【訃報】こまつ座・辻萬長氏が腎盂がんにより死去 大河ドラマ『鎌倉殿の13人』を辞退していた


俳優の辻萬長(つじかずなが)氏が、8月18日に腎盂(じんう)がんで死去したことが、所属事務所のワタナベエンターテインメント、および、所属劇団のこまつ座の発表より発表された。享年77歳。辻氏は、三谷幸喜が手掛ける2022年のNHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』に伊東祐親役で出演予定だったが、病気療養のため辞退していた。

辻萬長氏は1944年2月9日、佐賀県生まれ。1962年に劇団俳優座の養成所に入所し1965年に卒業、その後、劇団仲間へ入団した。1970年に同劇団を退団し、1991年に井上ひさしが主宰するこまつ座に所属。

『きらめく星座』『日の浦姫物語』『父と暮せば』『NINAGAWA マクベス』など、井上ひさし作品や蜷川幸雄作品など多数の舞台作品に出演。2001年には『化粧二題』で読売演劇大賞優秀男優賞、2003年には『雨』『ロンサム・ウェスト』で紀伊國屋演劇賞個人賞を受賞した。

8月13日にNHK総合で放送された、終戦ドラマ『しかたなかったと言うてはいかんのです』」が最後のドラマ出演となり、舞台は昨年7月に上演された三谷『大地(Social Distancing Version)』(作・演出:三谷幸喜)が最後となった。

謹んでご冥福をお祈りします。

関連記事

戦後70年となる今、日本人が観なければいけない物語がここにある。言わずと知れた井上ひさしの代表作『父と暮せば』。原爆投下から3年後の広島を舞台に繰り広げられるこの親子の絆の物語は、1994年の初演から今年までの約20年間でまもなく通算500[…]

チケットぴあ
NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
テキストのコピーはできません。