loading
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

マシュー・ボーンの『赤い靴』がついに東京で観られる!

013641.jpg
画像を全て表示(6件)

バレエ界の奇才マシュー・ボーンが2016年に発表した『赤い靴』が、2020年6月に東京・東急シアターオーブにて上演されることが決定した。本作は、アンデルセンのおとぎ話と、イギリスのバレエ映画『赤い靴』(1948年公開)を元に生み出した作品。世界一のプリマを目指すバレリーナが、二人の男性との三角関係に発展するラブストーリーの中で、“愛を取るか”“ダンサーとしての成功を選ぶか”と葛藤する姿を描いている。

013641_2.jpg

英国で行われた世界初演では、チケットが即完売。ローレンス・オリヴィエ賞では2部門(ベスト・エンターテインメント賞/ベスト・コレオグラフィー賞)を獲得した。

世界最長ロングラン記録を持つバレエ作品の創り手であるマシュー・ボーンは、ローレンス・オリヴィエ賞を5回受賞、トニー賞の優秀振付賞と最優秀ミュージカル演出賞の両方を受賞した唯一のイギリス人でもある。日本では、白鳥役を全員男性が演じる『白鳥の湖』や『くるみ割り人形』『眠れる森の美女』『シンデレラ』など、古典作品を斬新な手法で新解釈し、人気作品を生み出してきた。

013641_3.jpg

2016年に母国イギリスより“ナイト”の称号を得たマシュー・ボーンは「長年かかえている野望」として、『赤い靴』の舞台化を掲げていた。インタビューではこう語っている。「映画『赤い靴』は私が初めて観たバレエです。それは怪しくもあり、また素晴らしいバレエの世界を教えてくれるものでもありました。バレエとはとても魅力的なものに思え、 歴史というパズルのひとかけらをありありと見た気がしたのです」

013641_4.jpg

マシュー・ボーンの『赤い靴』は、2020年6月17日(水)から6月28日(日)まで東京・東急シアターオーブにて上演される。チケットは2020年2月29日(土)より一般発売開始。

013641_5.jpg

【公式トレイラー】https://youtu.be/8CF2pvKb_MA

【公式サイト】https://horipro-stage.jp/stage/redshoes2020/
【公式Twitter】@mbna_jp

(photo by Johan Persson、写真提供/ホリプロ)

この記事の画像一覧

  • 013641.jpg
  • 013641_2.jpg
  • 013641_3.jpg
  • 013641_4.jpg
  • 013641_5.jpg
  • 013641_6.jpg
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

オススメの記事

人気の記事