稲垣成弥、野口準、高本学、安里勇哉が新たなヒーローとして登場!『エリオスライジングヒーローズ』第2弾開幕レポート


2024年3月7日(木)に東京・シアター1010にて、Action Stage『エリオスライジングヒーローズ』-THE WEST-が開幕した。初日当日に公開ゲネプロと囲み取材が行われ、稲垣成弥、野口準、高本学、安里勇哉が登壇した。

稲垣成弥、野口準、高本学、安里勇哉が新たなヒーローとして登場!『エリオスライジングヒーローズ』第2弾開幕レポート

「エリオスライジングヒーローズ」とは?

Happy Elements カカリアスタジオが贈る、特殊能力で街を守る『ヒーロー』たちの戦いや葛藤、仲間との絆や成長を描くヒーロー育成コマンドバトルRPG「エリオスライジングヒーローズ」を原作としたAction Stage「エリオスライジングヒーローズ」(通称:エリステ)は、2022年12月にサウスセクターを主軸とした第一弾を上演し、本格的なアクションと、1部芝居パート・2部ライブパートの二部構成のステージが好評を博した。

第二弾となる本作は、物語の視点をウエストセクターに移し、原作ゲームの第2章のストーリーをメインに、ウエストセクターメンバーの前途と作中に大きな影を落とした【イクリプス】との抗争、【ロスト・ゼロ】を起因とした物語を中心に描く。

キャストは、主演キース・マックス役を稲垣、レオナルド・ライト・Jr役を野口、フェイス・ビームス役を高本、ディノ・アルバーニ役を安里。そのほかにビリー・ワイズ役を岩城直弥、シリウス役を小野健斗が務め、そして第一弾から引き続き、ブラッド・ビームス役に馬場良馬、ノヴァ・サマーフィールド役に横井翔二郎、シン役に大隅勇太、シャムス役に杉江大志が続投する。

3月7日(木)から3月16日(土)まで東京・シアター1010、3月23日(土)・3月24日(日)に京都・京都劇場にて上演。

取材会レポート:「ちょっとアダルティなエリステに」

稲垣成弥、野口準、高本学、安里勇哉が新たなヒーローとして登場!『エリオスライジングヒーローズ』第2弾開幕レポート

囲み取材では、まず見どころについて、稲垣が「ウエストセクターと、僕が演じるキースの回想のようなストーリー2本が入り乱れている中で、最後に一つにまとまるというストーリーを皆さんに楽しんでいただきたいです。あと、やっぱり“Action Stage”と言ってるだけあって、アクションがふんだんにありますので、そこもぜひ皆様に楽しんでいただけたらと思っております」と挙げた。

野口も、見どころについて稲垣に同調しつつ、「皆様に楽しんでいただける瞬間がすごくたくさんあって、それが最後に一つにまとまった時にすごく楽しんでもらえると思います。本当に観ていて面白いと思ってもらえる作品だと思うので、何回観ても楽しんでもらえる見どころがいっぱい詰まっています」と胸を張った。

稲垣成弥、野口準、高本学、安里勇哉が新たなヒーローとして登場!『エリオスライジングヒーローズ』第2弾開幕レポート

本作は、第一弾と同じく2部構成で、2部はライブパートとなっている。その見どころについて、高本は「お客さんから観ても、キャストから観ても、すごく楽しいショーになってると思います。お客さんと一緒に盛り上がってもらえること間違いなしのライブパートになっていると思いますし、楽曲が全て素敵なので、一緒に楽曲を盛り上がってもらえると嬉しいです」とアピールした。

安里は、自分を含めた大人キャストの見どころとして、「今回、わりと大人なキャストが集まっていて、ちょっとアダルティなエリステになっています。歌もあって、アクションもあって、ダンスもあってという、いろんなものが入ってる舞台では珍しく、平均年齢が高めというか、本当に大人の感じを出せていけたらいいなっていうのもあります。お芝居ではそういった面で、アクションはもちろんのこと、心情だのお芝居だったりの1部と、ライブパートの2部で、大人たちが全力で楽しみながら、みんなでお客様を楽しめたい一心ではしゃぐというところも観てほしいです」と訴えた。

続いて、稲垣は、“Action Stage”としての魅力であるアクションの稽古について、「アクションは普通の舞台よりも盛りだくさんになっています。セットが傾斜になってたりとか、3階から飛んだりとか、普段ではあんまりやらないようなアクションを今回はしております。3階に関しては劇場で初めて合わせさせてもらったので、そこの時間もたっぷり取ってもらって、僕らも練習させてもらいました。アクションはやっぱり大変で、苦労しました」と振り返った。

また、エリオスに所属するヒーローたちの特殊能力の表現について、高本は「特殊能力のかっこいい見せ方について、映像が多くなっているので、お客さんにどう見えるかという客観的な目線を大切にしながら作った部分が1番苦労してるし、時間かかったなと思います」と難しさを語りつつ、「これからゲネプロですけど、初日にはお客さんにかっこいい特殊能力を見せられるんじゃないかなと思います」と自信を覗かせた。

稲垣成弥、野口準、高本学、安里勇哉が新たなヒーローとして登場!『エリオスライジングヒーローズ』第2弾開幕レポート

囲み取材の最後には、それぞれから意気込みとメッセージが送られた。

安里は「今ここにいる4人は、今回からの新キャラクターということで、僕らは新しい風として、初演を楽しんでいただいたお客様ももちろんですし、今回初めて観てもらうお客様も含めて、僕らは僕らで、前回からいるメンバーの力も借りて、新しくエリステ第2弾ということで、面白さをさらに伝えて、第三弾に持っていけたらという風に思っております」とコメント。

高本は「第一弾とはガラッと変わった空気感で、結構アダルティーな会話劇が多いんじゃないかなと思うんですが、お客さんに楽しんでもらえるような、そんな仕組みがたくさんあります。どのキャラクターを注目してもらっても感情移入できていくんじゃないかと思うので、ぜひ劇場に足を運んでいただき、何回でも観てもらって、推しキャラを見つけていただければと思います」と呼びかけた。

野口は「出てくるキャラクターたち全てがすごく生き生きしていて、そんな世界が広がっている作品です。僕自身もすごく板の上で生き生き、のびのびで行きたいという風に思っております。みんなが楽しんでいる姿を見て、ぜひ楽しんでくれたら嬉しいです」と期待を寄せた。

稲垣は「今日まで、いろんなことをみんなで考えて、いろんなことを提案しながら、みんなでこの作品を作ってきて、もうやれることはやりました。あとは皆さんの前に立って、観ていただき、それを楽しんでもらえたら、俺たちもここまで頑張ってきたというものが報われるんじゃないかと思います。その中で、相乗効果でもっと面白い舞台になっていくと思いますので、これからも応援のほどよろしくお願いします」と会見を締めた。

公演レポート:ルーキーヒーローと情報屋ビリー、そしてメンターたちの2本のストーリーを軸に

稲垣成弥、野口準、高本学、安里勇哉が新たなヒーローとして登場!『エリオスライジングヒーローズ』第2弾開幕レポート

第一弾では、第13期生のルーキーヒーローのアキラ、ウィル、レンやガストらを中心とした物語が描かれていたが、本作では、大都市ニューミリオンのウェストセクターを舞台に、第13期生のルーキーヒーローであるジュニアとフェイス、ヒーローでありながら情報屋でもあるビリーを中心としたストーリーを基本軸に、ジュニアとフェイスのメンターであるキース、メンターリーダーでフェイスの兄であるブラッド、そして、キースとブラッドのアカデミー時代からの同期ディノとのストーリーの2本を軸に展開。

稲垣が見どころとして挙げた、ルーキーたちの成長物語と、キースを中心とした悲哀とミステリアスに満ちた物語が交錯することで、深みのあるストーリーとなっており、そこにロストガーデンのシンとシャムスのほかに、謎の存在シリウスもついに登場することで、物語が加速していく。

稲垣成弥、野口準、高本学、安里勇哉が新たなヒーローとして登場!『エリオスライジングヒーローズ』第2弾開幕レポート

第一弾のセットは回り舞台を中心としていたが、本作では同じシアター1010でありながら、高さのある3階層のセットの中に、階段や部分的な傾斜などがあり、第一弾とはまた趣の違うセットとなっている。そんな高低差の大きいダイナミックなセットを縦横無尽に駆使することで、“Action Stage”としての魅力であるアクションと能力バトルがさらにパワーアップしている。

主演を務める稲垣は、自堕落メンターのキースを、やれやれ系な大人のダメさ加減と、ディノに関わる悲しみを胸に秘めた二面性を巧みに演じている。

稲垣成弥、野口準、高本学、安里勇哉が新たなヒーローとして登場!『エリオスライジングヒーローズ』第2弾開幕レポート

短期でキレやすいが優秀なスーパールーキーのジュニアを演じる野口は、元気爆発な演技でバツグンの存在感を見せつければ、高本は、クールでアダルティーなフェイスの魅力を存分にステージ上で醸し出している。さらに、キースとブラッドの仲を取り持つディノを、安里が「ラブアンドピース」を口癖に人懐っこく明るく演じきる。

そして、前作から引き続き出演する馬場は、戦隊ヒーローでも大人ヒーローを演じていただけに、メンターリーダーであるブラッドをハマリ役として、舞台を引き締めている。

稲垣成弥、野口準、高本学、安里勇哉が新たなヒーローとして登場!『エリオスライジングヒーローズ』第2弾開幕レポート

第一弾と同じく2部構成である本作。2部では舞台主題歌を含む、舞台オリジナルの書き下ろし楽曲を披露するライブパートとなっているので、ぜひペンライトや声出しで一緒に盛り上がってほしい。また、キャラクターたちの歌唱とダンスだけでなく、1部の芝居パートにはなかったキャラクターたちの違った一面も披露されるので、その点も見どころだ。

稲垣成弥、野口準、高本学、安里勇哉が新たなヒーローとして登場!『エリオスライジングヒーローズ』第2弾開幕レポート

第二弾として世界観の広がるを見せるエリステ。新キャラクターたちと続投キャラの共演によるストーリーとアクションによって、エリステのさらなる可能性を期待させるステージとなっている。

(取材・文・撮影/櫻井宏充)

Action Stage『エリオスライジングヒーローズ』-THE WEST- 公演情報

上演スケジュール

【東京公演】2024年3月7日(木)~3月16日(土) シアター1010
【京都公演】2024年3月23日(土)~3月24日(日) 京都劇場

チケット

スタッフ・キャスト

【原作】「エリオスライジングヒーローズ」(Happy Elements 株式会社)
【演出】吉谷晃太朗
【脚本】米山和仁(劇団ホチキス)
【アクション監修】奥住英明(T.P.O. office)
【アクション監督】町田尚規

【出演】
キース・マックス:稲垣成弥
レオナルド・ライト・Jr:野口準
フェイス・ビームス:高本学
ビリー・ワイズ:岩城直弥
ノヴァ・サマーフィールド:横井翔二郎
シン:大隅勇太
シャムス:杉江大志
シリウス:小野健斗
ディノ・アルバーニ:安里勇哉
ブラッド・ビームス:馬場良馬

アンサンブル
町田尚規
田中慶
高野雄貴
清水優志
安久真修
松崎友洸
大塚悠斗
杉山湧哉

あらすじ

【HELIOS】第13期生の入所式を経て、新たに『ヒーロー』となったルーキー、ジュニアとフェイスがウエストセクターに配属される。
しかし、2人が配属された先は、メンターリーダーのブラッドの意向によりメンターが1人しかいない異例なチーム。
更にメンターのキースは全く指導意欲がなく、ルーキー2人を放置する。やる気のないチームの雰囲気に苛立ちを覚え、転属を望むジュニアと我関せずのフェイス。チームワークを高めるどころか溝はますます深まるばかり。
そんな中、【イクリプス】が起こした事件により過去と今を繋ぐ歯車が動き出す。
すべての始まりは4年前の【ロスト・ゼロ】。

――或る『ヒーロー』の死。

公式サイト

【公式サイト】http://stage-helios-r.com
【公式Twitter】@stage_helios_r

(C) 2022 Happy Elements K.K/AS エリオス R 製作委員会







チケットぴあ
稲垣成弥、野口準、高本学、安里勇哉が新たなヒーローとして登場!『エリオスライジングヒーローズ』第2弾開幕レポート
最新情報をチェックしよう!
テキストのコピーはできません。