エンタステージ

演劇の楽しさを提案する総合情報サイト

ミュージカル『レ・ミゼラブル』 2019年公演に濱田めぐみ、斎藤司、朴ろ美が初参加

010250.jpg

2019年4月より上演されるミュージカル『レ・ミゼラブル』。このほど、同作の全プリンシパルキャストが発表された。本作は、フランス文学の巨匠ヴィクトル・ユゴーが自身の体験をもとに、19世紀初頭のフランスの動乱期を舞台に当時の社会情勢や民衆の生活を克明に描いた同名大河小説を原作に作られたミュージカル作品。

これまで、2019年公演が初参加となる新キャストとしてジャン・バルジャン役の佐藤隆紀、ジャベール役の伊礼彼方、エポニーヌ役の屋比久知奈、マリウス役の三浦宏規、コゼット役の熊谷彩春、アンジョルラス役の小野田龍之介の出演が明らかとなっていたが、今回、新たにファンテーヌ役の濱田めぐみ、テナルディエ役の斎藤司(トレンディエンジェル)、マダム・テナルディエ役の朴璐美の名前が明かされた。

原作の持つ「無知と貧困」「愛と信念」「革命と正義」「誇りと尊厳」といったエッセンスを存分に注ぎ込んだ本作は、1985年のイギリス・ロンドン初演を皮切りに世界中で上演されている。日本では1987年6月に東京・帝国劇場にて初演が行われ、まさに“世界の演劇史を代表する作品の一つ”と言える作品である。

出演者の詳細は以下のとおり。

【出演】
ジャン・バルジャン:福井晶一、吉原光夫、佐藤隆紀
ジャベール:川口竜也、上原理生、伊礼彼方
ファンテーヌ:知念里奈、濱田めぐみ、二宮愛
エポニーヌ:昆夏美、唯月ふうか、屋比久知奈
マリウス:海宝直人、内藤大希、三浦宏規
コゼット:生田絵梨花、小南満佑子、熊谷彩春
テナルディエ:駒田一、橋本じゅん、KENTARO、斎藤司
マダム・テナルディエ:森公美子、鈴木ほのか、朴ろ美
アンジョルラス:相葉裕樹、上山竜治、小野田龍之介

ミュージカル『レ・ミゼラブル』は、2019年4月15日(月)から4月18日(木)のプレビュー公演を経て、4月19日(金)から5月28日(火)まで東京・帝国劇場にて上演。その後、名古屋、大阪、福岡、北海道を巡演。日程は下記のとおり。

【プレビュー公演】4月15日(月)~4月18日(木) 帝国劇場 
【東京公演】4月19日(金)~5月28日(火)  帝国劇場
【名古屋公演】6月7日(金)~6月25日(火) 御園座
【大阪公演】7月3日(水)~7月20日(土)  梅田芸術劇場メインホール
【福岡公演】7月29日(月)~8月26日(月)  博多座
【北海道公演】9月10日(火)~9月17日(火)  札幌文化芸術劇場hitaru

【公式サイト】https://www.tohostage.com/lesmiserables/

※朴ろ美の「ろ」は王へんに路が正式表記

(文/エンタステージ編集部)

この記事の画像一覧(全1枚)

  • 010250.jpg

関連タグ

関連記事

トップへ戻る