大竹しのぶ「劇場を出た後、誰かと3時間ぐらい話したくなる」生きづらさや違和感へのヒント見つかる『ザ・ドクター』開幕


2021年10月30日(土)に、ロンドン発の新作舞台『ザ・ドクター』が埼玉にて開幕した。11月4日(木)からは、東京・PARCO劇場での東京公演がスタートする。これに先駆け、埼玉公演の舞台写真と共に、主演の大竹しのぶ、演出の栗山民也らのコメントが届いた。

物語は、エリート医師ルース・ウルフ(大竹しのぶ)の元へ、一人の少女が運び込まれるところから始まる。イギリス最高峰の医療機関・エリザベス研究所。ルースは、その創設者だった。少女は訳あって自ら妊娠中絶を行い、敗血症を患っており、ルースはそれを看取ろうとしていた。

生死をさまよう少女のもとへ「彼女の両親から臨終の典礼を頼まれた」と神父が現れるが、ルースは面会謝絶を理由に彼の入室を拒否。このことで、ルースは世間から激しいバッシングを受ける・・・。

大竹しのぶ「劇場を出た後、誰かと3時間ぐらい話したくなる」生きづらさや違和感へのヒント見つかる『ザ・ドクター』開幕

信仰やジェンダー、階級格差、SNS問題という現代社会にはびこるテーマを取り扱いながらも、誰もが感じたことのあるような、人生の中の“生きづらさ”や“違和感”が描かれている。決して答えは一つではないが、たくさんのヒントがそこにある。観終わったあとに、つい、誰かと話し合いたくなるような作品だ。

演出を手掛ける栗山民也は戯曲を一読して、「最先端の医療現場ですら改善されていない構造的な歪み、歴史認識やジェンダー、人権をめぐる問題までが絡み合い、自分たちで築いてきた社会の仕組みに縛られ、喘ぐ人間の姿が生々しく浮かび上がる。新聞の一面から順に、トピックとなる記事をモンタージュしたような刺激的な作品」と感じたと言う。

主人公・ルースを演じる大竹しのぶは、久しぶりの現代劇といっても「ギリシャ悲劇を演じていても、シェイクスピアを演じていても、それらが現代劇ではないという感覚は、自分の中にはないです。命というものが人間にとって大きなテーマであり、医師はそこに携わる人。これまでいろいろな人が、いろいろな作品で医師役をやってきていると思いますが、奇をてらわずしっかりと演じたい。『人間である前に、医師だと思っています』というルースの台詞はあるけれども、やっぱり、ひとりの人間を、演じたいなと思っています」と語る。

奇しくも2019年にロンドン初演版を1列目の客席で観劇し、主演のジュリエット・スティーブンソンの演技に圧倒されたという大竹は、「リアリティの追求」と「言葉」を大切に、11人の俳優で濃密な人間ドラマを紡ぐ。

大竹しのぶ「劇場を出た後、誰かと3時間ぐらい話したくなる」生きづらさや違和感へのヒント見つかる『ザ・ドクター』開幕

現代社会のあらゆる問題点を抱えながら、とある医療機関で繰り広げられるパワーゲーム。ルースを取り巻く研究所の医師たちは橋本さとし、橋本淳、宮崎秋人、那須凜、久保酎吉。研究所の同僚で病院の広報担当役は村川絵梨、いわく付きの保健大臣役は明星真由美。ルースのパートナーは床嶋佳子、近所に住み心を通わせるティーンエイジャー役は天野はな。そして、事件のキーパーソンとなる神父と少女の父親の2役を益岡徹が演じる。

宗教問題や人種差別は、我々日本人にとっては遠く聞こえるかもしれない。だが、様々な立場や考えを持った本作の登場人物たちの誰かしらに共感し、違和感を持つことで、これまでの自分を見つめ直し、新たな自分と出会える。たった1人の医師を取り巻くいくつものもめ事・・・それは、まるで現代社会の縮図のようだ。

自らのアイデンティティをめぐり、さまざまな思惑が交錯し、怒涛の言葉の応酬が繰り広げられるあっという間の3時間。それぞれに、劇場で“今”を考えるひとときを過ごしてみては。

『ザ・ドクター』
『ザ・ドクター』

パルコ・プロデュース2021『ザ・ドクター』東京公演は、11月4日(木)から11月28 日(日)まで東京・PARCO劇場にて上演。その後、兵庫、豊橋、松本、北九州を順延する。

(撮影/宮川舞子)

コメント紹介

◆栗山民也
彩の国の劇場で初日を開け、今、自宅に向かっているところ。いろんな場面のいろんなセリフが、今も容赦なくこちらに向かってくる。登場人物たちの多くの問いかけが、エンドレスに繰り返される。
現代という時代を輪切りにしたような言葉の戯曲と格闘したこの数週間の時間が、だがなんとも心地よい疲労感の中に少しずつ溶けていくようだ。時代と向き合うことから目を背けず、ぐっと近距離まで近づいて見ることの覚悟を、この作品から学んだように思う。なんだか、とてつもなく熱く鋭利な一つの塊に出会ったような感じ。
「演劇は、時代を映す鏡である」という馴染みの一文が、また新たな声で深く響いている。

◆大竹しのぶ
これほどスリリングな舞台になるとは思ってもみませんでした。この緊張感がたまらなく楽しいです。劇場を出た後に、誰かと3時間ぐらいは話したくなるような芝居です。人間について、それを取り巻く社会について。あらゆることに無関心、無自覚に生きてきたことを痛感します。劇場は様々なことを教えてくれる場です。今、そこで生身の人間が言葉を交わし、その場で人生が変わってゆくのを目の当たりにすることが出来るのです。だからやっぱり演劇は面白いなと、改めて思える作品です。

◆橋本さとし
ついに幕が上がりました。しかし答えは出ていません。そう、この芝居には答えがないのです。あえて言うなら、一瞬一瞬に起こる事、感じる事が答えです。善も悪もなく、各々の主義主張が正義なのです。これは役者にとってかなり高いハードルで毎回がスリリングで集中力を要します。対立する役柄とは裏腹にカンパニーの結束力は日々高まっております。ぜひそんなヒリヒリとした空間で「言葉の力」を楽しんでください。

◆村川絵梨
2021年もいろいろありましたね。今日初日を迎えられたこと、いまこの作品を上演出来ること、本当に嬉しく思います。
稽古期間中、数々の台詞に何度もハッとさせられ気付かされ、考えさせられました。今、目撃して頂きたい!そんなお芝居です。最後まで意義を持ってステージに立ち続けたいと思います。劇場でお待ちしてます!!

◆橋本淳
現実をそのまま映したような作品。演劇でありながら演者である私たちは、まるで日常を生きているかのようになるべく稽古を積んできました。その瞬間瞬間に起きることが、生であればあるほどきっと多くのモノが届くと信じています。現代社会が抱える目を背けたくなる問題に、真正面から切り込む本作。どうか多くの方に、届きますように。ガラスのように脆く儚い、しかし熱い時間を、丁寧に紡いでいきたいと思います。まずは開幕出来たことが、本当に幸せです。

◆宮崎秋人
稽古場で毎日行われた抗原検査や、定期的なPCR検査のお陰もあり、常に新型コロナウイルスに気をつける姿勢を持ちながら今日まで来ました。ホッとしています。この作品が持つ”問いかけ”。これは、是非誰かと共有してほしいなと思います。日本ではこの作品の中にある問題というのはやはり遠いモノで、それを誰かと共有して話し合うことで身近になると思います。そうして初めてこの作品を日本でやる意義があるのかなと。僕自身、この作品に勉強する機会を与えてもらって今後の世界の見方が変わっていくと思います。

◆那須凜
皆様のおかげで『ザ・ドクター』無事に幕が上がりました。お客様の拍手を聞いて、お芝居を生で観ていただくことの有り難み、そして何より現代の問題を鋭く突いたこの作品を今、上演出来ることの素晴らしさを改めて実感いたしました。今後いらっしゃるお客様にも、多種多様な問題に一緒に悩み考えて頂けたら嬉しいです。お客様と一緒に成長していくであろう『ザ・ドクター』どうぞお楽しみに!

◆天野はな
毎日必死に向き合ってきたこの作品を無事にお客様の元へお届けできる喜びで胸がいっぱいです。初日を迎えた今、『ザ・ドクター』という作品には、この時代を生きる皆様に聞いて欲しいと願う言葉がたくさん詰まっていると改めて実感しています。その言葉が届くよう、千秋楽まで日々丁寧に作り上げていきたいと思っておりますので、どうぞお楽しみに!劇場でお待ちしております。

◆久保酎吉
初日が開きました。ラウンドにあがるボクサーのような、高揚感と緊張で闘い、ヘロヘロになりましたが、カーテンコールの熱い拍手に包まれ、今はとにかくホッとしています。役者の闘い様、是非、体感しに劇場に来て下さい、「最後に選ぶのは、あなたです。」

◆明星真由美
舞台袖で共演者のシーンを見ながら、こういうお芝居を日本で上演出来る事を演劇人として喜びに思いました。終わった後、観た人達が個々の価値観を交換するまでが作品の一部であるような。あの人が許せなかった、あの人の気持ちはわかる、などなど、自分とは違う意見に出会う事が演劇の一つの意味であることを改めて思いました。この後、最後のワンステージまで、我々もまたああだこうだ交換しながら作品を進化させて行きたいと思います。

◆床嶋佳子
この台本を初めて読ませていただいた時のワクワク感!そしてきっとスリリングな作品になるのではないか?と思ったその予感は間違いなかったです!本日初日を終え観客の皆様の食い入るような目線、カーテンコールの温かな拍手!
大竹さんをはじめキャスト全員本当に皆さん素敵です!私はこのチームに携われて本当に嬉しいです!地方公演を含め12月26日までの長丁場このチームの時間を緊張感を持って楽しみます!皆様劇場でお待ちしています!

◆益岡徹
昨年からの長期に渉るコロナ禍。舞台を上演できることへの感謝の念が増しています。舞台を立ち上げてお客様に見ていただく、大切なことだと改めて感じています。『ザ・ドクター』、彩の国で初日の幕を開け、PARCO劇場へ。膨大なセリフの量、病院のモノトーンの装置、対立と喪失。美しい舞台になっていると思います。これから上演を重ね、さらにいいものになるよう、皆で力を合わせて行きたいと思っています。ぜひご覧いただきたい大切な作品です。

パルコ・プロデュース2021『ザ・ドクター』公演情報

上演スケジュール

【埼玉公演】2021年10月30日(土)・10月31 日(日) 彩の国さいたま芸術劇場 大ホール
【東京公演】2021年11月4日(木)~11月28 日(日) PARCO劇場
【兵庫公演】2021年12月2日(木)~12月 5日(日) 兵庫県立芸術文化センター 阪急 中ホール
【豊橋公演】2021年12月10日(金)~12月12日(日) 穂の国とよはし芸術劇場 PLAT
【松本公演】2021年12月18日(土)・12月19日(日) まつもと市民芸術館 主ホール
【北九州公演】2021年12月25日(土)・12月26日(日) 北九州芸術劇場 大ホール

※各会場当日券あり

スタッフ・キャスト

【作】ロバート・アイク
【翻訳】小田島恒志
【演出】栗山民也

【出演・配役】

大竹しのぶ:ルース・ウルフ(エリザベス研究所の創設者であり、所長)
橋本さとし:ロジャー・ハーディマン(教授)/パネリスト2
村川絵梨:レベッカ・ロバーツ(広報担当)/パネリスト1
橋本 淳:ポール・マーフィ(教授・医師)/パネリスト3
宮崎秋人:マイケル・コプリー(教授・医師)/ディベート番組のホスト
那須 凜:若手医師
天野はな:サミ(ルースの家の近所に住む)
久保酎吉:ブライアン・シプリアン(臨床部長)/パネリスト5
明星真由美:ジェマイマ・フリント(保険担当大臣)/パネリスト4
床嶋佳子:チャーリー(ルースのパートナー)
益岡 徹:ジェイコブ・ライス神父/エミリー・ローナンの父

【相関図】https://stage.parco.jp/program/doctor

【公式サイト】https://stage.parco.jp/program/doctor



チケットぴあ
大竹しのぶ「劇場を出た後、誰かと3時間ぐらい話したくなる」生きづらさや違和感へのヒント見つかる『ザ・ドクター』開幕
最新情報をチェックしよう!
テキストのコピーはできません。