『あんスタ!!』の新たな舞台化プロジェクト、劇団『ドラマティカ』山本一慶が語る新プロジェクトへの期待


2021年10月から11月にかけて東京・兵庫で上演される舞台「劇団『ドラマティカ』ACT1/西遊記悠久奇譚」。大人気ゲームアプリ『あんさんぶるスターズ!!』の作品内演劇サークル、劇団『ドラマティカ』の記念すべき第1回公演となる本作は、『あんさんぶるスターズ!オン・ステージ/THE STAGE』(通称『あんステ』)シリーズとは異なり、原作にはないオリジナルストーリーで描く新たな舞台化プロジェクトだ。

主演の「悟空/氷鷹北斗」役には『あんステ』シリーズで氷鷹北斗 役を演じる山本一慶。「三蔵/日々樹 渉」役に安井一真、「八戒/斎宮 宗」役に山崎大輝、「悟浄/逆先夏目」役に木津つばさ、そして「玉龍/乱 凪砂」役を今回初参加となる松田 岳が演じ、経典を求めて天竺へ旅をする三蔵法師一行の冒険譚『西遊記』の世界が描かれる。

主演の山本に本作の見どころや、『あんステ』と「氷鷹北斗」への想い、学生時代の部活動エピソードや演劇にまつわる苦い(!?)思い出話など、たっぷり語ってもらった。

(取材・文・撮影/近藤明子)

『あんスタ!!』初の試みで主演に 選ばれて光栄に思います

――劇団『ドラマティカ』舞台化プロジェクトの発表を聞いたファンの方々の反応はいかがでしたか?

反響はすごくありました!驚きの声と同じくらい「楽しみです!」という声もいただいて、ファンの方々の期待が伝わってきて気合いが入りましたね。
そして『あんスタ!!』初の試みとなる「劇団『ドラマティカ』ACT1/西遊記悠久奇譚」に、僕が演じる氷鷹北斗を主演に起用してくださったことを光栄に思うと同時に責任もヒシヒシと感じています。

――劇団公演ということは、いつもの“わちゃわちゃ”した感じで「やろうぜ!」「おー!」っていう前振りもなく、いきなり劇本編が始まるのでしょうか?

まぁ“わちゃわちゃ”で間違いないですけど(笑)。『あんステ』はライブをするために奮闘したり、ユニット同士のライバル関係やレッスンを通じて人間としての成長が見どころとしてあったけど、今回はそういうのとは別に純粋にキャラクターたちが役者として『西遊記』を演じます。

――本作では氷鷹北斗が所属するユニット“Trickstar”のメンバーとは違うキャストとカンパニーを組みますが、楽しみにしていることはありますか?

主要キャストは5人ですけど、少人数だからこそ「作品をより良いものにしよう!」という想いで、ユニットを越えて絆を築くことが出来ると思うと、今から楽しみです。その一方で、「山本一慶が演じる氷鷹北斗」で、今まで『あんステ』でやってきましたけど、今回は「山本一慶が演じる氷鷹北斗が悟空を演じる」っていう、この何段階もあるハードルを、どう越えていったらいいのかなという不安も少なからずあります。

キャラクターを演じながら、さらにそのキャラが役を演じるって僕の役者人生で初めての経験ですし、しかも舞台1本分という長尺での二重芝居は未知との戦いになるだろうなとドキドキしています。今までは「北斗だったらこうなのかな?」と考えながらお芝居を創っていたけど、「北斗が考える悟空」をイメージしながらお芝居を創っていかなきゃいけないので、普通のお芝居の何倍も難しい事だと思うんです。

――とはいえ、今までの経験で山本さんの身体の中には氷鷹北斗が“入っている”と思うと、ファン側としては不安には思っていないのではないでしょうか?

いやいや、演じる側としてはビクビクですよ(笑)。それはこの作品に限らず、どんな役を演じるうえでも抱えている不安です。

――山本さんが氷鷹北斗を演じるうえで大切にしていることは何ですか?

大切なのは、ファンの皆さんの期待を裏切らないことですね。やっぱり僕の氷鷹北斗は共演の方々やファンの皆さんに支えられて生まれてきたものなので、そこは絶対に間違えちゃいけない。今だから言えるんですけど、『あんステ』初演の時は人気作品ゆえのプレッシャーもあって「受け入れてもらえなかったらどうしよう?」「ファンが望む氷鷹北斗と違うって言われたらどうしよう?」と怖かったんですね。

作品をリスペクトしたうえで「舞台版の北斗は“ここ”にいてほしい」という想いを込めて自分が思う氷鷹北斗を稽古で創り上げたものの、それが『あんスタ!!』ファンの目にはどう映るのか、実際に公演の幕が上がるまでは恐怖でした。でもカーテンコールで拍手に包まれた瞬間「この方向性で間違っていなかった」と思えたし、その後もファンの方々が支えてくださったから、自由に仲間とふざける北斗を演じることができた。質問の答えになっているか分からないけど、“ファンが信じてくれる氷鷹北斗”として舞台に立つことが僕の大切にしていること。それが氷鷹北斗を演じるうえで僕の拠り所になっています。

僕が演じるキャラが劇中でキャラを 演じる二重構造に頭がパニック!?

――キャラクタービジュアル撮影時のエピソードは何かありますか?

渡された衣装を見て「あれ?本当に北斗の衣装?」ってなってました(笑)。『あんステ』では青系の衣装が多かったので、悟空をイメージした赤い衣装とか、肩のフワフワとか、頭の輪っかにも戸惑ったし、準備が出来てカメラ前に立った時も「山本一慶が悟空をやっているのか、氷鷹北斗が悟空をやっているのか、どっちなんだろう?」みたいな感じで最初は自分でも混乱してました。北斗のポーズをしても、それは悟空ではないし、「どうやればいい?」って悩みながらの撮影でしたね。

――スタッフさんには相談しました?

僕がカメラの前でポーズをする度に、スタッフさんも「今のは一慶だね」「北斗・・・いや、一慶?」みたいな感じで“一慶(イッケイ)・北斗(ホクト)・北慶(ホッケイ)”当てゲームみたいになっていました(笑)。

――共演者の皆さんのことを少し教えてください。

「三蔵/日々樹 渉」役の安井一真と「久しぶり」「元気だった?」って言葉を交わして「懐かしいな」と思うと同時に安心感がありました。(八戒/斎宮 宗 役の)山崎大輝や(悟浄/逆先夏目 役の)木津つばさとも、会ってすぐに以前のような距離感で話せましたけど、(玉龍/乱 凪砂 役の)松田岳さんとは今回が初共演で、プライベートでも面識がなかったので「どんな方なのかな?」って最初はドキドキしていました(笑)。

――出演者としては、この5人だけ?

あとはアンサンブルさんたちがいます。今回の作品は、殺陣も大きな見どころになると思うので期待していてください。

――なるほど。アクションと言えば一慶さんですからね!ここからは山本さん自身の部活やサークル活動の思い出などもぜひ聞かせてください。

僕、中学時代はバスケ部に所属していたんですけど、顧問の先生とウマが合わなくて中3になるタイミングで辞めちゃったんです。その後は・・・まぁいろいろやっていたんですけど、そこは省いて(笑)。その後、別の先生に「生徒会やらない?」って声をかけていただいて生徒会に入りました。

――役職は?

「生徒委員長」です。生徒会と生徒の間をつなぐポジションで、クラスの代表者を集めて議論する場のまとめ役です。

――様々な人の意見をまとめるのは大変ですよね。

僕は効率重視の人間なので、結論が見えているのに無駄な議論が始まりそうになると「それ、いらないから」って、すぐに話を終わらせるんです。そうやって合理的に話を進めていった結果「一慶が仕切ると早く帰れる」ってみんなから支持されるようになりました(笑)。ほかにも生徒会の事務作業や、文化祭のお店を出す手伝いをしたり、平凡ながら忙しい学生時代を過ごしていました。

――当時は演劇にふれることはなかったんですか?

それが、実は友達が「文化祭で芝居をやりたい」って言い出したので相談に乗ってあげてたら、いつの間にか出演者に僕の名前が書かれていたんですよ。

――学園ドラマとかにありがちな、巻き込まれ系の展開ですね(笑)。

そうそう(笑)。それが高3の時で、僕は「高校生活最後の文化祭は楽しむぞ!」って思っていたのに、気が付いたら出演者に名前が入ってて、友人が書いた台本を渡されて。その台本が難解なストーリーで、「とりあえず、僕の役は死んで終わるんだな」って印象しか残っていないくらいカオスなお芝居でした。

――上演されたものを観たクラスメイトの反応はどうだったのでしょう?

怖くて感想なんて聞けませんでした。当時SNSが流行ってなくて良かった!動画とか撮影されていたら、今頃さらされて恥ずかしい思いをしてますよ(笑)。

――山本少年は、その出来事で演劇に目覚めました?

目覚めてないです!逆に「よく芝居が嫌いにならなかったな」と思いますもん(笑)。

――それを乗り越えての今ですね(笑)。では最後に楽しみにしている皆さんへのメッセージをお願いします。

はい。「劇団『ドラマティカ』ACT1/西遊記悠久奇譚」。『あんステ』シリーズとは違う新たな試みということで、僕らキャストもスタッフも手探りのスタートとなります。未知なだけに不安もありますが、同じくらい魅力も感じています。役者(山本一慶)がキャラクター(氷鷹北斗)を演じ、そのキャラクター(氷鷹北斗)が役者としてキャラクター(悟空)を演じるという二重構造のお芝居が、お客様の目に新鮮に、そして魅力的に映ったらうれしく思います。新たなメンバーも加わって、新コンテンツとしてもファンの皆様に愛していただけるように頑張っていくので、よろしくお願いいたします!

あらすじ

“観音菩薩が伝えに来た。三蔵とかいう坊主にこの封印を解かせる。だから弟子として旅の供をしろってな―――”
お釈迦様に喧嘩を売り、五行山に500年もの間封印されていた“悟空”。
そこに愛と希望の経典を求め、西の天竺まで旅をする僧の“三蔵”が現れる。
悟空は半ば無理矢理、三蔵の旅に同行させられることに。
そして、旅の途中で「龍の一族の王子“玉龍”」「魔術の失敗でカッパになった“悟浄”」「妖怪に豚の姿へと変えられてしまった“八戒”」と出会う。
彼らはそれぞれの目的を持ち、西へ向かうが……。

―――これは始まり続ける物語。いつか見たような旅が、いま始まる。

劇団『ドラマティカ』ACT1/西遊記悠久奇譚

上演スケジュール

【東京公演】10月23日(土)~10月27日(水) 日本青年館ホール
【兵庫公演】11月1日(月)~11月7日(日) AiiA 2.5 Theater Kobe
【東京凱旋公演】11月12日(金)~11月14日(日) TACHIKAWA STAGE GARDEN

スタッフ・キャスト

【原作】「あんさんぶるスターズ!!』(Happy Elements株式会社)
【脚本・演出】伊勢直弘
【音楽】Arte Refact

【出演】
悟空/氷鷹北斗 役:山本一慶
三蔵/日々樹 渉 役:安井一真
八戒/斎宮 宗 役:山崎大輝
悟浄/逆先夏目 役:木津つばさ
玉龍/乱 凪砂 役:松田 岳

【公式サイト】https://dramatica-stage.jp/
【公式Twitter】‎@dramatica_stage

(C) ENSEMBLE SQUARE/劇団『ドラマティカ』製作委員会



チケットぴあ
最新情報をチェックしよう!
テキストのコピーはできません。