loading
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

「キカクのタネ」から誕生!二人芝居『GRIMM』高崎翔太&橋本祥平のソロビジュアル公開

015074.jpg
画像を全て表示(3件)

2020年8月13日(木)から東京・六行会ホールで上演される、高崎翔太と橋本祥平による二人芝居『GRIMM(グリム)』のソロビジュアルが公開された。本作は、演出家の吉谷光太郎、俳優の高崎、橋本、そして視聴者がオンライン企画会議をし、魅力的な“キャラクター”を作っていくトーク番組「キカクのタネ」から初の舞台化作品だ。

番組内で出演者と視聴者がアイデアを出し合い、外見や性格、世界観や二人の関係性などについて議論を重ねて誕生した本作。グリム童話をモチーフに、ドイツ各地を巡り残酷な部分を切り落とした優しい「グリム童話」を完成させたグリム兄弟が、童話の世界で冒険し、優しく編纂された童話を残酷な話に戻そうとする謎の悪魔を暴き出す物語を描いていく。今回、悪魔に立ち向かうグリム兄弟に扮した二人のソロビジュアルが公開された。

【あらすじ】
兄・ヤーコプ・グリム(高崎翔太)と弟・ヴィルヘルム・グリム(橋本祥平)はドイツ各地を巡って、古くから伝承してきたメルヒェン(昔話)を収集し、残酷な部分を切り落として『グリム童話集』を完成させた。
やがて『グリム童話集』は優しい世界観と奇妙な展開で多くの読者を魅了し、世界中で愛される物語となった。
しかし平穏な生活を送っていたグリム兄弟の夢枕に、正体不明の悪魔が現れる。
悪魔の目的は、優しく編集された物語を残酷な話に戻すこと。
そんな悪魔の計画を阻止すべく、グリム兄弟は改ざんされた童話の世界に潜り込む。
そこには彼らの想像を絶する「残酷な世界」が待ち構えていた――。

また、本公演が生配信されることも視聴者の声をもとに決定。配信の詳細は後日発表されるという。そして、次回の「キカクのタネ」の配信日程も公式TwitterおよびHPにて近日発表。稽古場から稽古の様子などを公開する予定だという。なお、これまでの放送はポリゴンマジックのYouTubeチャンネルにて視聴可能だ。

『GRIMM』は8月13(木)から8月16日(日)に六行会ホールで上演。チケットはオフィシャル先行が7月30日(木)18:00が始まる。

【企画】キタクのタネ
【脚本・演出】吉谷光太郎

【出演】高崎翔太、橋本祥平

【公式サイト】http://kikakutane-stage.com/

(C)ポリゴンマジック

この記事の画像一覧

  • 015074.jpg
  • 015074_02.jpg
  • 015074_03.jpg
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

オススメの記事

人気の記事