エンタステージ

演劇の楽しさを提案する総合情報サイト

こまつ座『母と暮せば』 (2018年)

Sorry, no image.

名作映画が舞台化

1948年8月9日。長崎で助産婦をして暮らす伸子の前に、3年前に原爆で死んだ息子・浩二が亡霊となってひょこり現れる。その日から、浩二は時々伸子の前に現れて言葉を交わすようになる。奇妙だけれど、喜びに満ちた二人だけの時間は永遠に続くようにみえた――。

詳細情報

公演期間
劇場
  • 市川市文化会館
  • 草加市文化会館
  • 紀伊國屋ホール
キャスト
公式サイト 『こまつ座『母と暮せば』』公式ホームページ

関連タグ

関連記事

この作品をみた人はこんな作品もみています

トップへ戻る