児童小説を白井晃演出で『メルセデス・アイス』各回150名・18歳以下限定で無料招待


2023年8月に、イギリスの劇作家フィリップ・リドリーの児童小説を原作とした『メルセデス・アイス MERCEDES ICE』を、白井晃演出で上演することが決定した。本作は、「せたがやこどもプロジェクト 2023」《ステージ編》の本公演で、各回150名(合計1500名)限定で、18歳以下の方を無料で招待する(要予約・発券手数料)。

本作は、フィリップ・リドリーの児童小説を原作に、まつもと市民芸術館を拠点として活動する劇団TCアルプのため、白井が2012年に創作した作品。白井はこれまでも多くのフィリップ・リドリー作品を手がけており、世田谷パブリックシアターでも5作品を上演している。

物語では、街の中心にそびえ立つ巨大なタワー(Shadow Point)を軸に、その街に暮らす3世代にわたる人物たちが、愛や憎しみ、喜びや悲しみとともに生きる様子が描かる。登場するのは近所の魚屋さんやケーキ屋さん、超高層マンションの建設など、どれも身近な事柄ばかりだというのに、なぜか見たことがない奇妙で幻想的な世界が広がる・・・それでもふと気がつくと、いまの私たちが生きる人生や社会の本質が浮かび上がってくるような不思議な魅力に満ちた内容となっている。

児童小説を白井晃演出で『メルセデス・アイス』各回150名・18歳以下限定で無料招待

主人公メルセデス・アイス役には細田佳央太が決定。白井演出作品に感銘を受け出演を熱望していたという細田だが、白井は映像作品で活躍する細田の演技に以前から注目していたそうで、今回満を持して主人公抜擢となった。

メルセデスの幼なじみで純粋な女の子ヒッコリー役には、映画『リトル・マーメイド』吹替版でアリエル役に抜擢された豊原江理佳。重要な役割を果たすことになるこの役を豊原に託した白井は、豊原が舞台で発揮するエネルギーと類稀な存在感に期待を寄せている。

メルセデスの母ロージー役には、NHK連続ドラマ小説『おちょやん』でみせた繊細な演技で注目される東野絢香。このほか、篠原悠伸、名村辰、大場みなみ、斉藤悠、今泉舞らが名を連ねた。

そして、物語全体を支える影のタワーの作業員(作品全体のナレーター)役は、白井演出作品への出演経験があり白井が絶大な信頼をおく松尾諭が演じる。

せたがやこどもプロジェクト 2023《ステージ編》『メルセデス・アイス MERCEDES ICE』は、8月11日(金・祝)から8月20日(日)まで東京・世田谷パブリックシアターにて上演される。

せたがやこどもプロジェクト 2023《ステージ編》
『メルセデス・アイス MERCEDES ICE』公演情報

スタッフ・キャスト

【原作】フィリップ・リドリー
【翻訳】小宮山智津子
【演出】白井晃

【出演】
細田佳央太 豊原江理佳 東野絢香
篠原悠伸 名村辰 大場みなみ 斉藤悠 今泉舞
松尾諭

上演スケジュール

2023年8月11日(金・祝)~8月20日(日) 東京・世田谷パブリックシアター
<終演後ポストトーク>
8月15日(火)18:00 登壇者:細田佳央太、東野絢香、白井晃
8月17日(木)18:00 登壇者:豊原江理佳、松尾諭、白井晃

チケット

<チケット料金>(全席指定・税込)
一般:8,000円
18歳以下:0円
※各回150枚限定/先着順/要予約・発券手数料(110円)/当日要身分証明書
※ほか各種割引あり
※託児サービスあり
※車椅子スペース取り扱いあり

【チケット取扱】
世田谷パブリックシアターオンラインチケット https://setagaya-pt.jp/

【一般発売】2023年6月4日(日)10:00~

あらすじ

――“Shadow Point”で生きる3世代にわたる家族のおはなし――
メルセデス・アイスは影のタワーのことならなんでも知っている「影のタワーの王子」。
ある日、世界は黒と白の色のない世界に。
おもちゃのロボット、ドールハウス、お菓子やチョコ・・最後に欲しかったのは、「色」でした。

【第1部】
母ドールと父ハロルドの間に生まれた女の子ロージーと、母サンドラと父ヨゼフの間に生まれた男の子ティモシーは出会い、成長します。ロージーとティモシーは“影のタワー”が大好きでした。

【第2部】
ロージーとティモシーは結婚して大好きな影のタワーに暮らしています。
喧嘩をしたり、太ったり、いつしか毛が薄くなったりしながら暮らす二人。やがてロージーとティモシーの間に男の子が生まれます。
名は、“メルセデス・アイス”。

【第3部】
時が経ち、影のタワーは汚れて朽ちていきました。
ミセス・アイスはメルセデス・アイスを溺愛し、求めるもの全て与えるようになりました。
メルセデスと隣室に住むヒッコリーは共に成長し、古びたタワーの中で一緒に遊ぶようになりますが、自分を「影のタワーの王子」だと思っているメルセデスのワガママにヒッコリーは振り回されてしまいます。
ある日、甘やかされたメルセデスを諫めたヒルダとミセス・アイスは仲違いします。この二組の家族のもめごとが、最後、タワーの大爆発へとつながっていきます・・・。

公式サイト

【公式サイト】https://setagaya-pt.jp/stage/1892/
【公式Twitter】@mercedes_ice
【世田谷パブリックシアター公式Twitter】@SetagayaTheatre







チケットぴあ
児童小説を白井晃演出で『メルセデス・アイス』各回150名・18歳以下限定で無料招待
最新情報をチェックしよう!
テキストのコピーはできません。