HEADLINE

ニュース

【訃報】演出家・蜷川幸雄氏が死去

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本を代表する演出家の蜷川幸雄氏が2016年5月12日(木)亡くなったことが分かった。享年80。

関連記事:蜷川幸雄演出&藤田貴大演出『蜷の綿 –Nina's Cotton–』公演延期

蜷川氏は、1935年10月15日生まれ、埼玉県川口市出身。1955年に劇団青俳に入団し、1968に劇団現代人劇場を創立。1969年『真情あふるる軽薄さ』で演出家デビューした。1972年には、演劇集団「櫻社」を結成。1974年に同劇団を解散後、『ロミオとジュリエット』で大劇場へ進出、以後日本を代表する演出家として井上ひさし、清水邦夫、唐十郎、野田秀樹らの現代劇から、近松門左衛門、シェイクスピア、ギリシャ悲劇など幅広い作品を手がけ、次々と世に送り出してきた。

また、1983年の『王女メディア』ギリシャ・ローマ公演を皮切りに、毎年海外公演も多数行い、高い評価を得てきた。1998年には、彩の国さいたま芸術劇場『彩の国シェイクスピア・シリーズ』の芸術監督に就任。 彩の国さいたま芸術劇場では、2006年に彩の国さいたま芸術劇場で55才以上の演劇集団「さいたまゴールド・シアター」創設、2009年には若手俳優育成プロジェクト「さいたまネクスト・シアター」を開始するなど精力的な活動を続けていた。

2001年に紫綬褒章、2004年に文化功労者、2010年に文化勲章など、数々の賞を受賞。

昨年12月中旬に体調を崩し、軽度の肺炎と診断されていた蜷川氏。2月に『蜷の綿 –Nina's Cotton–』を上演予定だったが、体力の回復が十分でなく、地方公演も含め全公演を延期していた。延期決定時、「早く回復して劇場に戻ります」とコメントを寄せていた蜷川氏だったが、叶わずとなった。

演劇界に多大な功績を残された蜷川氏のご冥福を、心よりお祈りいたします。

(文/エンタステージ編集部)

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のニュース

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP