サッカー漫画『ブルーロック』2023年5月に舞台化!出演に竹中凌平、佐藤信長ら


エゴイストFW育成サッカー漫画「ブルーロック」が、2023年5月に舞台化されることが決定した。

「ブルーロック」は、2018年より「週刊少年マガジン」(講談社)で連載中の、金城宗幸(原作)、ノ村優介(漫画)による人気サッカー漫画。2022年12月時点の累計発行部数は1500万部を突破し、第45回講談社漫画賞少年部門受賞している。2022年10月よりTVアニメが放送開始されるなどメディアミックスがされているが、この度、初舞台化を果たす。

主人公・潔世一を演じるのは、『家庭教師ヒットマンREBORN!TheSTAGE』の沢田綱吉役や、『あんさんぶるスターズ オン・ステージ!』の明星スバル役などで知られる竹中凌平。蜂楽廻役にはミュージカル『⼑剣乱舞』で源清麿役を演じる佐藤信長。

國神錬介役には『ヒプノシスマイク-Division Rap Battle- Rule the Stage』シリーズの山田二郎役の松田昇大。千切豹馬役には『あんさんぶるスターズ!THE STAGE』シリーズで守沢千秋役を演じる佐伯亮。

脚本・演出は舞台『東京卍リベンジャーズ』シリーズなどを手掛ける伊勢直弘が担当する。このほかの詳細は、続報を待とう。

舞台『ブルーロック』あらすじ

世界一のエゴイストでなければ、世界一のストライカーにはなれない。
日本をW杯優勝に導くストライカーを育てるため、日本フットボール連合はある計画を立ち上げるところから始まる。
その名も“ブルーロック(青い監獄)”プロジェクト集められたのは300人の高校生。しかも全員FW。
299人のサッカー生命を犠牲に誕生する、日本サッカーに革命を起こすストライカーとは?
今、史上最もアツく、最もイカれたサッカーが開幕する――。

コメント紹介

◆竹中凌平(潔世一役)

初めまして。この度、舞台『ブルーロック』で潔世一役を務めさせていただきます竹中凌平です。
まだまだワールドカップの興奮が冷めやらぬ今日。この様な発表が出来ること、とても嬉しく思います。
何事に置き換えても、本気で物事に向き合っている人間の努力は凄まじいものです。
しかし、そこには必ず勝敗が伴い、努力が必ず報われるとは限りません。
時には、他人を蹴落とさなければいけないときがあるかも知れません。
僕が身を置いている世界でも、口には出さずとも、その構図は如実に現れます。
だからこそ、この登場人物達の言葉が痛いほど胸に刺さりました。
この物語を、潔君の眼を通して生きていく中で、これからを生き抜く人生のヒントを見出したいと思います。
「ただ面白い」だけではない、この作品のメッセージを、舞台を通して全力でお届けします。
それでは!劇場でお会い出来る日を楽しみにしています!

◆佐藤信長(蜂楽廻役)

蜂楽廻を務めさせていただきます。佐藤信長です。大変人気のあるこの「ブルーロック」という作品の舞台にこれから携わることができることを、本当に嬉しく、楽しみにしています。
僕自身の性格と蜂楽の性格、プレー中には人が変わるところが、自分の趣味やスポーツをする時に共通する部分があるように感じているので、原作へのリスペクトを忘れずに、僕だけの蜂楽廻を作り上げられたらと思っております。
W杯に負けないくらい盛り上げていきます!よろしくお願いします。

◆松田昇大(國神錬介役)

エゴイストの最高潮、ブルーロックの世界に舞台で参加することがとても楽しみで仕方ありません。
漫画リリース当初、友達に勧められて読み始め、いつのまにか虜になっていた作品にまさか携われるとは思ってもみませんでした。W杯でアツい戦いが繰り広げられ、サッカーの素晴らしさを体感したからこそ感じられるものを皆さんと共有できればと思っております。身体作り頑張ります!!

◆佐伯亮(千切豹馬役)

この度、千切豹馬を演じさせていただきます。
世界がワールドカップで賑わっている今、これからブルーロックという作品に携われること、本当に嬉しく思います。
僕自身サッカー少年でしたので、勝利した時の感動や負けてしまった時の悔しさをたくさん経験してきました。
僕にしかないその経験を活かして、終わりのホイッスルが鳴り響くその瞬間まで、千切豹馬として舞台上を駆け回ります!!
どうぞよろしくお願いします。

◆伊勢直弘(脚本・演出)

今まで見たことがないような切り口を大胆に見せつつ、凄まじい熱量の展開が続く「ブルーロック」。
私自身も大好きな作品です。

サッカーという競技を通して描かれるサバイバルドラマ。
そして葛藤や苦悩、発見と成長を描くヒューマンドラマでもあると感じています。
個性だらけの登場人物たちが、アツい気持ちにさせてくれる瞬間が目白押し。
本当に目が離せない快作です。

そんな「ブルーロック」をいよいよ舞台でもお届けすることになりました。
サッカーを舞台でどう表現するかも気になるところかと思いますが、
ブルーロックのあの世界を舞台でどう表現するか。そこも楽しみにしていただければと思います。

劇場空間にそびえ立つ「青い監獄」にてお待ちしています。

舞台『ブルーロック』公演情報

上演スケジュール

【大阪公演】2023年5月4日(木)~5月7日(日) サンケイホールブリーゼ
【東京公演】2023年5月11日(木)~5月14日(日) サンシャイン劇場

スタッフ・キャスト

【原作】 原作:金城宗幸 漫画:ノ村優介「ブルーロック」(講談社「週刊少年マガジン」連載)
【脚本・演出】伊勢直弘

【出演】
潔 世一:竹中凌平
蜂楽 廻:佐藤信長
國神錬介:松田昇大
千切豹馬:佐伯亮

ほか

公式サイト

【公式サイト】https://officeendless.com/sp/bluelock_stage
【公式Twitter】 @BLUELOCK_STAGE

(C) 金城宗幸・ノ村優介・講談社/舞台「ブルーロック」製作委員会







チケットぴあ
最新情報をチェックしよう!
テキストのコピーはできません。