舞台『てにあまる』開幕!藤原竜也、高杉真宙、佐久間由衣、柄本明が見せる濃密な人間関係


Sky presents 舞台『てにあまる』が、2020年12月19日(土)に東京・池袋の東京芸術劇場 プレイハウスにて開幕した。本作は、藤原竜也、高杉真宙、佐久間由衣、柄本明の4人芝居。演出は柄本自らが務める。

5年前に共演し、互いに再共演を熱望していた柄本と藤原。その念願の共演のほか、自身の劇団乾電池でも数多くの作品の演出を手掛けてきた柄本が、劇団外で初めて演出を手掛けることも注目の一つだ。

脚本は、2011年に岸田戯曲賞を受賞し、劇団サンプルの活動のほか、国内外でも注目される劇作家・松井周によるオリジナルの書き下ろし作品。柄本と松井は初顔合わせながら、対話を繰り返し通じ合うものを見つけ、信頼関係を深めていったという。

物語は、高級なスーツに身を包んだ男が取り壊し寸前のアパートに住む老人を訪ねるところからスタートする。抗うことのできない力に対峙する人間の姿を生々しく、かつ演劇的に描いた現代劇に仕上がった。

藤原は、困難な状況に追い込まれた人間の複雑な心情を丁寧に情感的に体現。その藤原演じる男にとって圧倒的な存在となる老人を、演出と出演の二役を担う柄本が存在感たっぷりに演じる。柄本が「天才だ」と絶賛する藤原と、魂のぶつかり合いを繰り広げる姿は、ナマの演劇ならではのエネルギーとほとばしる情感を放つ。

さらに、藤原演じる男の忠実な部下役に高杉。男の別居中の妻役を佐久間が演じる。濃密な人間関係を描いた物語の中で、二人の存在はどこか明るい未来を感じさせた。

作品を多くの観客へ届けるため、稽古中から感染対策を徹底しており、劇場に入ってからもギリギリまで稽古はマスク着用で行われた。楽屋や大道具小道具にもすべて抗菌処理を施し、楽屋内に菌を持ち込まないよう衣服・靴・マスクの取り替えなど厳密にルール化。

もちろん主催者は劇場での対策も徹底し、検温・消毒、劇場内のこまめな消毒、ロビーでの密を避ける動線確保や換気の強化にも努め、予防対策を出演者が呼び掛ける動画を配信するなど様々な対策を講じている。

Sky presents 舞台『てにあまる』は、2021年1月9日(土)まで東京・東京芸術劇場 プレイハウスで公演ののち、鳥栖、大阪、愛知、三島の4都市を巡演。上演時間は1時間40分(休憩なし)を予定。

なお、クリスマス・お正月キャンペーンとして対象日程の公演に来場すると、キャストによるアフタートーク映像がもらえるキャンペーンを実施中。

【詳細】https://horipro-stage.jp/event/teniamaru20201210/
【公演オリジナルグッズ】https://horipro-stage.jp/pickup/teniamaru20201218-2/

(文・写真/オフィシャル提供、編集/エンタステージ編集部 1号)

コメント紹介

◆柄本明(佐々木隆彦役/演出)
松井さんと色々な話をして、稽古場では出演者の皆さん、スタッフの皆さんと話し合いながら創ってまいりました。
藤原さん、高杉さん、佐久間さん、みな、 本当に素晴らしい俳優です。
こういう物語です、そしてこういう時代です。
ひとことで表現はできませんが、どのように感じて頂くのもお客様の自由です。
劇場での観劇をどうぞ楽しんでいただけたら嬉しいです。

◆藤原竜也(鳥井勇気役)
ここまで柄本さんと共に、そして(高杉)真宙、(佐久間)由衣ちゃん、スタッフの皆さんと試行錯誤の日々でしたが、ついに初日までたどり着きました。
コロナ禍という大変な時ではありますが、なんとか初日を迎えられること、お客様に僕たちが創り上げた作品をお見せできること、いち演劇人として、喜びを感じています。
大千穐楽を迎えられるよう感染予防対策をしっかりしながら、この4人とカンパニー皆で駆け抜けていきます。
劇場で、お待ちしています。

◆高杉真宙(三島茎水役)
劇場に入って、いよいよ本番が始まるんだなと身震いしています。
舞台上に立つ御三方が素敵で、自分がこの一員の中で演技をしていることを再確認しつつ更にがんばろうと思えます。初日から千穐楽まで無事に走りきれるよう、丁寧に立ちたいと思います。

◆佐久間由衣(鳥井緑役)
稽古中、本当にいろんなことがありました。いろんな自分と出会いました。
幕が上がる今、いざ思い返してみると、いつも受け止めてくださった共演者と関係者の皆さんの姿を思い出します。 舞台上でも変わらず、 限りある時間を噛み締めたいと思います。

◆松井周(脚本)
劇場に入り、光や音が加わってから、俳優のエネルギーというものがどんどん増していくというのを目の当たりにしています。水を得た魚です。
なかなか人と直接向き合えない今だからこそ観ていただきたい作品になりました。よろしくお願いします。

あらすじ

一人で暮らす老人(柄本明)の家に、男(藤原竜也)がやってくる。老人は戸惑うが、その男は老人を家に連れて帰り、二人の奇妙な同居生活が始まる。
男はベンチャー企業の経営者であり、部下(高杉真宙)が彼を支えている。部下は男の家を訪れ、見知らぬ老人がいるのに驚く。男は「家政夫だ」と老人を紹介する。部下は男に対して盲目的な憧れと畏れがあり、素直に信用する。
ある日部下は、男の別居中の妻(佐久間由衣)を連れてくる。妻は男と離婚をしたがっており、その話し合いのためだ。家政夫の老人に対して怪訝な目を向ける妻に、老人は不敵な笑みを浮かべる。
妻と部下の関係を疑い、壊れていく男。その様子に心が離れていく妻と部下。
男と妻子の間には何があったのか。 そして老人しか知らない、 男の過去の真実とは何か。
これは家族をやり直そうとする物語。
あるいは、家族を終わらせようとする物語――。

公演情報

Sky presents 舞台『てにあまる』
【東京公演】2020年12月19日(土)~2021年1月9日(土) 東京芸術劇場 プレイハウス
【鳥栖公演】2021年1月16日(土)・1月17日(日) 鳥栖市民文化会館 大ホール
【大阪公演】2021年1月19日(火)~1月24日(日) 新歌舞伎座
【愛知公演】2021年1月26日(火)・1月27日(水) 刈谷市総合文化センター大ホール
【三島公演】2021年1月30日(土)・1月31日(日) 三島市民文化会館・大ホール

【脚本】松井周
【演出】柄本明

【出演】
藤原竜也 高杉真宙 佐久間由衣 柄本明

【公演詳細】https://horipro-stage.jp/stage/teniamaru2020/

チケットぴあ
最新情報をチェックしよう!
テキストのコピーはできません。