『東京ゴッドファーザーズ』松岡昌宏らが追う”奇跡”の物語が開幕!藤田俊太郎の演出で今敏の名作アニメが舞台化


『東京ゴッドファーザーズ』が、2021年5月12日(水)に東京・新国立劇場 小劇場にて開幕した。本作は、敏監督の長編アニメーション映画(2003年公開)を、藤田俊太郎の演出で舞台化するもの。出演は、松岡昌宏、マキタスポーツ、夏子、ほか。

新国立劇場のシリーズ「人を思うちから」の其の弐として上演される本作は、クリスマスの夜の東京を舞台に3人のホームレスが遭遇する”奇跡”の物語。様々な事情を重ねた、年齢も性別も異なる人々を、原作に共感した藤田がストーリーそのままに、演劇でしか成しえない表現で描いた。

物語の舞台は東京。登場人物は元ドラァグクイーンのハナちゃん、元競輪選手(自称)のギンちゃん、家出少女のミユキ、そして3人をとりまく東京に住む人たち。ある年の聖夜、ホームレスの3人は新宿のゴミ溜めで可愛い赤ん坊を見つける。拾った赤ん坊の親を探して3人は東京中を走り回り、様々な事件に遭遇しながらドタバタのコメディを繰り広げる。3人は新しい命との出会いを通して、それぞれ大切な人との奇跡の再会を果たし、再び生きていくことを選んでいく・・・。

また、舞台化にあたり時代設定を2003年から2020年に移し替えることで、現在の東京、そして日本が抱えている様々な問題をも抉り出そうとしている。

『東京ゴッドファーザーズ』は、5月12日(水)から5月30日(日)まで東京・新国立劇場 小劇場にて上演。その後、豊橋、兵庫、高崎を巡演する。上演なしは約1時間55分(休憩なし)。

(撮影/ 引地信彦)

『東京ゴッドファーザーズ』公演情報

上演スケジュール

【東京公演】2021年5月12日(水)~5月30日(日) 新国立劇場 小劇場
【豊橋公演】2021年6月4日(金)~6月6日(日) 穂の国とよはし芸術劇場PLAT 主ホール
【兵庫公演】2021年6月11日(金)・6月12日(土) 兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホール
【高崎公演】2021年6月17日(木)・6月18日(金) 高崎芸術劇場 スタジオシアター

スタッフ・キャスト

【原作】今敏
【上演台本】土屋理敬
【演出】藤田俊太郎

【出演】
松岡昌宏 マキタスポーツ 夏子

春海四方 大石継太 新川將人 池田有希子 杉村誠子 周本絵梨香 阿岐之将一 玲央バルトナー

【詳細】https://www.nntt.jac.go.jp/play/tokyo-godfathers/

 



チケットぴあ
『東京ゴッドファーザーズ』松岡昌宏らが追う"奇跡"の物語が開幕!藤田俊太郎の演出で今敏の名作アニメが舞台化
最新情報をチェックしよう!
テキストのコピーはできません。