『メディア/イアソン』開幕!井上芳雄「知れば知るほど得るものがある深い戯曲」


2024年3月12日(火)に、『メディア/イアソン』が開幕した。本作は、ギリシャ悲劇の「メディア」を、脚本・フジノサツコ、演出・森新太郎のタッグで再構築する新作舞台。井上芳雄、南沢奈央、三浦宏規、水野貴以、加茂智里の5名が出演する。

『メディア/イアソン』開幕!井上芳雄「知れば知るほど得るものがある深い戯曲」

上演は、東京公演が3月12日(火)から3月31日(日)まで東京・世田谷パブリックシアターにて。また、4月4日(木)から4月6日(土)まで兵庫・兵庫県立芸術文化センター 阪急 中ホールにてツアー公演も行われる。上演時間は約2時間(休憩時間なし)を予定。

チケットの購入はこちら

『メディア/イアソン』開幕!井上芳雄「知れば知るほど得るものがある深い戯曲」

ギリシャ悲劇『メディア』とは?

「メディア」は、古代ギリシャの劇作家・エウリピデスが記したギリシャ悲劇。夫イアソンの裏切りによって、我が子を殺めるという王女メディアの凄惨な復讐劇は、世界各国で数多くの舞台や映画の題材に取り上げられてきた。

『メディア/イアソン』開幕!井上芳雄「知れば知るほど得るものがある深い戯曲」

脚本のフジノは、メディアとイアソンが、まるでロミオとジュリエットのように幾多の障害を乗り越えながら愛を成就する経緯を作品の前半に置くことで、後半の復讐劇をより際立たせていく構成を取り、太陽のような存在であった二人が悲惨な結末を迎えるに至るまでの顛末を、二人の間に産まれた三人の子どもたちの視点を通して描いた。

『メディア/イアソン』開幕!井上芳雄「知れば知るほど得るものがある深い戯曲」

『THE BIG FELLAH ビッグ・フェラー』(2014年)、『管理人』(2017年)、『The Silver Tassie 銀杯』(2018年)、世田谷パブリックシアター×東京グローブ座『エレファント・マン THE ELEPHANT MAN』(2020年)などで数々のドラマティックな演劇空間を創り上げてきた森が、ギリシャ悲劇ならではの壮大な神話世界の表現に取り組んだ。

以下、開幕にあたり届いた出演者からのコメントを紹介する。

『メディア/イアソン』開幕!井上芳雄「知れば知るほど得るものがある深い戯曲」

開幕コメント

演出:森新太郎

『メディア/イアソン』開幕!井上芳雄「知れば知るほど得るものがある深い戯曲」

私が希求していた『メディア/イアソン』の劇世界に、ようやく辿り着いたと思えた初日でした。おとぎ話のようでもあり、同時に生々しい人間ドラマでもある。この絶妙のバランスを追求すべく、美術・照明・音響・衣裳・ヘアメイク・振付・5人の俳優・・・すべての分野の人たちが力を出し尽くしてくれました。特に井上君をはじめとする若き俳優陣の限界知らずのパッションと軽やかさには、感動すら覚えています。

フジノサツコさんが構想した「アルゴナウティカ」と「メデイア」の融合が、私には本当に刺激的で、大いに演出欲を掻き立てられました。このような叙事的な語り口で、メディアとイアソンの物語が上演されたことはかつてなかったのではないでしょうか。淡々と、しかし容赦のない速いスピードで、2人の愛の行く末が描かれます。

ぜひとも多くの方々に、我々の新しいギリシャ悲劇を体感していただき、感想を伺えたらと思います。劇場にて、お待ちしております。

井上芳雄

『メディア/イアソン』開幕!井上芳雄「知れば知るほど得るものがある深い戯曲」

物語の展開に合わせて、観客の皆さんの集中力が終幕に向けて段々と高まっていく・・・いまだかつてない、特別な2時間でした。

森さんの強い情熱と、細部にまでこだわりぬく演出に率いられ、稽古を重ねてきました。演劇は、才能だけでも、情熱だけでも、そして一人だけでもできない。みんなで積み重ねていく過程が面白いんだな、それが好きなんだな、と再確認した稽古期間でした。

イアソンはこれまでに演じたことのない役どころで、とても新鮮です。演じれば演じるほど、知れば知るほど得るものがある、深い戯曲ですが、現代の我々にも通じるところも多く、近寄りがたい物語ではありません。構えず、気負わずにご覧いただき、思ったように感じていただけたら嬉しいです。

南沢奈央

『メディア/イアソン』開幕!井上芳雄「知れば知るほど得るものがある深い戯曲」

初日を迎え一旦完成したこの作品が、これから回を重ねるごとに更に変化していくんだろうなと、ワクワクしています。客席には緊張感がありましたがお客様の集中力が伝わってきて、膨大な台詞もギリシャ劇ならではの難しい言葉も、観て聴いてくださっているのがわかり、嬉しく感じました。

森さんが仰っていたように、この作品には今の人たちと変わらない普遍的なものが含まれていて、物語として共感していただけると思いますし、心を動かす瞬間があると思います。ギリシャ劇だからとあまり気負わずに、演劇ならではの表現を楽しんでいただきつつ、それぞれの登場人物のストーリーを感じ取っていただけたら嬉しいです。

三浦宏規

『メディア/イアソン』開幕!井上芳雄「知れば知るほど得るものがある深い戯曲」

客席の皆さんがどう受け止めてくださるのか、楽しみ半分、不安半分で迎えた初日。
でも、緊張し過ぎて客席のことが気にならなくなるほどだったのですが、その分『メディア/イアソン』の世界に集中して挑むことができました。カーテンコールで明かりが点いた瞬間、客席の皆さんの拍手や表情から、この壮大な物語をお届けすることができたんだなとほっとしました。

森さんの演出作品には初めて出演させていただきましたが、学びの多い、充実した稽古期間でした。僕にとって、次のステップへと踏み出す貴重な経験をいただけたと感謝の気持ちでいっぱいです。

難しく考えずご覧いただける作品に仕上がっているかと思うので、ぜひたくさんの方にご観劇いただきたいです。

水野貴以

『メディア/イアソン』開幕!井上芳雄「知れば知るほど得るものがある深い戯曲」

皆で温めてきた『メディア/イアソン』がついに幕を開けました。黒を基調とした舞台にたった5人のキャスト。所狭しと走り回る空間の広いこと!けれど不思議と不安は無く、その広い空間と5人のキャストの間にそれまで皆で作り上げてきた確かな温かさみたいなものがぎゅっと詰まり守ってくれているような感じがして。そこへお客様が入ったことの充実感、今ここに居る幸せが相まって、いつまでも心に留めておきたい初日となりました。

開演前、あまりの緊張に演出の森さんの所へ助けを求めに行くと「水野にかかってるぞ!」と森さんらしい冗談で和らげてくれて(笑)。また頼もしい出演者の皆にも気持ちをほぐしてもらい、その一つ一つに愛が溢れて止まらないです。

加茂智里

『メディア/イアソン』開幕!井上芳雄「知れば知るほど得るものがある深い戯曲」

ご本人には内緒にしておりましたが、井上芳雄さんと同じステージに立つのが夢でした。まさかこんな日がくるとは思いませんでした。初日を終えて、お客様お一人お一人がとても真剣に観劇してくださっていたのを感じました。芳雄さん、奈央さん、三浦さん、貴以さん。舞台上で4人の家族を見つめる気持ちは、どこかメディアがイアソンに抱く恋心
に似たものがあります。森新太郎さんと共に何度も稽古を重ねた『メディア/イアソン』、最後までお楽しみいただけましたら幸いです。

『メディア/イアソン』公演情報

上演スケジュール

【東京公演】2024年3月12日(火)~3月31日(日) 世田谷パブリックシアター
【ツアー公演・兵庫】2024年4月4日(木)~4月6日(土) 兵庫県立芸術文化センター 阪急 中ホール

チケット

スタッフ・キャスト

【原作】
「アルゴナウティカ アルゴ船物語」作:アポロニオス 翻訳:岡道男
「メデイア」作:エウリピデス 翻訳:中村善也

【脚本】フジノサツコ
【演出】森新太郎

【出演】
井上芳雄 南沢奈央 三浦宏規 水野貴以 加茂智里

公式サイト

【公演サイト】https://setagaya-pt.jp/stage/2164/

[PR]






チケットぴあ
『メディア/イアソン』開幕!井上芳雄「知れば知るほど得るものがある深い戯曲」
最新情報をチェックしよう!
テキストのコピーはできません。