂国のモリアーティ』ジョン・H・ワトソン役、舞台『刀剣乱舞』亀甲貞宗役など)、広津和郎役には新正俊(舞台『フルーツバスケット』真鍋翔役、MANKAI STAGE『A3!』兵頭九門役など)が決定。

チケットは、3月22日(金)19:00よりオフィシャル最速先行の受付がスタート。

舞台『文豪とアルケミスト ノ協奏(デュエット)』

上演スケジュール

【東京公演】2024年6月6日(木)〜6月16日(日) シアターH
【京都公演】2024年6月21日(金)〜6月23日(日) 京都劇場

<アフタートーク開催日>
【東京公演】6月7日(金)14:00公演/6月11日(火)13:00公演/6月12日(水)18:00公演/6月13日(木)13:00公演
【京都公演】6月21日(金)18:00公演/6月22日(土)17:30公演

チケット

【料金】全席指定:10500円(税込)

<チケット販売スケジュール>
【オフィシャル最速先行】
受付:3月22日(金)19:00~3月31日(日)23:59
https://eplus.jp/bunal7-of/

スタッフ・キャスト

【出演】
志賀直哉:谷佳樹
武者小路実篤:杉江大志
有島武郎:杉咲真広
里見弴 :澤邊寧央
石川啄木:櫻井圭登
高村光太郎:松井勇歩
広津和郎 :新正俊
小林多喜二 :泰江和明

【監修】DMM GAMES
【世界観監修】イシイジロウ
【脚本】なるせゆうせい(オフィスインベーダー)
【演出】吉谷晃太朗
【音楽】坂本英城(ノイジークローク)

あらすじ

文学作品を守るためにこの世に再び転生した文豪たち。
その中心には白樺派がいた。

しかし、長く続く侵蝕者との戦いが、歴戦の栄光に小さな翳りを落とす。
その根幹が見出せない彼らを嘲笑うかのように侵蝕は広がり、小さな綻びは大きな窮地に。
そんな時、志賀直哉の脳裏に浮かんだのは、かつて巨大な敵に文学で立ち向かった小林多喜二だった。
今後の戦いの激しさを憂い小林の転生を目論む志賀だったが、その間にも有碍書は増え続け・・・。
危機が迫る中も挫けず、現状を打開する策を練る志賀。それを武者小路実篤ただ一人がそっと遠くから見守っていた――。

公式サイト

【公式サイト】http://bunal-butai.com/
【公式X(Twitter)】‎@bunal_butai

(C) 2016 EXNOA LLC / 舞台「文豪とアルケミスト」7製作委員会

※この物語は、フィクションです。実在する人物や団体、政治、宗教、出来事等とは一切関係ありません。

[PR]






チケットぴあ
最新情報をチェックしよう!
テキストのコピーはできません。