ドラマ|大河ドラマ花燃ゆの動画を全話無料でフル視聴できる配信サイトを徹底比較!

ドラマ大河ドラマ花燃ゆの動画を無料視聴

2015年1月4日から2015年12月18日までNHKで放送された井上真央主演のドラマ「大河ドラマ花燃ゆ」。

この記事ではドラマ大河ドラマ花燃ゆの動画を1話から最終回まで全話無料でフル視聴できる方法やドラマ公式の最新再放送情報をご紹介していきます。

  • 「ドラマ大河ドラマ花燃ゆの動画をもう一度、1話から最終回まで全話見たい」
  • 「ドラマ大河ドラマ花燃ゆの動画を広告やCM無しで無料視聴したい」
  • 「ドラマ大河ドラマ花燃ゆの動画を見たいけどわざわざ準備して外にDVDを借りに行くのは面倒」
  • 「ドラマ大河ドラマ花燃ゆの再放送があるのか、あるならいつあるのか知りたい」


という方は、ぜひチェックしてみてください。

目次

ドラマ「大河ドラマ花燃ゆ」の再放送(2022)情報

次は過去の再放送の情報について調べましたのでまとめます。

2022年→再放送予定なし
2021年→再放送予定なし
2020年→2020年6月 CS
2019年→再放送なし
2018年→再放送なし
2017年→再放送なし
2016年→再放送なし
本放送→2015年

1年前に再放送がされていましたね。

ただここ1年は放送されていないので今すぐに見たいという方は動画配信サービスで見ることをおすすめします♪

編集部

無料トライアル期間中に解約すればもちろんお金がかかることはありません!

結論:ドラマ「大河ドラマ花燃ゆ」の動画を無料視聴したいならTSUTAYADISCASのDVDレンタルがおすすめ!

(画像引用元:TSUTAYA DISCAS)

結論から言いますと「大河ドラマ花燃ゆ」のドラマ動画を無料視聴するためにおすすめの動画配信サービスは「TSUTAYADISCAS」のDVDレンタルです。

その理由は

  1. TSUTAYADISCASはドラマ「大河ドラマ花燃ゆ」の動画が無料期間中に旧作DVDレンタルで見放題で見れる
  2. 無料期間が30日間ある
  3. 動画配信サービスでは見ることができない昔のドラマやジャニーズ作品・ジブリ・ディズニーシリーズが旧作DVDレンタルで無料で視聴できる

なので私は「TSUTAYADISCAS」をおすすめします!

配信サービス配信状況無料期間と月額
TSUTAYA DISCAS

旧作DVD無料レンタル

30日間無料

2,052円/ポイントなし

TSUTAYADISCASの無料登録・解約方法はこちら

  • TSUTAYA DISCASの登録方法 2分で完了

(画像引用元:TSUTAYA DISCAS)

  1. 公式サイトTSUTAYA DISCASへアクセスし「今すぐ30日間無料トライアル」をタップ。
  2. メールアドレスや支払い方法を入力し「確認画面へ」をタップ。
  3. 「定額レンタル8」プランを確認し「この内容で申し込む」をタップで完了
  • TSUTAYA DISCASの解約方法は1分で完了

(画像引用元:TSUTAYA DISCAS)

  1. TSUTAYA DISCASにログイン後、画面右上の【マイメニュー】をタップ。
  2. 【ご登録情報の確認】で登録ページに移動し「サービス停止申請」をタップ。
  3. 任意でアンケートに答えて「申請を完了する」をタップで解約完了。

TSUTAYADISCASの特徴

(画像引用元:TSUTAYADISCAS)

無料期間 30日間
月額料金 2052円(税込)
ポイント特典
ダウンロード
同時視聴数 DVDレンタル
早送り巻き戻し機能 各家庭のDVDデッキ
字幕や英語の有無 有(字幕版を選ぶ)
TSUTAYADISCASの特徴
  • TSUTAYADISCASの最大のメリットは他の動画配信サービスのようなテレビ局の偏りがありません。特にDVDレンタルはドラマはもちろん著作権が厳しいジャニーズ作品・ジブリ作品・ディズニーシリーズ・映画・韓ドラなど見られない作品はないといってもいいくらいです。
  • 無料期間が30日間
  • 旧作のDVD/Blue-rayは0円でDVDレンタルでき、返却期限もありません。
  • 成人向けDVDもあり。
編集部


「なかなか再放送されないドラマや動画配信サービスでは見ることができない昔の作品を見たい!」という人には嬉しい限りですよね。

また学校や仕事、家事が忙しくて見れない日があっても返却期限を気にすることがありませんので安心した気持ちで楽しめますね。

 

TSUTAYADISCASに無料登録をすると30日間は見放題となっていますので、期間内に解約してしまえば0円で視聴できてしまいます!

TSUTAYADISCASは映画やドラマをとことん楽しみたい人にはピッタリのサービスです♪

ドラマ「大河ドラマ花燃ゆ」の動画を無料で配信している動画配信サービスを比較

2022年1月現在、ドラマ「大河ドラマ花燃ゆ」の動画を見放題で無料視聴できる動画配信サービスは下記の表の通りです。

配信サービス配信状況無料期間と月額
TSUTAYA DISCAS

旧作DVD無料レンタル

30日間無料

2,052円/ポイントなし

配信なし

31日間無料

2,189円/600pt無料

fod

配信なし

14日間無料

976円/900pt無料

hulu

配信なし

14日間無料

1,026円/ポイントなし

PARAVI

配信なし

14日間無料

1,017円/ポイントなし

music.jp

配信なし

30日間無料

1,958円/2458pt無料

auスマートパス

配信なし

30日間無料

548円/ポイントなし

PRIME VIDEO

配信なし

30日間無料

500円/ポイントなし

dTV

配信なし

31日間無料

550円/ポイントなし

ABEMA

配信なし

14日間無料

960円/ポイントなし

クランクイン

配信なし

14日間無料

1,650円/3000pt無料

wowow

配信なし

申込月無料

2,530円/ポイントなし

NETFLIX

配信なし

無料期間なし

990円〜/ポイントなし

※表示月額料金は全て税込金額となります。また紹介している作品は、2022年1月時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は 公式HPにてご確認ください。

調べてみた結果、ドラマ「大河ドラマ花燃ゆ」は『TSUTAYA DISCAS』の旧作DVDレンタルでのみ見放題で無料視聴ができます。

そんなTSUTAYADISCASでは井上真央が出演している他の作品も多数見ることができます。

井上真央主演・出演作品

  1. 少年寅次郎
  2. 少年寅次郎スペシャル 完全版
  3. 明日の約束【完全版】
  4. トッカン 特別国税徴収官
  5. おひさま 総集編


これらすべての作品を見放題で視聴することができます♪

(画像引用元:TSUTAYA DISCAS)

今すぐドラマ「大河ドラマ花燃ゆ」を無料視聴したい方は、TSUTAYA DISCASの無料体験を利用して、DVDレンタルをしてご覧ください。

ドラマ「大河ドラマ花燃ゆ」の動画を動画共有サイトで視聴するのは危険

この他、違法動画サイトとしてDailymotion(デイリーモーション)やPandora.TV(パンドラTV)や9tsuなどがありますが、このような違法動画サイトは画質や音質が悪く、最初から最後まで見ることができないということが多くあります。

また、広告などが入り間違えて押してしまうと、個人情報が漏洩したりウイルスに感染させられることもあります。安心・安全にかつ高品質な映像を楽しめる、公式サイトを利用するようにしましょう。

ドラマ「大河ドラマ花燃ゆ」動画の基本情報

ドラマの放送日 2015年1月4日から2015年12月18日
毎週日曜
20:00 – 20:45(総合テレビ)
18:00 – 18:45(BSプレミアム)
ドラマの脚本 大島里美/宮村優子/金子ありさ/小松江里子
ドラマの放送局 NHK
ドラマの公式HP 大河ドラマ花燃ゆ
ドラマのWikipedia 大河ドラマ花燃ゆ
ドラマのシリーズ作品 シリーズ作品なし
ドラマの出演・キャスト 杉文役:井上真央│吉田寅次郎役:伊勢谷友介│楫取素彦役:大沢たかお│久坂玄瑞役:東出昌大│高杉晋作役:高良健吾

ドラマ「大河ドラマ花燃ゆ」の見どころや豆知識

明治維新で活躍する志士を育てた吉田松陰の妹・文(ふみ)。

久坂玄瑞の妻となり、激動の長州藩の運命に翻弄されながらも、幕末の動乱が激しさを増す中、松陰の志を引き継ぎます。

松陰の家族や門弟たちもまたさまざまな困難に直面しますが、松陰の教えを胸に志を持って力強く生きぬきます。

“家族の強い絆”と、松陰の志を継いで時代を切り開いていった“若者たちの青春群像”をダイナミックなスケールで描いています。

文の明るく前向きな性格、そして懸命に頑張る姿が共感を呼ぶ作品です。

第1話「人むすぶ妹」視聴率16.7%

嘉永3年夏、萩にて。
若干21歳にして長州藩の山鹿流兵学藩士として務めている男がいました。

吉田寅次郎といって後の松陰(伊勢谷友介)です。

ある日この寅次郎が、大将役として取り仕切る大砲の訓練がありました。

この訓練を寅次郎の家族が見に来ていて寅次郎の妹の杉文(山田萌々香)が寅次郎の真似をして『こんなんじゃいけん』と呟いてしまいました。

それに対して、叔父で寅次郎を厳しくしつけした玉木文之進(奥田英二)が、寅次郎の九州への遊学を取り消されたらどうするんだといって𠮟りつけますが、寅次郎は大砲のみでは国を守れないと文之進に言いました。


ドラマ大河ドラマ花燃ゆ【1話】の動画を無料視聴する

第2話「波乱の恋文」視聴率13.4%

文の姉である寿(優香)は内藤一馬(田中仁)と恋に落ちて結婚しようとしていました。

一方、江戸にいた寅次郎は有名な兵学者の佐久間象山に入門を許され、長州藩の重心の椋梨藤太(内藤剛志)に更なる精進をするようはっぱをかけられました。

が、そんな中寅次郎は東北への旅行の許可がなかなか藩から下りず、待ちきれなかったため、脱藩して東北へ行ってしまいました。

この騒ぎのせいで、寿は慕っていた一馬との縁談も破談になってしまいました。

周りの人たちが掛け合ってくれたおかげで寅之助は東北への旅の後、萩に戻され謹慎となりました。

その後、文に取り持ってもらった伊之助と寿は結婚することになりました。


ドラマ大河ドラマ花燃ゆ【2話】の動画を無料視聴する

第3話「ついてない男」視聴率15.8%

寅次郎は脱藩したため、罪に問われ罰を受けましたが、長州藩主・毛利敬親は百合之助の願いを聞き入れ、寅次郎の10年間の遊学を許しました。

そして嘉永6年とうとうペリーが来航し、この年7月、伊之助と寿が夫婦になりました。

このふたりの婚礼の次の日、文は友人の入江すみ(宮崎香蓮)と吉田ふさ(小島藤子)に水車小屋に誘われました。

そこでは若い者たちが集まり、異人が来たら倒さねばならないと、話をしていました。

一方、寅次郎はロシアの提督・プチャーチンに会おうとしたけれど、会えなかったと文に言いました。

そしてその時寅次郎は文にお前はどう生きる。行いが伴なってこそ知識は生きる。日本の危機を知った以上自分は日本を守る。と真剣でした。


ドラマ大河ドラマ花燃ゆ【3話】の動画を無料視聴する

第4話「生きてつかあさい」視聴率14.4%

寅次郎は、アメリカに渡って色々と学びたいと思い、黒船に弟子の金子重輔(泉澤祐希)とともに乗り込もうとしました。

しかし失敗に終わり、自ら自首して捕まってしまいました。

当時は重罪に値することなので萩の家族は大騒動になります。

しかしペリー提督が寅次郎の思い切った行動と勇気を称え寛大な処分を求めてきました。

萩での重鎮たちの激論により寅次郎は野山獄に繋がれる処分となりました。

生きて帰ったものはいないと言われる牢獄でした。


ドラマ大河ドラマ花燃ゆ【4話】の動画を無料視聴する

第5話「志の果て」視聴率12.8%

寅次郎は野山獄、弟子・金子重輔はそばの岩倉獄に投獄されました。獄中にいる時、寅次郎は100冊を越える本を差し入れてもらいました。

ところが、金子は重い病を獄中で患っていました。

子の母親・ツル(麻生祐未)は息子に会わせて欲しいと頼みましたが聞き入れてもらえませんでした。

それでも更に金子の容態が酷くなったため、特別に看病の許しが得られてツルは息子と会うことが出来ました。

ツルは息子にここを出ようと言いますが、金子は拒否しました。

そして寅次郎が黒船の船員ともみ合いになったときに彼の服から引きちぎったボタオという服の飾りを貰っていてそれを金子は大事に持っていて、何度でも外国に行きたいと言うのでした。

しかし金子は死んでしまいました。そして文は残されていたボタオを寅次郎に託しました。


ドラマ大河ドラマ花燃ゆ【5話】の動画を無料視聴する

第6話「女囚の秘密」視聴率13.3%

文はひとりだけいる女性の囚人・高須久子(井川遥)から亡き父の遺品を届けて欲しいと頼まれ、文は寅次郎にボタオを私て欲しいと久子に頼みました。

そのため何度か高須家を文は訪れましたが不貞で捕まった久子なので受け付けてくれませんでした。

そして文は寅次郎の手紙から富永という囚人の筆がいたんでいることに気づき、富永に筆を文は差し入れました。

そのために富永は再び意気が上がり、久しぶりに書をしたためるようになり、周りの人も書を富永に教わりました。

嬉々とする囚人たち。そしてそんな囚人たちに寅太郎は語りかけました。

たとえ獄中にいようと、心を磨き、己の心を見つめて誠を尽くせば、人は生まれ変わることが出来ると。

初めこそ聞き入れない囚人もいましたが、少しづつ周りの囚人たちは寅次郎の言葉を聴くようになりました。

そして最終的に講義を始めるようになりました。


ドラマ大河ドラマ花燃ゆ【6話】の動画を無料視聴する

第7話「放たれる寅」視聴率11.6%

獄の中の囚人たちにも士気の高揚をさせるため、福堂策という意見書を梅太郎に託しました。今でいう獄囚たちの更生の事について書かれてあります。

しかし獄囚が政に意見することは許されないためこのまま梅太郎は福堂策を家においておきました。

文はこの福堂策を書き写し伊之助に渡すと、伊之助は寅次郎は長州のみならず我が国の為にもなるという手紙を添えて桂小五郎へと送り、長州藩士たちはもちろんのこと水戸藩士たちも説得しました。

そして野山獄から出られることになった寅之助ですが、自分が出てしまっては福堂策が無になってしまうと出ることを拒否しました。

しかし周りの囚人たち皆が句会で寅次郎への別れをテーマに句を書いたため寅次郎は野山獄から出ていきました。


ドラマ大河ドラマ花燃ゆ【7話】の動画を無料視聴する

第8話「熱血先生、誕生」視聴率13.0%

寅次郎は野山獄から出ても読書三昧の日々でした。そんな寅次郎に文は家で塾を開いてみてはどうかと言いましたが、余り寅次郎は気が進みませんでした。

ところで文に久坂へ手紙を届けてくれと頼みました。

文が手紙を持って行くと以前一緒に黒船を見に行こうとした少年が久坂だったという事がわかりました。

そして寅次郎からの返事を久坂に渡しましたが、この返事の内容に怒り狂う久坂でした。

久坂は両親も兄も亡くして武士になりたかったのに、自分が藩医を継がなければならず、孤独の身でした。

手紙のやりとりで久坂を怒らせるばかりの寅次郎なので、業を煮やした文は寅次郎に久坂を直接合わせようとします。

なだめすかして連れて来た寅次郎なのにちょうど杉家の前にいた吉田利磨(瀬戸康史)と松浦亀太郎(内野謙太)などがいて久坂は彼等と喧嘩してしまいました。

最終的に久坂は貧しくて刀を買う事が出来ず、木刀を出すことになってしまい、力尽きました。この様子を見て共に学んで行こうと寅次郎が久坂を誘うのでした。


ドラマ大河ドラマ花燃ゆ【8話】の動画を無料視聴する

第9話「高杉晋作、参上」視聴率12.9%

寅次郎の塾は生徒が集まり始めました。しかし料金を全くもらっていなかったため、皆の食事を用意できなくなってきました。

文が困っているところへ、大組の跡取りでお金持の高杉晋作が来ます。

退屈そうにあくびする晋作を見て久坂の方が学問も詩も優れていると言って挑発しようとしますが、文は慌てておだんごを晋作に出そうとしました。

その後、野山獄にいた富永有隣(本田博太郎)が牢獄を出られたため、挨拶に来ました。

そして晋作も本当は興味があったのか再び来て、入塾することになりました。


ドラマ大河ドラマ花燃ゆ【9話】の動画を無料視聴する

第10話「躍動!松下村塾」視聴率12.7%

寅次郎が開いた私塾は身分を分けることなく誰でも受け入れたため、色んな人が日々来てにぎやかにしていました。

そしてその中には、伊藤利助(劇団ひとり)もいました。後の初代総理大臣、伊藤博文です。

ところで、他の寅次郎の私塾で学ぶもので吉田稔麿(瀬戸康史)というものがいました。彼は江戸に行きたがっていました。

しかし江戸屋敷にちょうど人を来させるように通達があったため、稔麿が推薦されるも椋梨によって却下されてしまい、これに怒った久坂や稔麿が抗議に行こうとすると、寅次郎は何のために江戸に行きたいのか聞きました。

そこで稔麿は「江戸の人々がどのように暮らしているのか、異国の事をどう思っているのか、自分で見てきたことを先生に伝えたいです。この塾生として江戸に行きたいです。」と思いのたけを述べました。

寅次郎は稔麿の思いに感動し、椋梨に共に頼みに行きました。

そこに藩主の敬親を伊之助が連れてきました。そして敬親にも頼み込み、椋梨からも許可を得ることが出来ました。


ドラマ大河ドラマ花燃ゆ【10話】の動画を無料視聴する

第11話「突然の恋」視聴率14.0%

寅次郎の塾は松下村塾と名付けられました。稔麿は、アメリカは下田に艦隊を着かせハリス総領事と将軍の徳川家定との会見を要求していて、幕府は謁見を許したと、伝えました。

すると塾生たちで激しい議論が交わされました。

また別の日は、目出という村から来た前原一誠(佐藤隆太)が何故餓える人がいなくならんのだろうかと問いました。

皆は日本が不甲斐ないからだと言いましたが、果たして他国に勝る所が無いのだろうかという疑問が出ました。

そこで寅次郎は気付きました。まずは日本史から学び、日本のすばらしさを同時に学ぶことにより、足元をかためようと皆に呼びかけました。

いっぽう、長州藩も幕府に通商条約の締結について意見を求められていました。

椋梨は伊之助に「すべて幕府の意見に従う」という意見書を書けと命令しますが、伊之助は幕府の意見に従う事には反対でした。

悩みに悩んだ末、椋梨に反対し、藩主たちがいる前で説得したのでした。


ドラマ大河ドラマ花燃ゆ【11話】の動画を無料視聴する

第12話「戻れない二人」視聴率13.2%

安政4年、12月5日。文と久坂の婚礼が杉家で行われました。ふたりはしばらくの間、杉家で暮らすことになりました。

ところで伊之助は長州藩主の敬親が松下村塾の塾生を江戸に送る事を考えて下さっていたため嬉しく思いました。

次は伊之助は寅次郎が藩士に戻れるようにさせたいと考えていました。

一方、妻の寿は、面白くありませんでした。なぜなら、寿は文の結婚相手のためにせっかく椋梨の妻に近づいたのに、伊之助が文と久坂の間を取り持ったせいで寿は椋梨の妻ともご縁が切れてしまったからです。

幕府情勢が益々逼迫していく中、久坂が藩医として江戸遊学を許可されました。

久坂は命を懸けて江戸へ行く覚悟で、文とは離縁しようとしました。

文は離縁するのは悲しい限りでしたが、久坂の覚悟を知って私はこの萩であなたの帰りを待っております。と文は久坂に言うのでした。


ドラマ大河ドラマ花燃ゆ【12話】の動画を無料視聴する

第13話「コレラと爆弾」視聴率11.7%

文は毎朝江戸の方角に向かって久坂におはようございます、と挨拶をしていました。

そんな中ちょっと個性的な塾生が入ってきました。

その男の名前は小野為八(星田英利)といって長崎で様式砲術を学びました。

地中の火薬を電気で爆発させる地雷火の事を知っていました。

同じころ、萩で伝染病のコレラがはやっていました。このウイルスは長崎に停泊しているアメリカ船のミシシッピ号で発生しうつされたものでした。

文はコレラについての脅威を長州藩洋学所師範・松島剛蔵(津田寛治)から聞きました。

一方、同時期に大老となった井伊直弼も国の行く末を憂えていましたが、寅次郎達の尊王攘夷派とは考えが全く違っていました。

そして、井伊はなんと天皇からの許可、勅許を待たずに勝手にアメリカとの修好通商条約を締結してしまいました。


ドラマ大河ドラマ花燃ゆ【13話】の動画を無料視聴する

第14話「さらば青春」視聴率11.2%

安政5年、孝明天皇は勅諚を水戸藩に下しました。

その内容は、天皇の許可を得ずに井伊直弼が日米修好通商条約を結んだことをとがめるものでした。

井伊直弼はこれを受けて、意義を唱える者をひとり残らず捕えるように命じました。

とうとう『安政の大獄』が始まり、尊皇攘夷派の人々がとらえられてしまいました。

更に久坂が行方知れずになってしまい生死もわからず、萩にいる文たちは心配しました。

江戸でのおつとめを終えて帰って来たものから江戸の様子を聞くと、やはり井伊直弼が自分の意見に反対するものを容赦なく捕まえていたとのこと。

この状況に苛立つ寅次郎はたくさんの意見書を書き、藩に提出しました。

伊之助も今こそ朝廷をお守りするべきであるという考えだったのですが、上の者たちは今のところは様子を見るという事でこの伊之助の意見は却下されました。


ドラマ大河ドラマ花燃ゆ【14話】の動画を無料視聴する

第15話「残されたすずり」視聴率9.8%

安政6年1月。松下村塾の看板は外され閉められています。寅次郎は野山獄にいました。

間部暗殺計画を企てた為に、獄に入れられてしまいましたが、まだ彼は間部の暗殺を諦めていません。

しかし江戸から戻った久坂と高杉が余りにも井伊の取り締まりが厳しくて今は時を待ちましょうという内容の血判状を寅次郎に持ってきたためすぐにでも暗殺を実行に移したい寅次郎は激昂しました。

そして塾生たちは伊之助が間部の暗殺を邪魔していると考え、伊之助の所へ行きました。

しかし伊之助は塾生たちに、寅次郎が言っているから暗殺しようとするのではなく、本当にその暗殺は必要なのか己の頭で考えよと言いました。


ドラマ大河ドラマ花燃ゆ【15話】の動画を無料視聴する

第16話「涙松の別れ」視聴率10.7%

野村と入江は岩倉獄に投獄され、高杉や前原等の塾生たちは萩から離れました。

久坂は江戸から萩に戻ってきましたが、文は兄を変えられない自分を責め続け、ずっと黙ったままでした。

そんな中、とうとう江戸の井伊直弼から寅次郎への召喚状が届きました。寅次郎は覚悟して召喚状に従いました。

寅次郎は自分の命を賭して江戸のご公儀の前で自分の考えを発言する覚悟が出来ていました。

もう文たち家族がいる家には戻れないと思われたものの、ほんの短い時間でしたが、帰ることが出来ました。


ドラマ大河ドラマ花燃ゆ【16話】の動画を無料視聴する

第17話「松陰、最期の言葉」視聴率12.6%

寅次郎は、萩の野山獄から江戸の伝馬町の牢獄に入れられました。江戸の井伊直弼より命令が下り、寅次郎を問い詰めるためです。

そして尋問は寅次郎にも始められました。自分の考えに井伊が気を引くためにわざと自分に不利になるようなことを言いました。

初めは腑に落ちなかった伊之助も江戸に行き直接寅次郎と話すことによって彼の信念を貫こうとする姿勢に最後まであきらめるなと伊之助は声をかけるしかありませんでした。

寅次郎は3度めの尋問にてようやく井伊と直接討論出来ました。

しかし井伊に寅次郎の意見は受け入れてもらえるはずもなく寅次郎は安政の大獄の最後の処刑者となりました。

処刑される前に寅次郎は『留魂録』と『永訣の書』を残しました。


ドラマ大河ドラマ花燃ゆ【17話】の動画を無料視聴する

第18話「龍馬!登場」視聴率10.2%

寅次郎のことでショックを受けつつも、杉家の人たちは目の前の日常の作業ひとつひとつに取り組んでいました。

一方、松下村塾の寅次郎の弟子たちは、「恩師の仇、必ず取る!」という並々ならぬ決意をもっていました。

伊之助は幕府の目から逃れるために、三田尻にある越氏塾へ赴任します。

そして、安政7年3月3日、桜田門外の変で井伊直弼が暗殺されました。

井伊を襲ったのは脱藩した水戸浪人たちでした。

桜田門外の変から1年後。藩の重臣である長井雅楽(羽場裕一)は建白書を藩主である毛利敬親に出します。

長井の主張は、松下村塾の塾生たちが主張していた『破約攘夷』にこだわらず、朝廷の許可を得ずに条約を結んだ幕府の行動を『逆転』させて、改めて朝廷から開国の勅命を出して幕府に遂行させるというものでした。

そして寅次郎が唱えていた尊皇攘夷について伊之助は説得していましたが、長州藩は長いの建白書を正式に藩の方針として選びました。


ドラマ大河ドラマ花燃ゆ【18話】の動画を無料視聴する

第19話「女たち、手を組む」視聴率11.1%

松下村塾の塾生たちは日々の生活を維持していくのみで他は余裕がなく仕事のために萩を出ていくものもあり、塾生たちはバラバラになりそうでした。

同じころ、久坂は下関に来ていた後の西郷隆盛、薩摩の西郷吉之助を訪ねていました。

薩摩藩主の父、島津久光(どぶろっく 江口直人)が朝廷の威光を背景にして、幕府に関わろうとしていることを聞いて、久坂は「まさかそのまま倒幕にすすむのか・・」と西郷に聞きます。

すると西郷は「わからんが、長州殿はどうなさるんじゃ?」と聞き返されました。

ある日、高杉は上海に行くことになりましたが、妻の雅を連れていけないため、友人になってやって欲しいと文に頼みにやってきました。

しかし勝気な雅は文につれなくします。

高杉は異国へ、久坂は京へ行き、尊皇攘夷の遂行を行いました。

寅次郎の肖像画を描いた亀太郎も遅れて京へ行きましたが、長州藩内部で寅次郎の意見と対立していた長井を暗殺しようとして失敗結局自害してしまいました。


ドラマ大河ドラマ花燃ゆ【19話】の動画を無料視聴する

第20話「松下村塾、復活」視聴率9.4%

久坂は長井殺害の件で、関わったのではないかという事で謹慎していたのですが、その謹慎が解けて萩へ帰ってきました。

そして久坂が必死に書き上げた建白書は周布に渡され、最終的にこの建白書は藩主の敬親に進言されます。

このような流れで、長州藩の方針は幕府に肩入れをする開国路線から尊皇攘夷を推し進める方向へ変わったのです。

しかし周りに周知させるのが大変でした。

高杉や久坂たちは京から幕府に対して尊皇攘夷を実行するように取り計らってほしかったので、京で尊皇攘夷を志す公卿の三条実美に働きかけました。

ところで寿の長男篤太郎が、明倫館での講義に疑問を感じ悩んでいたため、文は寅次郎の松下村塾記を見せました。

すると篤太郎は熱心にその書を読んでいたのです。

こんな篤太郎に影響されて、彼の友人が次々に松下村塾に来て、塾がひさしぶりににぎわい始めたのです!


ドラマ大河ドラマ花燃ゆ【20話】の動画を無料視聴する

第21話「決行の日」視聴率10.8%

文久3年、長州藩で吉田松陰(寅次郎)の復権が認められて、6歳の梅太郎の長男、小太郎が吉田家を正式に継ぐことになりました。

小太郎は学問好きなので山鹿流師範の文之進が教えることになりました。そして松下村塾では文が子どもたちに勉強を教えていました。

ようやく松下村塾も再び活気づいてきたのでした。

そしてこの年、3月11日。京にて229年ぶりに将軍の徳川家茂が江戸から上洛します。

孝明天皇が攘夷祈願のために上賀茂神社に行幸する際に家茂は随行しました。

この行列は明らかに天皇が上で、将軍はその下であることを演出していたのです。

次の石清水八幡宮への行幸が本番となります。

神前で孝明天皇が将軍に節刀を授ける儀式をするのですが、それを広く世間に知らしめることで幕府を攘夷の方向に引きずり込む算段でした。

最後まで幕府は抵抗しますが、やむなく5月10日に攘夷決行を約束したのです。


ドラマ大河ドラマ花燃ゆ【21話】の動画を無料視聴する

第22話「妻と奇兵隊」視聴率11.0%

長州藩は、田ノ浦沖にやってきたアメリカ船、フランス船、オランダ船を続けざまに攻撃しました。

その半月後、アメリカとフランスの軍艦が反撃してきて、長州藩の軍艦や大砲を攻撃、フランス軍が浜に攻めより、兵士も、命を落とすものもあり、村も消失してしまうところもありました。

久坂への厳しい処分をという意見もありましたが、これを伊之助が必死でくい止めました。

そうして萩に、台場作りをしようという事になり、男たちはこの作業に駆り出されました。数日後、久坂は更なる軍備の増強を上の人たちに訴えますが、相手にされません。

そこへ高杉が現れて、農民や町民からも志あるものを集めて奇兵隊なるものを作ってはどうかと提案しました。

そして大場づくりの現場では、妻たちも作業に加わろうとします。

役人に女は引っ込めと言われたので、上のものに掛け合い、女たちも工事に参加できるようになりました。


ドラマ大河ドラマ花燃ゆ【22話】の動画を無料視聴する

第23話「夫の告白」視聴率10.4%

攘夷決行に向けて長州藩は一丸となりましたが、朝廷が催促しているにもかかわらず他の藩はただ様子を伺っているだけで、自分の意見を表明しません。

薩摩や会津藩など、朝廷と幕府が協力して事にあたることを推進する『公武合体派』が、『尊皇攘夷派』の長州藩の動きを睨みながら、朝廷に裏からこっそりと働きかけていました。

そして『八月十八日の政変』が起こりました。薩摩と会津藩が孝明天皇に働きかけ長州藩と攘夷派の公家衆を朝廷から追い出してしまったのです。

これでは攘夷実行どころか長州藩崩壊の危機です。

伊之助は、三条公たちの公家衆を長州藩で預かって、再起しようとしました。

また、高杉はいったん奇兵隊を離れて、政務座役として長州藩の政に携わることになりました。

そんな折、久坂から文に手紙が来ました。伊之助の次男を養子に迎えたいと書かれていました。

どういうことかわからないため、文は久坂に会いに行きました。すると文の前で久坂は涙ぐみ、京の女と情を通じたと正直に告白しました。


ドラマ大河ドラマ花燃ゆ【23話】の動画を無料視聴する

第24話「母になるために」視聴率10.7%

高杉は、藩の政をまかされる事になったため、藩の中で意見が割れる「進発派」と「割拠派」の仲裁役をまかされました。

しかし、調整役が苦手な高杉はこの話し合いはうまくいきません。

ところで久坂は伊之助に次男の久米次郎を久坂家の後継ぎにもらいたいと申し出ます。

伊之助は久米次郎を久坂家に養子に出す条件として、久坂が責任を持って父親としての務めを果たすように言いました。

一方、三田尻で文が奇兵隊隊士のために飯炊きをしていると、文は敏三郎と再会して喜びますが、久坂が山口に行っていることを初めて知りびっくりしました。

文は、自分に何も言わずにいつも勝手なことをする夫に憤慨しました。


ドラマ大河ドラマ花燃ゆ【24話】の動画を無料視聴する

第25話「風になる友」視聴率11.0%

高杉は脱藩の罪で野山獄につながれ、伊之助は高杉が脱藩した責任を取らされて、長崎に左遷されました。

しかし伊之助はこれから始まるかもしれない戦に備え、武器を調達するためにスコットランド出身の商人トーマスグラバーと交渉していたのです。

また、京にいる稔麿は、薩摩と会津藩の動きを監視していました。

そんな中、『8月18日の政変』は、実は皇族の中川宮が裏で密かに企てていたということがわかります。

それから、京の二条城にて諸侯を集めて会議が開かれました。

横浜の港を閉鎖するのか、しないのかで会津藩と薩摩藩の意見が別れ、この二つの藩の関係が崩れ、薩摩藩の島津久光が国元に帰ってしまいました。

今なら戦をせずに朝廷を味方に付けることが出来る。まさに今、京へ向かうと久坂は皆を説得しました。


ドラマ大河ドラマ花燃ゆ【25話】の動画を無料視聴する

第26話「夫の約束」視聴率9.9%

久坂たちは、1500名ほどの長州勢を率いて、京に向かいましたが戦はしないつもりの久坂と、すぐにでも戦を仕掛けようとする来島率いる新発派との間に亀裂が入りました。

そんな中、久坂たちは京の手前の天王山中腹の宝積寺にいったん陣取ることにします。

久坂は、三田尻で待機していた長州藩主の後継、元徳の協力を得ることができていました。

その上、鳥取を含む六藩によって長州を支援する書状を朝廷に送る手はずを整えて、元徳の入京の嘆願に向けて前進していました。

元徳の入京の入京を帝に認めてもらうように動いていました。

そして京の藩邸では、公家の鷹司輔煕の許可がなかなか下りない中、四国連合艦隊であるイギリス、フランス、アメリカ、オランダが報復のために下関に向かっているという知らせが伊之助から久坂の元に届きました。

このことを知った長州藩の重役たちは驚き、狼狽えます。

今の長州藩は朝廷の後ろ盾もなく、孤立した状態でどこも長州に見方するものはいなかったからです。


ドラマ大河ドラマ花燃ゆ【26話】の動画を無料視聴する

第27話「妻のたたかい」視聴率10.3%

長州勢は不利な状況の中、御所を目指して進軍していました。

そして来島率いる部隊は、蛤御門(はまぐりごもん)にて会津藩、桑名藩と出会い、そのまま戦闘開始となりました。

西郷が率いる薩摩軍によって背後から襲われ銃弾を受け、ここで来島は討ち死にします。

一方の久坂たちは堺町御門にたどり着きました。そこで越前藩に囲まれてしまいます。

そして久坂は堺町御門から鷹司邸に入って、天使様への嘆願をお願いしようとしていましたが、このような状況の中、久坂たちは戦をすることになりました。

砲弾が飛び交う中、必死になんとか鷹司邸に入りました。

そして、久坂は必死に鷹司輔煕に天使様への嘆願を頼んだのですが、鷹司は久坂になぜ、御所を戦場にしたのだ。天使様に刃を向けたそなたたちの声を聞くものなどおらぬ、と言ってそのまま立ち去ってしまいました。

会津藩が砲弾を撃ち込み鷹司邸は火で包まれました。

「もはやこれまで。」久坂は胸元にあった松陰の留魂録と文との思い出のお守りを手にとり「文、約束を守れなくてすまない。しかし、俺は生きたぞ。文、おまえも生きろ。」と燃え盛る鷹司邸の中で絶命しました。


ドラマ大河ドラマ花燃ゆ【27話】の動画を無料視聴する

第28話「泣かない女」視聴率12.4%

文は、約200名ぐらいの女たちが支える毛利家の奥座敷に入ることになりました。

ある日のこと、奥の頂点の位の敬親の正室である都美姫と、元徳の正室の銀姫がやってきて、下関が異国の手に落ちたということを伝えます。

この話を聞いた奥の女たちは恐怖におののいたのですが、都美姫はそんな彼女たちに有事に備える旨を伝えました。

そんな中、周布は敬親に、異国との停戦講和を結ぶべきだと提案します。

そして、この交渉のために高杉は野山獄から出されて、下関に向かうことになりました。

文はそんな高杉に儀礼用の装束を届ける命令を受けます。

そして文がこの命令を無事に果たした暁には、今の見習いから一歩進んだ役目である正式な奥勤めとして認めてもらえることになりました。


ドラマ大河ドラマ花燃ゆ【28話】の動画を無料視聴する

第29話「女たちの園」視聴率12.0%

都美姫の後ろにいる椋梨の計らいであり、長州を牽制している幕府を宥めるため、近く山口から萩城に戻ることになったので、毛利家の奥では城替えの話が伝えられました。

城を移動するとなると、萩城では今いる200人以上の人が住む部屋が全然足りません。

そこで美和たちに命令が下されます。女中たちに暇乞いをさせるように取り計らえと。

長州のために美和は快くこの命令を受け入れますが、簡単な話ではありません。悩んだ美和は、国島という最古参の女中に相談してみました。

しかし国島は私たち奥で生きて来た者は誇りがあり、それを放棄するものはいないと言いました。

一方、そんな中、保守派の椋梨が威勢を取り戻していました。

椋梨は幕府に楯突くよりは従う方向性だったのです。

伊之助や周布は倒幕派だったのですが、長州が追い込まれていたこの時ばかりは分が悪かったのです。


ドラマ大河ドラマ花燃ゆ【29話】の動画を無料視聴する

第30話「お世継ぎ騒動」視聴率11.5%

椋梨が政局にて猛威を振るう立場になったため、長州藩の方針は幕府に謝罪して仕えるという「俗論派」になりました。

それに伴い、反対派の高杉と桂はお尋ね者になり、伊之助の兄の松島剛蔵たちは捕らえられて野山獄につながれました。

椋梨は血眼になって高杉を探し回りました。が、しかし見つかりません。

そこで椋梨は寅次郎の命日がもうすぐあることに目をつけ、寅次郎の墓前で張り込みました。

しかし高杉は墓前には現れませんでした。

それは、美和が羊羹を作ったので高杉の奥方の雅の所へ銀姫に託し届けてもらい、その箱の中には椋梨が寅次郎の墓前で寅次郎の命日に高杉の命を狙っている件が書かれた手紙を忍ばせていたからです。

誰が邪魔をしたのか椋梨は激昂し、当然美和も疑われましたが、しらを切る美和でした。

しかし美和は追い出されそうになります。

ちょうどそんな時、朗報がもたらされます。なんと銀姫に子どもが出来たのです。そして銀姫は美和を世話役に指名しました。


ドラマ大河ドラマ花燃ゆ【30話】の動画を無料視聴する

第31話「命がけの伝言」視聴率10.5%

幕府から長州藩に次の命令が下されていました。

一つ目は敬親と元徳が謝罪して、寺に蟄居すること。二つ目は山口城を退去すること三つ目は藩がかくまっている公家衆5人を筑前に移すこと。

そして、奇兵隊、御楯隊、遊撃隊などは解散命令が出ていましたが、公家衆の護衛という名目でまだ解散はしていませんでした。

なかなか解散しないこれらの諸隊にいらついた椋梨は松島などの6人の領袖を斬首してしまいました。

そしてとうとう伊之助にも処刑の日が刻々と近づいてきます。

伊之助の処刑を阻止させるために寿は奥方たちに頭を下げて回り、美和は別の件で奥に来ていた椋梨にひれ伏し伊之助を助けて下さいと頼み込み、逆に牢獄へ入れられてしまいました。


ドラマ大河ドラマ花燃ゆ【31話】の動画を無料視聴する

第32話「大逆転!」視聴率12.2%

高杉晋作は、長府の功山寺で挙兵しました。

伊藤利助が率いる力士隊と、前原たちが率いる遊撃隊の80名くらいの少人数でしたが、新地会所を襲いました。そしてこの場所を制圧します。

次に三田尻にある海軍局にも攻め入って、なんと軍艦三隻を奪取したのです。

この高杉の挙兵が藩の中で問題視される中、伊之助の処刑がなんと白紙に戻されました。

椋梨は、情勢を見ていったん自身の動きを引いたのです。

しかし、銀姫はまだまだ油断はできぬと、美和に言いました。

高杉の父親の小忠太は、息子の妻の雅と子どもを守るために、息子と絶縁すると報告しました。

そして美和の計らいにより雅は銀姫の女中として奥に来ることになりました。


ドラマ大河ドラマ花燃ゆ【32話】の動画を無料視聴する

第33話「花となるために」視聴率12.6%

敬親と梅太郎の会談は実現して、敬親は停戦をすることに決めます。これにて内戦は終わりを告げることになりました。そして椋梨は逃げ出してしまいました。

そんな中、銀姫は無事に元気な男児を産みました。念願の世継ぎの誕生に奥は祝いに湧き、銀姫と元徳は親となった実感を噛みしめます。

敬親は男の子を『興丸(おきまる)』と命名しました。

一方、伊之助が大赦により野山獄から釈放されることになります。敬親はそんな伊之助をねぎらいました。

そして、藩にて会議が開かれて、幕府との決戦を実行することが決定。それに伴い再び城を萩から山口に移しました。

ある日、美和は銀姫に家族、杉家のことをありのまま愛情を込めて語ります。

その家族思いの美和の話を聞いた銀姫は感動し、息子、興丸の守役になんと美和を指名したのです。


ドラマ大河ドラマ花燃ゆ【33話】の動画を無料視聴する

第34話「薩長同盟!」視聴率9.6%

長州藩は幕府と戦う構えを見せる中、銀姫は子育てをしながらもこれからの藩の行く末について心配していました。

そんな銀姫を美和は、しっかりと興丸様を育てていくことこそが、藩の未来につながりますと、励まします。

ある日、坂本龍馬が伊之助を訪ねてきました。

そして、幕府を倒すには薩摩と長州が手を組む薩長同盟しかないと大胆な提案をしてきたのです。

もともとは薩摩と長州は敵対していたのに、そんなことが出来るのだろうか。

伊之助は驚きましたが、既に薩摩藩士の西郷の護衛役、大山格之助を説得しており、薩摩はなんと長州との同盟を了承しているのだというのです。

伊之助は龍馬の大胆さと行動力にあっけにとられながらも、最後には納得し龍馬の提案を受け入れるのでした。

伊之助はこの案を持ち帰り長州藩の皆に伝えますが、皆大反対でした。

それでも伊之助はこれからは長州の存続が必要不可欠で、寅次郎と久坂の思いは幕府を倒し、諸外国に負けない強く新しい国を作ることだと説得します。

そしてついに長州藩は薩長同盟に向けて動き出したのです。


ドラマ大河ドラマ花燃ゆ【34話】の動画を無料視聴する

第35話「孤高の戦い」視聴率12.2%

美和は奥でその地位が上がります。通常、地位が上がるごとに名前が都度与えられるのですが、美和はずっと同じ名前を貫きました。

この美和という名前は、伊之助から”守刀”として授けられた大事な名前だったからです。

そんな中、藩主の敬親と元徳を広島に出頭させるように幕府から通達がきました。

長州藩は幕府からの命令である十万石の削減と敬親と元徳の蟄居を頑なに拒否します。

それは幕府に対抗するため、引き伸ばししているのでした。その長州の行為に苛立った幕府は伊之助と重臣である宍戸璣を軟禁したのです。

そしていよいよ長州藩と幕府との開戦の幕が切って落とされました。高杉率いる長州軍は、小倉口にて幕府と激しい戦闘を繰り広げていました。

そして長州側が優位に進めていき、なんとついに幕府軍が撤退をしたのです。

そして小倉口以外の戦地でも、幕府軍が次々と敗走していき、ついに伊之助と宍戸は解放されました。


ドラマ大河ドラマ花燃ゆ【35話】の動画を無料視聴する

第36話「高杉晋作の遺言」視聴率9.3%

美和は日々世継ぎの興丸の守役としてお世話をしておりました。しかしなかなか野菜嫌いな興丸様ゆえ、何とか野菜を食べて頂きたいと悩んでいます。

当時は全く前例がない方法を美和は思いつきました。野菜を興丸様にみずから育てて頂くという事でした。

一方、伊之助は幕府に拘束されていましたが、開放されました。

しかし未だ幕府に命を狙われている日々には変わりありません。

そんな伊之助を心配して敬親は改名を勧めました。

そして伊之助は『楫取素彦』と名を改めます。

一方、高杉ですが、結核にかかってしまいます。このことを知った美和は高杉の妻の雅と長男・梅之助と一緒に高杉の元へ行きました。そして高杉から驚きの事を知らされます。

なんと、久坂に隠し子がいたのです。更に頭が混乱してしまっている美和に高杉はその子を引き取って育ててはどうかと提案しました。


ドラマ大河ドラマ花燃ゆ【36話】の動画を無料視聴する

第37話「夫の忘れがたみ」視聴率11.8%

『鳥羽・伏見の戦い』が始まりました。

そんな中、美和は京に行き、久坂の隠し子を探そうとしていました。しかし、なかなか見つかりませんでした。

戦の連続で治安が悪くなっている京で美和も暴徒に襲われそうになりましたが、ある親子が助けてくれました。

その親子こそが、なんと辰路と久坂の忘れ形見の秀次郎でした。

ようやく長州・薩摩連合軍と幕府との戦(鳥羽・伏見の戦い)は決着がつき、見事、長州・薩摩側が勝利しました。

そして、幕府は江戸城を開城することになったのです。江戸は”東京”と名を改めることになります。いよいよ新しい時代がやってこようとしていました。


ドラマ大河ドラマ花燃ゆ【37話】の動画を無料視聴する

第38話「届かぬ言葉」視聴率10.5%

版藩奉還にて長州は領地を朝廷に返上し、時は江戸から明治となりました。そして敬親と都美姫が隠居しました。

これからは、元徳が知藩事となり、奥では銀姫が正室となって新体制になりました。

美和は銀姫からの信頼があり、潮の次席へと引き上げられました。

しかし新体制となったところで、課題がいろいろとありました。

まず、中央政府から兵制改革を要求されました。そしてこれまでの度重なる戦のため財政難が深刻となり、諸隊から武士のみ残して後は解雇しようとしたのです。

これに反発した者たちが2000も集まり、藩丁の山口藩公館を取り囲みました。

この混乱に対して、楫取はなんとか収束させようとして、この反乱軍を率いるリーダーである雲仙(浜田学)を訪れ、反乱を起こさないように説得したのです。


ドラマ大河ドラマ花燃ゆ【38話】の動画を無料視聴する

第39話「新しい日本人」視聴率12.9%

明治4年。激動の幕末の最中、必死に長州藩を支えてきた元藩主である毛利敬親は、静かに息を引き取りました。

この同じ年、新政府は「廃藩置県」を断行しました。

これにより、今まで藩によって各地方の統治をしていた藩制度を廃止し、各地域を府と県にして、中央政府が一元的に全国を管轄の元に置きました。

長州藩主の元徳は知藩事の職を解かれ長州藩の奥所帯は解体され都美姫と、銀姫そして元徳は東京へ行きました。

女中たちもそれぞれの新しい所で生きていくことになりました。

美和は実家の杉家に戻り、楫取は家族と畑仕事にいそしんでいるように見えたのですが、隣近所の人々には受け入れてもらえずにいました。

それは中央政府が強引に長州藩への鎮圧を楫取が止められず大勢犠牲になった兵がいた為で、楫取を恨んでいたものが少なからずいたのです。

そして、美和の所へ久坂の忘れ形見の秀次郎がやってきました。非常に驚く美和でした。


ドラマ大河ドラマ花燃ゆ【39話】の動画を無料視聴する

第40話「二人の母」視聴率13.8%

辰路が秀次郎を手放し美和の元へ行かせました。戸惑う美和でしたが、母親として秀次郎を育てることにしました。

しかしこの秀次郎、とてもやんちゃで集中して勉強したり出来ませんでした。

しかし、そんな秀次郎も美和は真心こめて接すると徐々に秀次郎との距離が近くなり、秀次郎も勉強するようになってきました。でも、秀次郎も悩んではいたのです。

突然母親が全く知らないところへ自分を置いていってしまって自分の事を捨てたのかなと、思っていたのです。

一方、秀次郎の母親の辰路も秀次郎が心配でこっそり様子を見に行きました。そんな辰路と美和は会うことになりました。

さて、楫取ですが日々の真面目な態度を近隣の人々が見ていて最初は受け入れてもらえなかったのですが、段々と近所の人の態度が変わってきました。

そして、中央政府でも、政治の世界から身を引いた楫取という優秀な人材に注目していたのです。


ドラマ大河ドラマ花燃ゆ【40話】の動画を無料視聴する

第41話「いざ、群馬へ」視聴率12.0%

夫の久坂の忘れ形見である秀次郎の面倒を杉家で見ていましたが、最終的には秀次郎の実母である辰路のもとに秀次郎を返しました。

そして、明治5年。政府は群馬に富岡製糸場を設立します。群馬を殖産興業の中心の地にしようとしていたのです。

そして、重要な拠点の群馬を仕切られる人物は楫取以外にいないと、政府の要人である木戸孝允(東山紀之)が太鼓判を押したのです。

この後、農作業に勤しむ楫取の元を木戸が訪れて、群馬県令へ就任しないかと懇願したのです。

しかし、村人たちと約束した村の開墾事業を推し進めるつもりだった楫取は木戸の頼みを辞退しました。

それには諦めず、中原復亮(堀井新太)たちは度重なる説得に行き、とうとう楫取は群馬県令になることを決意しました。

しかし楫取の妻寿は体調がすぐれないため、美和に群馬についてきて欲しいと頼みました。


ドラマ大河ドラマ花燃ゆ【41話】の動画を無料視聴する

第42話「世界に賭ける糸」視聴率13.0%

楫取と美和、寿は馬車で上州の群馬に向かっていました。そして、目的地の群馬の屋敷に着く前に、楫取は、群馬の前橋でい降り、そのまま楫取は、県庁舎に行きました。

美和と寿は、そのまま馬車に乗って進みましたが、途中で追いはぎに襲われました。

しかし偶然来た地元の女性たちに助けてもらいました。

なんとか屋敷に着くと屋敷にいた女性たちが美和と寿を出迎えてくれました。

そしてその中に追いはぎから助けてくれた女性がいました。その人はせいという名前の人でした。

そしてせいは楫取の部下の阿久沢権蔵の妻だったのでした。


ドラマ大河ドラマ花燃ゆ【42話】の動画を無料視聴する

第43話「萩の乱に誓う」視聴率12.6%

美和が生糸づくりの工場見学に行った時にキクという子供が母親のトメと共に働いていました。

その母親の方に勝手に夫が作った借金の取り立てに男たちが来ました。

トメは字が読めず訳が分からず判を押してしまったのです。

その時もせいがうまく話をして追い返しました。

同じころ、楫取は西欧諸国と肩を並べるためにもっと教育に力を入れないといけないと思っていました。

そして美和も、トメの事もあり、同じことを考えていたのです。

しかし教育の大切さを皆に訴えても稼ぐ方が先だと取り合ってもらえませんでした。


ドラマ大河ドラマ花燃ゆ【43話】の動画を無料視聴する

第44話「運命の糸つなげて」視聴率11.2%

群馬県庁の職員たちに楫取が教育の大切さを説いて回っても全く取り合ってくれません。

美和も生糸工場の人たちに教育がいかに大事かを力説しましたが、全く取り合ってもらえず、それでも根気強く続けて教育の大事さを伝えると皆のまとめ役のせいもその気になり始めました。

自分たちの思うとおりにならないことが多い中、野村靖が来ました。寅次郎が著した留魂録を携えて。

寅次郎が江戸の伝馬町の牢屋にいる時に沼崎吉五郎というものにこの留魂録を預けたのですが、それが17年の時を経て美和たちの元に戻ってきました。

2人はこの留魂録に刻まれた寅次郎の魂を胸に、再び、群馬での教育振興に力を入れようと決意したのです。


ドラマ大河ドラマ花燃ゆ【44話】の動画を無料視聴する

第45話「二人の夜」視聴率11.7%

楫取は近頃、群馬の生糸工場で作られた品質のいい生糸が粗悪な加工をされ、大量に売りさばかれている事態を危惧し、この生糸こそこれからの日本経済を支えていく大事な産業になると考えていた為、この生糸の品質を維持しながら売りたいと思い県庁の阿久沢に相談するも、取り合ってもらえませんでした。

楫取は他にも色々な所に掛け合いましたが、誰も今のやり方を変えることはしようとしませんでした。

そして楫取は星野に相談しました。

すると星野は、組合を作り、それぞれの農家が組合員となって、自分たちが作った生糸を一旦集めて管理して、品質を維持できるような仕組みをつくればいいのではと提案しました。

そして星野は弟がアメリカに会社を作ったと楫取に告げました。


ドラマ大河ドラマ花燃ゆ【45話】の動画を無料視聴する

第46話「未来への絆」視聴率11.1%

楫取のやり方が気に入らない生糸の仲買人が楫取が本腰を入れて進めていた共同揚返場に火を付け火事にしてしまいました。

更にこの火事の際、楫取と美和がふたりで宿にいた為あらぬうわさがたってしまいました。

このうわさによって、職員たちの不満が募ってしまい、楫取が進めていた養蚕農家の組合設置や共同揚返場の建設が白紙に戻ってしまいました。

そんな中、二条窪で楫取に懇意にしていた人物、中原復亮が楫取の元を訪れてきました。

中原は、村で楫取が主導で始めた開墾が順調に進んでおり、用水路の工事も順調だと報告し、将来、さらに田畑を広げるために水をどのように確保すべきかを相談する為にきたのです。

この話を聞いていた美和が、中原に後に近代農業の父と言われることになるほどの農業の発明王である船津伝次平を紹介することにしました。


ドラマ大河ドラマ花燃ゆ【46話】の動画を無料視聴する

第47話「姉妹の約束」視聴率11.1%

東京で療養している寿とともに居る寿の次男、久米次郎から、母、寿の事を思うならば家を出ていってくれという内容の手紙が来ました。

驚いた美和は東京の寿の元へ向かいました。

寿は病気で夫の楫取の世話をしたり支えになることが全くできなくなってしまい、代わりに美和にしてもらっているので美和に対する妬みや嫉妬のようなものがあったのです。

そんな寿が可哀想に思って久米次郎は代わりに美和に手紙を送ったのでした。

そして久米次郎に美和は楫取は寿の事をいつも強く思っているしそんな心配することは無いと言いました。

しばらく美和は東京にいて寿の看病をしました。


ドラマ大河ドラマ花燃ゆ【47話】の動画を無料視聴する

第48話「富岡製糸場の危機」視聴率13.2%

美和が始めた学び舎は多くの女性たちが集まって来て大盛況でした。

一方、生糸の輸出は再度リチャードソンのから生糸の発注が再び来て、盛り返していました。

そんなある日、この学び舎では読み、書き、そろばんの他にもお菓子づくりなどを教えていて、実生活に役立つ技術が学べるという噂を聞きつけて富岡製糸場の若い女工たちがやって来ました。

ある日玄関に、なんと辰路と秀次郎が立っていました。

そして、母上お久しぶりですと言いました。

美和は驚き、ここまで秀次郎を立派に育ててくれた辰路に感謝しました。

辰路と秀次郎は、楫取から手紙をもらい、正式に秀次郎を久坂家の後継ぎにすると知り、挨拶に来たのでした。


ドラマ大河ドラマ花燃ゆ【48話】の動画を無料視聴する

第49話「二人の再婚」視聴率13.4%

阿久沢家の糸繰り場にて、器械が導入されました。このことで、女たちはますますやる気になり、これからの製糸業もますます発展する兆しを見せていました。

美和とせいが話していると、その流れでせいが、お兄さんの事どう思っているのかいね。ふたり一緒にならんかいね。と美和に聞いてきました。

突然のことでびっくりする美和。楫取の中には姉の寿がいます。そんな美和にせいはもしお姉さんがそう望んでいたとしたら?と聞いてきました。


ドラマ大河ドラマ花燃ゆ【49話】の動画を無料視聴する

第50話(最終回)「いざ、鹿鳴館へ」視聴率12.4%

日本政府は、不平等条約の改正の為に、欧米諸国と同じ列強国の仲間であることをアピールするべく、鹿鳴館を作って毎晩、夜会を開いていました。

楫取は美和との結婚の報告もあったため、まずは毛利家を訪れました。

そして毛利元徳が、楫取と美和をこの鹿鳴館に招いてくれることになり、いよいよ鹿鳴館での夜会の日がやって来ました。

そこは日本ではないような華やかな世界で言葉にならない驚きでした。

入口で伊藤に出会い、安子の所へ美和を連れて行きました。

安子は周りにいた婦人たちに美和を紹介しました。

美和が群馬で女性のための学び舎を作った事を話すと皆興味を持ってくれました。

更に製紙工場の女工や養蚕農家の女性たちがこの学び舎のメンバーでいる事やそのうち英語の学習なども取り入れるつもりだという事も話すと、婦人たちはそのような女にそこまでの教育は必要ないのではないかと言いました。

その言葉にご自分が今着ておられるドレスは群馬の女たちがつむいだ高品質の生糸でできているので、群馬の女性たちと全く関係ないわけではありませんと、答えました。


ドラマ大河ドラマ花燃ゆ【最終話】の動画を無料視聴する

ドラマ「大河ドラマ花燃ゆ」の感想や評価・口コミ

女性の感想

吉田松陰というその時代にしてとても大きなエネルギーをもった人と、松陰を育てた家族もまた大きいエネルギーを持っていたんだろうと想像がつ生きます。
変化の時代を生きていく家族とその時代のまわりの人たちの、日々が深くかつ楽しく描かれているので、とてもお気に入りのドラマです。 何度見てもいいです。


男性の感想

何となく歴史の流れがわかったし、興味が沸きました。
名が現代に残っている人々の空想もありますが、こんな時代だったのだと、この人達の犠牲で今があること、より良くするために自分の信念に悔いのない一生を未来の為に投げ出してくれたことに感謝です。
花燃ゆで歴史に興味が出ました。


女性の感想

吉田松陰役の伊勢谷友介が、これまで松陰を演じた俳優の中でも最高のはまり役です。
見た目の存在感から言葉の説得力、指導者としての優しさや革命家としての狂気に至るまで、どれをとっても松陰役ナンバーワンです。
松陰はさまざまな名言を残しており、「金八先生」よろしく伊勢谷の台詞に毎回泣かされています。

ドラマ「大河ドラマ花燃ゆ」の動画を動画配信サービスで無料視聴するあなたにおすすめの人気作品

TSUTAYADISCASで見ることができる井上真央の作品一覧

TSUTAYADISCASでおすすめの国内ドラマ作品

  1. コンフィデンスマンJP1運勢編
  2. ドラゴン桜12
  3. HERO12
  4. 今日から俺は!
  5. 99.9−刑事専門弁護士−12
  6. 半沢直樹12スペシャル
  7. 天国と地獄

ドラマ「大河ドラマ花燃ゆ」を動画配信サービスで無料視聴する方法まとめ

今回は、ドラマ「大河ドラマ花燃ゆ」の動画を無料視聴する方法やあらすじ・見どころなどについての紹介しました。

紹介したTSUTAYADISCASの公式動画配信サービスであれば、お試し無料期間を使うことにより手出し0円でドラマ「大河ドラマ花燃ゆ」をDVDレンタルで視聴できます。

是非この機会に試してみてください。