エンタステージ

演劇の楽しさを提案する総合情報サイト

劇団シャイニング from うたの☆プリンスさまっ♪『ポラリス』インタビュー!山川宗一郎「作品に対するリスペクトを忘れず誠心誠意」

女性向けコンテンツ「うたの☆プリンスさまっ♪」(通称:うた☆プリ)が“劇団”をテーマに展開する舞台公演プロジェクト「劇団シャイニング」。昨年6月に第1弾『天下無敵の忍び道』、9月に第2弾『マスカレイドミラージュ』、そして今年4月から5月にかけて第3弾『JOKER TRAP』を上演し、その後、3作の出演者が集うレビューショー『SHINING REVUE』に続き、今秋、新たに映画をテーマとしたオフィシャルプロジェクト「シアターシャイニング」シリーズの舞台化が始動する。

「シアターシャイニング」舞台化第1弾『ポラリス』は、遠い未来、危機にさらされた地球を守るために集いし3人の少年たちと、彼らをとりまく人間模様を描いた壮大な物語。SF要素の強い本作が、舞台上でどのように表現されるのか期待が高まる。

本作に出演するナツキ・シノミヤ役の山川宗一郎は、本作がシリーズ初参加。彼が語る「劇団シャイニング」の魅力とは―。

劇団シャイニング from うたの☆プリンスさまっ♪『ポラリス』山川宗一郎インタビュー

――劇団シャイニングの公演は、ご覧になりましたか?

前作の『JOKER TRAP』は、実際に劇場で観劇させていただいて、『天下無敵の忍び道』と『マスカレイドミラージュ』はDVDで拝見しました。3作品ともカラーの違う作品ですが、とても魅力的でワクワクしましたね。本編後のレビューコーナーもとても素敵で、思わず見入ってしまいました。

――『ポラリス』に出演が決まりましたが、その時の気持ちをお聞かせください。

素直に嬉しかったです。原案の「ポラリス」に触れたときに、ナツキ・シノミヤという人物の持つ、穏やかで柔らかい雰囲気や、仲間を支える包容力があるところがすごく素敵だなと思いました。

――松村龍之介さん、横井翔二郎さんとは、今作が初共演だそうですが第一印象はいかがでしたか?

お二人とも、第一印象から「いい人だな」って分かりました。松村くんは、『JOKER TRAP』を観劇したときにご挨拶させていただいたのですが、すごく優しく接してくれて、「なんていい人だろう!」って、一気に大好きになりました(笑)。横井くんは僕と同じ年なんですけど、初対面からあの笑顔と柔らかい雰囲気にやられましたね。最初はお互い敬語で話していたのに、気づいたらいつの間にかタメ語になっていました。

――稽古では、いろんな話ができそうですね。

そうですね。先輩二人を頼りながら、細かいところまでこだわって、突き詰めていきたいと思います。

劇団シャイニング from うたの☆プリンスさまっ♪『ポラリス』山川宗一郎インタビュー_2

――ナツキ・シノミヤを演じるにあたって、現段階で考えていることは何かありますか?

ナツキ・シノミヤのもつやわらかさ、一方で戦闘のときには冷静に判断をくだすクールな感じもしっかり表現したいなと思っています。松村くんが演じるトキヤ・イチノセ、横井くんが演じるセシル・アイジマとの関係性を一番に、二人と話し合いながら丁寧に作っていきたいです。

――話は変わりますが、好きなSF映画はありますか?

どちらかというとリアリティのある話が好きということもあり、実はあまりSF映画を観ていないんですよ・・・。誰もが知っている『スター・ウォーズ』も、公開時に話題になった『ゼロ・グラビティ』も観ていないし、『アルマゲドン』を観たくらいですね。あ!アレ観ました!強いゴキブリがいっぱい出て来る映画。

――『テラフォーマーズ』ですね(笑)。

そうそう!それです。宇宙が舞台だからSF映画ですよね?

劇団シャイニング from うたの☆プリンスさまっ♪『ポラリス』山川宗一郎インタビュー_

――そうですね。では、SFを舞台で、という点で、今気になっていることはありますか?

個人的には、宇宙をどう表現するのか非常に興味があります。ほかにもシャイニングユニバース所属のパイロット候補生である3人が、ヒューマノイドアームズ(※作品中に登場する人型兵器)に乗るシーンがあるのかなど、いろいろ気になるシーンがいっぱいありますね。演出のほさかさんがいろいろ考えてくださっていると思うので、今から稽古が楽しみです。

――では、公演を楽しみにしている皆様にメッセージをお願いします。

はじめまして。山川宗一郎と申します。「劇団シャイニング」初参加で、はたしてどんなお芝居をするのか、多くの皆様が不安に思っているかもしれませんが、一生懸命に稽古をして、自信を持ってナツキ・シノミヤとしてステージに立てるように、皆さんに認めていただけるようにがんばります!今は、ボイストレーニングに通ったり、作品についていろいろ調べたり、少しでもナツキ・シノミヤに近づけるように日々努力をしています。プレッシャーはありますが、作品に対するリスペクトを忘れずに誠心誠意務めさせていただきます!

――最後に、原案の「ポラリス」の印象的なキャッチフレーズ「本当の強さとは」にかけて、山川さんが思う“本当の強さ”を教えてください。

「誰かのために自分が犠牲になってもいい」とか「すべてをなげうってこの人を支えたい」と思う強い気持ちだと思います。それを思うだけでなく、自然と行動に移せる人が本当に強い人なんだと思います。僕も強い気持ちをもって、共演者の皆さんやスタッフさんとコミュニケーションを取りながら『ポラリス』を創っていくので、応援よろしくお願いします!

劇団シャイニング from うたの☆プリンスさまっ♪『ポラリス』山川宗一郎インタビュー_5

◆公演情報
「劇団シャイニング from うたの☆プリンスさまっ♪『ポラリス』」
【東京公演】9月13日(木)~9月23日(日) AiiA 2.5 Theater Tokyo
【大阪公演】10月5日(金)~10月8日(月・祝) 梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ

【原案】「うたの☆プリンスさまっ♪ シアターシャイニング『ポラリス』」
【脚本・演出】ほさかよう(空想組曲)
【音楽】Elements Garden

【出演】
トキヤ・イチノセ:松村龍之介
ナツキ・シノミヤ:山川宗一郎
セシル・アイジマ:横井翔二郎

石渡真修、和泉宗兵、柏木佑介 / 安里勇哉 ほか

◆チケット一般発売
【取扱】イープラス
【販売開始】8月25日(土)10:00~
※全席指定/1回のお申込みでお一人様4枚まで
【公式HP】http://gs-polaris.com/

(C)劇団シャイニング

(文/エンタステージ編集部)

劇団シャイニング from うたの☆プリンスさまっ♪『ポラリス』

作品情報劇団シャイニング from うたの☆プリンスさまっ♪『ポラリス』

“映画”をテーマにした「シアターシャイニング」シリーズ第1弾

  • 公演:
  • キャスト:松村龍之介、山川宗一郎、横井翔二郎、石渡真修、和泉宗兵、柏木佑介、安里勇哉、ほか

この記事の画像一覧(全5枚)

  • 劇団シャイニング from うたの☆プリンスさまっ♪『ポラリス』山川宗一郎インタビュー
  • 劇団シャイニング from うたの☆プリンスさまっ♪『ポラリス』山川宗一郎インタビュー_2
  • 劇団シャイニング from うたの☆プリンスさまっ♪『ポラリス』山川宗一郎インタビュー_
  • 劇団シャイニング from うたの☆プリンスさまっ♪『ポラリス』山川宗一郎インタビュー_5
  • polaris_natsuki_senden_re_fixw_640_hq.jpg

関連タグ

関連記事

トップへ戻る