loading
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

ショー・マスト・ゴー・オン――令和最初の読売演劇大賞贈賞式、開催

014224.jpg
画像を全て表示(3件)

2020年2月28日(金)に「第27回読売演劇大賞贈賞式」が東京都内にて行われた。読売演劇大賞(日本テレビ放送網後援)は、1994年に創刊120周年を迎えた読売新聞の記念事業として創設。国内で上演された舞台作品(1月から12月までの通年単位)から、すぐれた舞台作品・演劇人を顕彰してきた。第27回読売演劇大賞は、2019年の1年間に上演された舞台作品から選出。

日本文化の発展促進のため、歌舞伎や能などの古典から現代劇までを網羅し、ジャンルを問わず幅広い視野で選考。9名の選考委員が選んだ候補者・作品の中から演劇関係者108人による投票を行い、それをもとに最終選考回で決定した。「大賞」「部門最優秀賞」(最優秀作品賞、最優秀男優賞、最優秀女優賞、最優秀演出家賞)「最優秀スタッフ賞」「杉村春子賞(新人賞)」「芸術栄誉賞」が設けられている。

正賞受賞者には、各部門とも彫刻家・佐藤忠良氏作のブロンズ像「蒼穹」。副賞は大賞受賞者に200万円、それ以外の最優秀賞・杉村春子賞・芸術栄誉賞の受賞者に各100万円、各部門優秀賞には、記念のトロフィーと賞金10万円が贈呈。

「杉村春子賞」「芸術栄誉賞」は、投票委員からの推薦を受け、最終選考会で決定。同会で、5部門の最優秀賞と杉村春子賞の中から、その年の演劇グランプリとなる「大賞」が選ばれる。

第27回の選考委員は、赤川次郎(作家)、大笹吉雄(演劇評論家)、河合祥一郎(東京大学教授)、徳永京子(演劇ジャーナリスト)、中井美穂(アナウンサー)、西堂行人(演劇評論家、明治学院大学教授)、萩尾瞳(映画・演劇評論家)、矢野誠一(演劇・演芸評論家)、渡辺保(演劇評論家)の9名。

第27回各賞の受賞作品・人は以下のとおり。

014224_2.jpg

◆大賞・最優秀男優賞
橋爪功
『Le Pere 父』の演技

◆最優秀作品賞
『Q』:A Night At The Kabuki(NODA・MAP)

◆最優秀女優賞
神野三鈴
『組曲虐殺』『マクベス』の演技

◆最優秀演出家賞
松本祐子
『スリーウインターズ』『ヒトハミナ、ヒトナミノ』の演出

◆最優秀スタッフ賞
服部基
『チャイメリカ』『組曲虐殺』の照明

◆杉村春子賞
菅田将暉
『カリギュラ』の演技

◆芸術栄誉賞
『キャッツ』劇団四季

◆選考委員特別賞
岡田利規
『プラータナー:憑依のポートレート』の演出

◆優秀作品賞
『Le Pere 父』
『人形の家 PART2』
『スリーウインターズ』
『FACTORY GIRLS~私が描く物語~』

◆優秀男優賞
菅田将暉
平田満
水谷貞雄
山西惇

◆優秀女優賞
枝元萌
クリスタル・ケイ
増子倭文江
若村麻由美

◆優秀演出家賞
瀬戸山美咲
野田秀樹
蓬莱竜太

◆優秀スタッフ賞
笠原俊幸
鈴木光介
塚原悠也
土岐研一

なお、各賞の受賞者コメントと喜びの瞬間は、順次レポートしていく。

014224_3.jpg

(取材・文・撮影/エンタステージ編集部 1号)

この記事の画像一覧

  • 014224.jpg
  • 014224_2.jpg
  • 014224_3.jpg
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

オススメの記事

人気の記事