loading
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

明治座が再開!中川晃教がミュージカル『チェーザレ』コンサートにかける強い思い

014971.jpg
画像を全て表示(4件)
                  

2020年7月11日(土)・7月12日(日)に東京・明治座で中川晃教コンサート2020 feat.ミュージカル『チェーザレ 破壊の創造者』が開催される。当公演は、新型コロナウイルス感染拡大防止のためやむなく全公演中止となった惣領冬実による大ヒット歴史漫画を舞台化したミュージカル『チェーザレ 破壊の創造者』の主演・中川晃教によるコンサートで、明治座が新たにスタートする第一弾の作品となる。今回、中川にインタビューし、当公演にかける意気込みやゲスト出演する横山だいすけ、山崎大輝、井澤勇貴、近藤頌利らとの3ヶ月ぶりの再会に対する思いなどを聞いた。

014971_3.jpg

――今回のコンサートはどのように開催が決まったのでしょうか?

4月に開幕を予定していた『チェーザレ』はギリギリまで稽古をやっていたこともあり、明治座さんでの新たな1ぺージ、オリジナルミュージカルを生み出すということへのやる気がある日突然途切れてしまったという気持ちでした。明治座発のミュージカル、最初にふさわしいものにしたいという思いで作っていましたから。

規制が少しずつ緩和されていく中、明治座さんは、再開後一番目の作品として『チェーザレ』をミュージカルで上演するか、もしくはコンサート形式で上演するか、考えていたそうです。そして、今できる一番いい形として中川晃教のコンサートと『チェーザレ』を合体させたものが作れないか?という提案をいただきました。

正直、僕の中では“中川晃教のコンサート”と『チェーザレ』を掛け合わせるというものは全く想定してなかったので少し驚きました。出演キャストのスケジュールを確保して、ソーシャルディスタンスを守れる範囲で稽古や本番をどうにかできないかと、ギリギリまでせめぎ合いの検討をしていたと思うんです。でも、それはやはり難しいとなった時に「僕のコンサートで」と考えていただけたのは、明治座さんで『中川晃教コンサート2017 ~Seasons of love~』など何度かコンサートをやっていたおかげかなと・・・。そういう経験が実を結んだという嬉しさが後からこみ上げてきました。

――コンサートではどのような楽曲を歌われるのでしょうか?

『チェーザレ』からは、ゲストの横山だいすけお兄さんの曲を含めて5曲くらいを予定しています。その他に、『チェーザレ』は明治座さん初のオリジナルミュージカルなので、これまで僕が携わってきたオリジナルミュージカルというところに焦点を当てて楽曲を選びました。オリジナルミュージカルの魅力を伝えられるラインナップになっていると思います。

014971_4.jpg

――今回は中川さんの他にも『チェーザレ』共演者の方々が出演されますよね。

ゲストとして横山だいすけさん、山崎大輝くん、井澤勇貴くん、近藤頌利くんが出演してくれることになりました。山崎くん、井澤くん、近藤くんはトークコーナーだけなんですが・・・今回披露する楽曲の中に、何ヶ所か台詞が入るところがあるんです。アンジェロ役の山崎くんには、そういうところで参加していただいても良いのかなと思ったりしてます(笑)。

井澤くんと近藤くんはWキャストでドラギニャッツォという役を演じていて、あるシーンで「彼の魂を救ってください」と神に祈る「祈り」というナンバーを歌うんです。全てラテン語の、すごく素敵な楽曲で。その楽曲の時は、実際に彼らに倒れていただいたり・・・(笑)。トークコーナーだけでなく、そのシーンだけ参加していただくのも良いのかなと考えてます。トークももちろんがんばっていただいて(笑)。せっかく出演していただくので、ただでは帰さないぞ、と!・・・『チェーザレ』の世界観を身体を張って見せてくれ!と思っています(笑)。

――再会されるのは3ヶ月ぶりでしょうか?

そうなんです。3ヶ月ぶりの再会なので、会えるのがとても楽しみです。明治座さんの稽古場でギリギリまで作り上げて、2日後に大きい稽古場に移ってそこにセットをまた組んで、オーケストラさんも入れて、「オケ合わせやろうね」って言ったまま会えなかったんです。意気消沈したままみんなと別れているので、会えるのが本当に楽しみで。

ちなみに、横山だいすけさんは「皇帝」というナンバーを歌ってくださるんですけど、これも本当に素敵な楽曲です。横山さん演じるハインリッヒ7世は『チェーザレ』にとってすごく影響を与えた人物で、チェーザレは「皇帝か教皇、どっちが長に立つのが世界にとって平和なのか」ということをずっと悩んでいるんですが、その自分の中の大きな指針となっているのがハインリッヒ7世なんです。「皇帝」は、「あの人みたいな皇帝を僕は目指すべきなんじゃないだろうか」と思わせてくれるとても壮大なナンバーです。

そのナンバーを聞くだけで鳥肌が立っちゃいます。稽古中から横山さんの歌声が素晴らしかったので、横山さんがコンサートに参加してくださると聞いて本当に嬉しかったです!正直、「これは肩の荷が少し下りるぞ!」と思いました(笑)。一緒に稽古をしてきた仲間であることもそうですけど、それ以上に台詞や言葉で説明をせずとも歌を聴いていただけたら「あぁ、この舞台を観たかったな」とか「こういうことだったのかな」という想像をしていただける説得力があるので、そんな横山さんの歌声を皆さんにぜひ聞いていただきたいです。

014971_2.jpg

――公演を直前に控えた、今の思いを教えていただければと思います。

配信で観ていただくお客様は、24時間アーカイブに残るのでリアルタイムで観ることも、本公演後に観ることもできます。劇場で直接見るというライブ感の魅力はもちろんあると思うのですが、今回は配信もあるのでライブで観ることが出来ないお客さんにも魅力的に映る自分というものを想像して作っています。

この公演をやることになって、自分の向かっていく先が見え始めた気がするんです。幕を開けて新作オリジナルとしてちゃんと評価されるというのが自分の目指していた『チェーザレ』の一つの目標だったけど、それが叶わなくなりました。でも、このコンサートで『チェーザレ』という作品を知らなかった人にもこの明治座から何かが生まれようとしていたということを伝えて、本公演も観たいと思わせる自分にならなきゃいけないなと。新たな自分を見つめるきっかけにもなっていると思います。

『チェーザレ』という舞台は幕を開けられなかったけど、明治座さんの新たな一歩を『中川晃教コンサート2020 feat.ミュージカル『チェーザレ 破壊の創造者』』で始めたいと思ってくださったというのは、ギリギリまで稽古場で制作スタッフや明治座の皆さんと一緒に作っていた“熱”をこのコンサートに詰め込みたい、と思ってくださったということだと思うんです。

明治座さんのオリジナルミュージカルを作るという熱意、情熱と言うものを、本公演とは違う形ではありますが、その情熱は確かなんだと感じてもらえるようなコンサートにしたいと、そして明治座さんの再開にふさわしいコンサートにしたいと強く思っていますので、ぜひ楽しんでいただければと思います。

◆公演情報

中川晃教コンサート2020 feat.ミュージカル『チェーザレ 破壊の創造者』
2020年7月11日(土)・7月12日(日) 明治座

【出演】
中川晃教
横山だいすけ
山崎大輝(トーク出演) 井澤勇貴(トーク出演・11日のみ) 近藤頌利(トーク出演・12日のみ)

【公演詳細】https://db.enterstage.jp/archives/3620

スタイリスト:Kazu(WORLD STYLING)
ヘアメイク:井上京子

(取材・文・撮影/エンタステージ編集部 3号)

            

この記事の画像一覧

  • 014971.jpg
  • 014971_3.jpg
  • 014971_4.jpg
  • 014971_2.jpg
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

オススメの記事

人気の記事