森新太郎×吉田羊の『ハムレットQ1』全キャスト発表!赤い糸絡まるメインビジュアルは不穏な雰囲気


吉田羊の主演舞台 PARCO PRODUCE 2024『ハムレットQ1』の全キャストが発表され、メインビジュアルが公開された。本作は、シェイクスピア『ハムレット』戯曲の原型とも言われる「Q1版」を、松岡和子の新訳、森新太郎の演出で上演するもの。

シェイクスピアの四大悲劇の一つに数えられる『ハムレット』には3種類の原本があり、二つの四折版(Quatro)がQ1とQ2、もう一つの二折本(Folio)がF1と呼ばれている。現在では、Q1(1603 年刊行/約 2,150 行)が、Q2(1604~1605 年刊行/約3,700行)の原型ではないかという説も多く、Q2 は草稿版、F1(1623 年刊行/約3,550行)が当時の劇団保管の演出台本で、Q2 を参考に制作されたとも言われている。

主演の吉田と演出の森は、2021年に上演された『ジュリアス・シーザー』でタッグを組んでおり、吉田が同作で第 56 回紀伊國屋演劇賞個人賞を受賞するなど高い評価を得た。今回は、長さが現行のF1版の約半分、物語が凝縮されたQ1版で、正義と復讐のために真っすぐに生き抜いた男と、陰謀渦巻くデンマーク王家の物語を激しく描き出す。

吉田とともに、飯豊まりえ、牧島輝、大鶴佐助、広岡由里子、吉田栄作の出演が発表されていたが、新たに佐藤誓、駒木根隆介、劇団「柿喰う客」の永島敬三らの参加が決定。

また、公開されたメインビジュアルは、陰謀や復讐に掻き乱される登場人物たちの運命を“絡まる赤い糸”で表現し、不穏な雰囲気を感じさせる仕上がりとなった。

PARCO PRODUCE 2024『ハムレットQ1』は、5月11日(土)から6月2日(日)まで東京・PARCO劇場にて上演後、大阪、愛知、福岡を巡演する。

あらすじ

デンマーク王が急死、王の弟クローディアスが王妃と結婚して王の座につく。
悲しみに沈むデンマーク王の息子の王子ハムレットはある日、父の亡霊と会い、その死がクローディアスによる毒殺だと知る。
ハムレットは狂気を装い、復讐を誓うのだった・・・。

PARCO PRODUCE 2024『ハムレット Q1』公演情報

上演スケジュール

【東京公演】2024年5月11日(土)~6月2日(日) PARCO劇場
【大阪公演】2024年6月8日(土)・6月9日(日) 森ノ宮ピロティホール
【愛知公演】2024年6月15日(土)・6月16日(日) 東海市芸術劇場 大ホール
【福岡公演】2024年6月22日(土)・6月23日(日) 久留米シティプラザ ザ・グランドホール

スタッフ・キャスト

【作】ウィリアム・シェイクスピア
【訳】松岡和子
【演出】森新太郎

【出演】
吉田羊 飯豊まりえ 牧島輝 大鶴佐助 広岡由里子 佐藤誓 駒木根隆介 永島敬三
青山達三 佐川和正 鈴木崇乃 高間智子 友部柚里 西岡未央 西本竜樹/吉田栄作

公式サイト

【公式サイト】https://stage.parco.jp/program/hamletQ1

[PR]






チケットぴあ
森新太郎×吉田羊の『ハムレットQ1』全キャスト発表!赤い糸絡まるメインビジュアルは不穏な雰囲気
最新情報をチェックしよう!
テキストのコピーはできません。