『ヒストリーボーイズ』全キャスト発表!生徒役に小西成弥、定本楓馬ら


2024年7月に上演される舞台『ヒストリーボーイズ』の全キャストが発表。これまでに、新木宏典、片岡千之助、長谷川初範、増子倭文江、石川禅の出演が発表されていたが、生徒役7名が明らかになった。

現代日本にも通じる教育と人間像を浮き彫りにする舞台『ヒストリーボーイズ』

『ヒストリーボーイズ』は、イギリスの劇作家であるアラン・ベネットによる戯曲。オックスフォード大学やケンブリッジ大学を目指す個性豊かな男子高校生たちの葛藤と成長、教師との対立などをユーモアたっぷりに描く中で、現代日本にも通じる、真の教育とはなにか、そして豊かな人間とは・・・を鋭く浮き彫りにしていく。

ユダヤ人で自分がゲイであることに悩んでいるポズナー役には小西成弥(ミュージカル『刀剣乱舞』シリーズなど)。敬虔なクリスチャンで作家志望のスクリップス役には定本楓馬(MANKAI STAGE『A3!』ACT2!~SPRING 2023~など)。スポーツは得意だが勉強ではまわりに追いつけないラッジ役には國島直希(ミュージカル『刀剣乱舞』~花影ゆれる砥水~など)。ユーモアがありヘクターの授業を楽しんでいるティムズ役には白又敦(『仮面ライダー鎧武』、舞台『モノノ怪~座敷童子~』など)。イスラム教徒で建築に興味があるアクタール役には納谷健(ライブ・スペクタクル『NARUTOーナルトー』など)。独自の視点で鋭いの意見を言うロックウッド役には前嶋曜(『Lamento -BEYOND THE VOID-』など)。趣味で演劇に興味があるクラウザー役には小田龍哉(舞台『テラヤマキャバレー』など)が決定。

様々なジャンルで活躍する若手からベテランが集い、教育の場での理想と、社会での現実に戸惑いながらも成長していく様子を繊細に作り上げていく。

舞台『ヒストリーボーイズ』は、7月20日(土)から7月28日(日)まで東京・あうるすぽっとにて上演される。

コメント紹介

◆ポズナー役:小西成弥
この度、舞台『ヒストリーボーイズ』にてポズナー役を演じさせていただきます。
すでに日本でも上演されている作品ですが、今回新たなキャスト・スタッフでこの作品を上演出来ること非常に嬉しく思います。
今、この時代に日本でこの作品を上演することに意義を感じて、ポズナーという役に寄り添い、同じ方向を向きながら自分なりのポズナーを創っていきたいです。
精一杯努めさせていただきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

◆スクリップス役:定本楓馬
この度、舞台『ヒストリーボーイズ』に出演させて頂きます。これから素敵なキャストの皆様と濃密な時間を過ごしていけるのが今からとても楽しみな気持ちでいっぱいですし、作品のなかにいろんなテーマがあるので、登場する高校生たちのように楽しんで、悩んで、もがいて、この『ヒストリーボーイズ』という作品を精一杯作っていけたらと思います。

◆ラッジ役:國島直希
ラッジ役を演じさせていただく國島直希です。
イギリスの作品ということで、とてもテンションが上がっています。海外作品は初めてなので、海外の思想、価値観、在り方を研究して楽しみたいと思います。台詞がない場面でラッジとしていかにリアルに生きるのかが、挑戦だなと思います。難しい言葉が飛び交うので、発するのと同等のエネルギーで聞くということをしっかり仕上げていきたいです。言葉ももちろんですが、態度、様子、トーンでしっかり観てくださるお客様に伝わるように頑張ります!10年前に尊敬する俳優の方達が同じ舞台をやっているので、その方達にも引けを取らない素敵な舞台を創りたいと思います!よろしくお願いします!

◆ティムズ役:白又敦
今作に参加できること、すごく嬉しく思っています。
歴史があり、たくさんの人に愛されてきた作品だと思います。
今回参加するキャスト、スタッフ一同で過去作とはまた違う作品作りをしていきたいです。
自分が演じるティムズというキャラクターを愛し、『THE HISTORY BOYS』という作品をリスペクトしながら稽古、本番に挑みます。
たくさんの方に見ていただけるようこれから本番の幕が降りるまで誠心誠意努めていきます。
応援よろしくお願いいたします。

◆アクタール役:納谷健
アクタールを演じさせていただきます、納谷健です。
勉学に長けて、詩や芸術にも明るい、そんな学生たちの熾烈な受験期間をユーモラスに描いていて、どんな個性で突き抜けていくのか、実験場を見ているような気分で作品を読んだり観たりしました。
学力トップクラスと言えど横並びに見えていた生徒たちが、それぞれの関門を打破していく中で、個々の色を強めていくのがとても印象的です。
演じる中でも仲間と鎬を削り、個々の色が出るよう、あらゆる関門に挑んでいきたいと思います。
先日、IQテストをしたら全問正解で122でした。正式なものではないにしても多少自信がつきました。頑張ります。

◆ロックウッド役:前嶋曜
ロックウッド役を演じさせていただきます、前嶋曜です。まずは、数ある中で名誉ある作品に携われること光栄に思います。「なぜ生きるのか」を題材にした演劇ユニット「CEDAR」さんが贈る、舞台『ヒストリーボーイズ』。10代の頃に誰しもが抱く、言葉では表現し難い”葛藤”や”苦悩”など幾つもの壁に直面する瞬間。何色にも染まることのできる”純粋さ”と”儚さ”。その繊細で脆く壊れやすい人間模様を、様々な人間と触れ合い、揉まれていくことで成長していく心の変化まで、自分の心と丹念に対話しながら細部まで表現し、作り上げていきたいと思います。よろしくお願いします。

◆クラウザー役:小田龍哉
演劇の楽しさ!ここに極まれり!
なれない者になれるというのは本当に楽しいです!
もうとっくに過ぎた、高校生という青い時代を演じることにとてもワクワクしております!
不安定で情熱的な若者とそれに対面する、何か秘密を孕んだ個性的な教師たち。
アーウィンとヘクターの教育の違い、若さからくる葛藤、偉人たちの言葉と詩、見どころ満載のこの作品が僕にとって、過去を知り現在を見て未来を考える。そんな大切な時間になりそうで、いまから稽古が楽しみです!
素敵な作品になること間違いなしです!
劇場でお待ちしております。

舞台『ヒストリーボーイズ』公演情報

<上演スケジュール>
2024年7月20日(土)~7月28日(日) 東京・あうるすぽっと

<アフタートーク>
7月21日(日)17:00 新木×千之助×小西×定本
7月23日(火)18:00 新木×千之助×國島×白又×納谷×前嶋×小田
7月24日(水)18:00 先生day 新木×千之助×長谷川×増子×石川
7月26日(金)18:00 学生オールスター 千之助×小西×定本×國島×白又×納谷×前嶋×小田

<クロストーク>
7月23日(火)13:00 「イギリスの文化と文学、演劇について」増田珠子日(駿河台大学経済経営学部教授)
7月25日(木)13:00 「演劇とことば」常田景子日(翻訳家)
7月27日(土)17:00 「時代の変化と共に生きる」堤幸彦日(演出家・映画監督)

<スタッフ・キャスト>
【作】アラン・ベネット
【翻訳】常田景子
【演出】松森望宏
【音楽・演奏】和仁将平
【ステージング】広崎うらん

【出演】
アーウィン:新木宏典
デイキン:片岡千之助

ポズナー:小西成弥
スクリップス:定本楓馬
ラッジ:國島直希
ティムズ:白又敦
アクタール:納谷健
ロックウッド:前嶋曜
クラウザー:小田龍哉

校長:長谷川初範
リントット:増子倭文江
ヘクター:石川禅

<チケット>
【料金】
全席指定:9,500円(税込)

【一般発売日】
2024年6月22日(土)10:00~

舞台『ヒストリーボーイズ』公式サイト

【公式WEBサイト】https://www.cedar-produce.net/historyboys/
【CEDAR公式WEBサイト】https://www.cedar-produce.com/
【CEDAR公式X(Twitter)】https://twitter.com/cedar_engeki

(C) PR TIMES Corporation All Rights Reserved.







チケットぴあ
『ヒストリーボーイズ』全キャスト発表!生徒役に小西成弥、定本楓馬ら
最新情報をチェックしよう!
テキストのコピーはできません。