アミューズ所属の俳優総勢22名が集った『ハンサムライブ』レポート!20年変わらず感謝


芸能事務所アミューズ所属の俳優によるイベント『Amuse Presents SUPER HANDSOME LIVE 2024“WE AHHHHH!”』が、東京・LINE CUBE SHIBUYAにて、3月22日(金)から3月24日(日)の3日間に渡り開催された。本記事では、そのライブレポートをお届けする。

『ハンサムライブ』とは?

『ハンサムライブ』とは、アミューズ所属俳優たちが2005年からスタートした“ファンに感謝を伝える”ために行われるイベントの総称。出演するメンバーやコンセプトは毎回変わるものの、感謝を貫くコンセプトと、ハイレベルな歌とダンスで人気を博してきた。

今回は、2025年に初開催から20年の節目を迎えるに際し、「20周年に向けて一緒に旅をしよう!」をテーマに設定。昨年12月に発売されたアルバム『HERE WE AHHHHH!』の収録曲を軸に据え、“旅”をイメージさせる演出も施しながら、総勢22名の俳優たちがファンへの感謝の想いを歌やダンスに乗せて届けた。

ライブレポート:20年目に向けて期待が高まる3日間

参加メンバーを紹介するオープニング映像からカウントダウンが始まると、真っ暗なステージを動く人影が。そして、カウントが「0」になったと同時にスポットライトが当たり、全身ホワイトの王子様風の衣装を纏った“ハンサム”たちの姿が目に飛び込んでくる。1曲目は『ハンサムライブ』初期から存在する人気曲「PARTY RIDE」。派手なパーティーチューンで一気に会場の熱を上げ、青柳塁斗は<TL(タイムライン)は超ハッピー>という歌詞を「“ハンサムライブ”は超ハッピー」と変えて歌う。観客も色とりどりのペンライトを手に持ち、振りを合わせながら大きな歓声を上げていた。

『Amuse Presents SUPER HANDSOME LIVE 2024“WE AHHHHH!”』

「ハンサムライブ始まったぞ!」と太田将熙が叫び、2曲目「THIS IS THE TIME」へ。力強いリズムに乗って、20人以上のメンバーが全員一緒に同じ振りを踊る場面は圧巻。3曲目「キミノリズム」は今回が初参加になる徳永智加来、林優大、本島純政と、2年目の青山凌大、岩崎友泰、山﨑光という布陣で披露。先輩から代々引き継がれているという制服のジャケットを着て、可愛らしいラブソングでフレッシュな魅力を発揮した。

『Amuse Presents SUPER HANDSOME LIVE 2024“WE AHHHHH!”』

コロナ禍にメンバーがアイデアを出し合って制作された「OVER THE RAINBOW」を全員で歌唱し、最後、一列に並び手をつないで“一歩”を踏み出す振付で締めると、最初のMCタイム。今回の“機長”ことMCを務める太田と山﨑から促され一人ひとり挨拶をしていく。

青柳が私物だという過去のグッズを持ってきてメンバーいじりをしてみたり、23日は21歳の誕生日当日だった林のために「ハッピーバースデイ」を観客も一緒になって歌ったり、各回だけのコメントで観客との距離を縮めていった。

ライブ中盤はアルバム『HERE WE AHHHHH!』のユニット曲や、過去の『ハンサムライブ』で名場面を作ってきた楽曲などで、曲ごとにさまざまな“ハンサム”たちの一面を見せていく。

『Amuse Presents SUPER HANDSOME LIVE 2024“WE AHHHHH!”』

観客を盛り上げたいという想いで制作された青柳、猪塚健太、岩崎、福崎那由他、松島庄汰による「ブチ上げ万歳!」では、法被を着て日の丸の扇子を持った徳永、林、本島、山﨑による”応援隊“も登場して、勢いのある楽曲をさらに盛り上げる。

『Amuse Presents SUPER HANDSOME LIVE 2024“WE AHHHHH!”』

青山、太田、兵頭功海、細田佳央太のミディアムナンバー「All ways,Always」は、曲の世界観を映像も使って表現。前半は4人がバスケットボールをしたりする楽しそうな姿と、それぞれ一人になって何かに思い悩むような姿を交えた映像をビジョンに映し、後半からメンバーが実際にステージに現れて歌唱するという展開。ステージ上でも椅子や木枠を使った劇風の振付で俳優としての表現力も見せた。

『Amuse Presents SUPER HANDSOME LIVE 2024“WE AHHHHH!”』

歌唱力に定評があり、ミュージカルでもその実力を発揮している甲斐翔真、平間壮一によるバラード「夜想曲 ― you‘re in…」は、ハンサム楽曲史上初めての女性目線で歌った楽曲。ミュージカルでの共演経験もあり、息ぴったりな二人のハーモニーが会場に響き渡った。

『Amuse Presents SUPER HANDSOME LIVE 2024“WE AHHHHH!”』

新原泰佑、東島京、水田航生、溝口琢矢、山﨑で披露した「Bet Me?」は、抜け感のあるダンスで大人の魅力を表現し、東島のネイティブな英語ラップなど、個々のポテンシャルの高さも示した一曲となった。もう1曲のダンスナンバー「Dress Up」は、24日夜公演はオリジナルメンバーの松岡広大も参加。太田、新原もともに各々違う自らのダンススタイルを存分にアピールした。

『Amuse Presents SUPER HANDSOME LIVE 2024“WE AHHHHH!”』

2013年に初演、2014年に再演され、独特な世界観とハイレベルなダンスで熱狂的な人気を博した「THE ALUCARD SHOW」から、2013年のハンサムライブでも披露している楽曲でもある“LASTALUCARD SHOW”を披露。1、2公演目は、昨年8月にアミューズに所属した松下優也と、植原卓也、平間のオリジナルメンバーが登場し、ファン待望の復活を遂げた。23日夜公演からは、松下の代わりに甲斐が登場し、持ち前の存在感と歌唱力を遺憾なく発揮。力強さと大人っぽさが共存するナンバーで、観客も雰囲気に合わせてペンライトの色を赤で揃え、会場の空気を一瞬にしてディープな世界へと変えていった。

人気曲の「Secret Kiss」は、回代わりのシャッフルメンバーでパフォーマンス。最年長の猪塚から最年少の東島まで、さまざまな組み合わせでそれぞれの色を見せて、観客を楽しませた。

『Amuse Presents SUPER HANDSOME LIVE 2024“WE AHHHHH!”』

そんな中盤ブロックの最後を飾ったのは「振り向いて…トゥナートゥイト」。曲が始まると何やら扮装をしたメンバーが登場し、某人気インド映画のオマージュとなっているのが徐々にわかってくる。ブルー系の衣装を着て歌うメンバーの前で寸劇が繰り広げられ、あの有名なダンスバトルも再現。最後は青柳と岩崎が結ばれる展開で一件落着となり、コミカルな演技でも魅せる“ハンサム”らしさ満載のパフォーマンスとなった。

各々の素が垣間見れるゲームコーナーを挟んで、「“ザ・ハンサム”な世界をお届けします」(太田)、「アクセル全開でぶち上がっていくぞ!」(山﨑)との号令から、後半戦に突入。アルバム『HERE WE AHHHHH!』の中の一番の注目曲とも言える「HANDSOME ANTHEM」がパフォーマンスされる。この曲は植原が作詞・作曲・プロデュースを担当し、メンバー一人ひとりのキャラクターを紹介していく内容となっている。歌う人が次に歌う人を紹介する流れで、ステージ上に紹介する人、される人が並び、される側は自分のエピソードを体現して見せる。

水田が松島の背中に壁ドンをしてみたり、青柳がプロテインを一気飲みしてみたり、平間がアクロバットを見せたり、新原が華麗なターンを踊ってみたり、兵頭が客席にボールを投げ込んでみたり・・・回を重ねるごとに全員が自分のパートのクオリティを上げていき、メンバーの名前を呼ぶ観客のコールもどんどん大きくなっていく。

またオリジナルには参加していなかった松下、松岡のバージョンも作られていて、この公演だけのスペシャルな形で披露された。

『Amuse Presents SUPER HANDSOME LIVE 2024“WE AHHHHH!”』

そのあとは、「BANG!」「Beautiful Stranger」というまさに“ザ・ハンサム”と言える盛り上がる定番曲を畳みかけ、ラストは「親孝行!!!」。メンバーも観客も全員でタオルを回し、汗だくになりながらの最高の盛り上がりの中で本編を終えた。

『Amuse Presents SUPER HANDSOME LIVE 2024“WE AHHHHH!”』

松島の振付講座を挟み、「ハンサムサンバ」がスタート。お揃いのグッズのTシャツを着たメンバーたちが、陽気なサンバのリズムに乗って歌い、踊り、観客も一緒になって歌い、踊る。その空気感のまま、「一人じゃないからね〜僕らの夢と希望〜」へ。メンバーと観客が一緒になって手を振りながら、<一人じゃないからね いつまでも傍にいるから>と声を重ねて、会場全体に多幸感が満ち溢れた。

メンバーからの挨拶では、それぞれに感謝の気持ちを語っていく。最後を結ぶこととなった太田は、他のメンバーに語り尽くされたため「何も言うことがない」と苦笑いしながらも「新しい景色をみんなで見たと思っていて、この景色をどんどん更新していって、みんなともっともっと最高のチームになれたらいいなと思っています。俺たちは一つのチームです。これからもハンサムたちについてきてください」と力強く述べて、MCとしての役割を全うしていた。

最後の曲「Never Let Go!」を歌い終えると、全員で手をつないで一列に並んでマイクを使わずに「ありがとうございました!」と感謝を叫ぶ。観客からの温かな拍手に見送られ、“ハンサム”たちは大きく手を振りながら全員が笑顔でステージを後にした。

初期はカバー曲がほとんどだった『ハンサムライブ』だが、今や、セットリストに入らない曲が出てくるほど、オリジナル楽曲の数も増えた。毎回、その時々のメンバーが自分の曲として歌い、数々の名場面を生み出してきた『ハンサムライブ』だけに、次にどんな景色を私たちに見せてくれるのか、20年目に向けて期待が高まる3日間となった。

全公演、一週間のアーカイブ配信あり!

『Amuse Presents SUPER HANDSOME LIVE 2024 “WE AHHHHH!”』の全公演を各公演日から一週間アーカイブ配信の実施。ぜひ、こちらもチェックを!

<配信アーカイブ期間>
【3月22日(金)公演】〜2024年3月30日(土)23:59
【3月23日(土)公演】〜2024年3月31日(日)23:59
【3月24日(日)公演】〜2024年4月1日(月)23:59
配信購入サイト: https://liveship.tokyo/handsome2024/

『Amuse Presents SUPER HANDSOME LIVE 2024 “WE AHHHHH!”』ライブ概要

開催スケジュール

2024年3月22日(金)18:00公演
2024年3月23日(土)12:30公演/18:00公演
2024年3月24日(日)12:30公演/18:00公演
会場:LINE CUBE SHIBUYA

【出演】
青柳塁斗 / 青山凌大 / 猪塚健太 / 岩崎友泰 / 植原卓也 / 太田将熙 / 甲斐翔真 / 徳永智加来 / 新原泰佑 / 林優大 / 東島京(24日のみ出演)/ 兵頭功海 / 平間壮一 / 福崎那由他 / 細田佳央太(22日、24日のみ出演)/ 松岡広大(24日夜公演のみ出演)/ 松下優也(22日、23日昼公演のみ出演)/ 松島庄汰 / 水田航生 /溝口琢矢 / 本島純政(22日、24日のみ出演)/ 山﨑光 (50音順)

セットリスト

M1:PARTY RIDE
M2:THIS IS THE TIME
M3:キミノリズム
M4:OVER THE RAINBOW
M5:ブチ上げ万歳!
M6:A(C)
M7:All ways,Always
M8:ねぇ神様お願い
M9:LAST ALUCARD SHOW
M10:Secret Kiss
M11:夜想曲 ― you‘re in…
M12:Bet Me?
M13:Dress Up
M14:振り向いて…トゥナートゥイト
M15:無礼講!!! 〜WE AHHHHH HANDSOME〜
M16:HANDSOME ANTHEM
M17:BANG!
M18:Beautiful Stranger
M19:親孝行!!!

<アンコール>
E1:ハンサムサンバ
E2:一人じゃないからね〜僕らの夢と希望〜
E3:Never Let Go!

公式サイト

【特設サイト】https://www.handsomelive.com/2024/

(写真・テキスト/オフィシャル提供)

[PR]






チケットぴあ
『Amuse Presents SUPER HANDSOME LIVE 2024“WE AHHHHH!”』
最新情報をチェックしよう!
テキストのコピーはできません。