『喜劇 お染与太郎珍道中』


2021年2月1日~2月27日

渡辺えり&八嶋智人の喜劇初顔合わせで贈る痛快道中喜劇!

江戸時代、指折りの大商人、米問屋「江戸屋」にお染(渡辺えり)という箱入り娘がいました。
久兵衛夫婦にとっては一粒種の娘で、わがまま放題に育ち過ぎてのグラマー美女に。
蝶よ花よと、金にあかせての花嫁修業、お茶にお花、お琴に三味線、踊りに料理、更に手習いにと大忙し。
ついでの事に恋の手習いにも精を出して、お出入りの大名・赤井御門守の家中での美男の若侍・島田重三郎と良い仲でした。

ところが、二人の仲を裂く悲しい出来事が起こります。
重三郎が京都藩邸へ転勤という事になったのです。
追い討ちをかけて、赤井家からお染を妾に差し出せとの無理難題を突き付けられました。

お染は、一つには赤井家から逃れるため、また一つには重三郎を追って、京へ旅立つことになりました。
過保護で親馬鹿の久兵衛夫婦は、お染に付き人まで付けて京都に送り出すことに。
その付き人に選ばれたのが手代の与太郎(八嶋智人)、ドジで間抜けでおっちょこちょい、先輩の番頭・同僚の手代・ずっと年下の丁稚小僧まで日頃馬鹿にされている頼りない人物ながら、すこぶるつきのお人好し、無類の忠義者で、年頃の娘と一緒に旅をさせても、間違いも起こらないというのが与太郎当選の理由ですので、男としてはだらしがない話です。
もっとも久兵衛もその点は抜かりなく、出入りの鳶の者、べらぼう半次をこっそり見張り役で跡を追わせる事にしました。

かくて、お染・与太郎は表向きは夫婦という態を取り、五十三次の珍道中が始まるのですが、世間知らずの娘と頼りない手代の二人旅、騒ぎが起こらぬ訳もなく――。

詳細情報

公演期間 東京:2021年2月1日~2月17日
大阪: 2021年2月21日~2月27日
劇場 東京:新橋演舞場
京都:南座
キャスト 渡辺えり
八嶋智人太川陽介
宇梶剛士
石井愃一
深沢敦
春海四方
石橋直也
三津谷亮
有薗芳記
一色采子
広岡由里子
あめくみちこ
西岡德馬
スタッフ 作:小野田勇(「与太郎めおと旅」より)
演出:寺十吾
ほか
主催 松竹株式会社
公式サイト https://www.shochiku.co.jp/play/schedules/detail/enbujyo_202102/

 

チケットぴあ
最新情報をチェックしよう!
テキストのコピーはできません。