HEADLINE

作品データベース

母に欲す (2014年)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
母に欲す

あなたにとっての「母」とは何ですか?あなたは「母」に何を求めているのですか?

都会住まいで金もなく職もない、生きていくやる気すら見えない自堕落な男の元に、母の死を伝える電話が入る。男は慌てて地元に戻ったものの、とっくに葬儀は終っており、実家暮らしの弟に罵倒され、後悔にさいなまれる。「母の死」という欠如感は弟、そして父親にも大きな影響を与え、それぞれが何かを埋めようともがきながら日々を過ごす。そして四十九日が過ぎ、まだ実母の記憶が鮮明に残る時期に、父親が新しい「母」を連れてきたため、兄弟は困惑する。

2006年に『愛の渦』で岸田國士戯曲賞を受賞、過激な暴力描写・性描写で人間の本質を描くポツドール主宰・三浦大輔が「息子にとっての母親」をテーマに据えて描いた本作は、舞台上の時間の流れも含め、実際に存在する家族や人物を描いたかと思うような生々しさを観客にぶつけてくる。主人公の兄弟を演じる峯田和伸(銀杏BOYZ)と池松壮亮。見かけは正反対だが、本質的な部分で「兄弟」と感じさせる演技力は必見。

母に欲す 詳細情報

主催
  • パルコ
公演
劇場
  • PARCO劇場
  • ほか
キャスト
スタッフ

『母に欲す』公式ホームページ

RELATED TOPICS

関連記事

OUR RECOMMENDATION

この作品をみた人はこんな作品もみています

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

HOT ENTRY

注目の作品

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP