loading
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

高級ホテルで甘い一夜のはずが・・・!? 山寺宏一×水島裕による『Out of Order』開幕

013584.jpg
画像を全て表示(10件)

2019年11月28日(木)に東京・三越劇場にてラフィングライブ第五回公演『Out of Order』が開幕した。初日当日には公開ゲネプロと囲み会見が行われ、山寺宏一、三石琴乃、水島裕、演出の野坂実が登壇した。

本作は声優、俳優、タレントとして幅広く活躍する山寺と水島、そして演出家・野坂という3名がコメディーをやるために2015年に立ち上げた演劇ユニット「ラフィングライブ」の最新作。ユニット名の“ラフ”にはlaugh(笑う)とrough(自然体の、リラックスした)の二つの意味が込められており、大いに笑ってリラックスし、元気になってもらえる生の舞台=ライブを上演している。

旗揚げ公演からイギリスを代表する人気劇作家レイ・クーニーや、その息子マイケル・クーニー原作による本格コメディーを上演し続けており、今作もレイ・クーニーの笑劇(ファルス)となっている。

013584_02.jpg

出演は山寺、水島に加え、寿美菜子、岩崎ひろし、斎藤志郎、高橋広樹、斉藤こず恵。そして三石、名塚佳織、岩尾万太郎の3名はラフィングライブ初参加となっており、声優としても役者としてもマルチに活躍する豪華なキャストが顔をそろえている。

物語の舞台は、ロンドンのとある高級ホテルのスイートルーム。臨時国会が行われている夜に、イギリス与党副大臣のリチャード(山寺)は妻・パメラ(三石)との思い出が詰まったそのスイートにチェックイン。しかし、今夜の目的は野党議員の秘書・ジェーン(寿)との密会だった。誰にも知られず甘い一夜を過ごすはずが、思いもよらない大事件が発生してしまう!

リチャードは正直者の秘書・ジョージ(水島)を巻き込んで窮地を脱しようとするのだが、ホテルの支配人(斎藤)、ウエイター(岩崎)、メイド(斉藤)、ジェーンの夫(高橋)、看護婦(名塚)、謎の男(岩尾)たちによって政治家生命のかかった人生最大のピンチを迎えてしまうことに……。果たしてリチャードは乗り切れるのか!?

013584.jpg

演出の野坂は「クーニー親子作品の5回目の上演となりますが、舞台上のギミックが今までの中で1番細かくて多いんです。タイミングを一つ間違えるとグダグダになってしまうお芝居を、裏方さんと表に出ている役者が一丸となって“ワンチーム”で臨んでいる公演となっています」と挨拶し「通常のレイ・クーニー作品と違い、少し遊びが多い脚本なので、その部分の役者の演技の妙が見どころです」とアピールした。

ラフィングライブで5回目となる公演を迎えた山寺は「やっと5回、まだ5回という感じです。本番前というのは逃げ出したくなるぐらいの気持ちですが、舞台の上でお客さんにたくさん笑っていただければ、それがエネルギーとなって、テンションも上がっていくと思いますので、ぜひ楽しんでください」と挨拶。

013584.jpg

水島は「山寺さんに今年も振り回され、メチャクチャな人生を送るはめになったジョージ役の水島です」と笑うと「“ワンチーム”でがんばってきたので、作ってきたものを皆さんに精一杯、お届けしたいと思います」と意気込みを披露。

ラフィングライブ初参加となる三石は「先輩たちと一緒に舞台に立てるのがうれしくてたまらない気持ちでいっぱいです」と笑顔を見せ、「自分の出番は二幕からなので、一幕はお客さんみたいな感覚で観ていますが、笑っています。楽しい作品になっていて、きっと喜んでもらえると思うので、キャスト・スタッフ皆さんの汗と涙の結晶をお見せしたいです」と意気込んだ。

013584.jpg

今作でも、ワンシチュエーションの中でウソがウソを呼び、主人公が自ら引き起こしてしまう混乱に巻き込まれて行くクーニー親子お得意の物語に、周りを振り回す山寺と振り回される水島の関係は今作でも健在。数々の伏線がつながって予想外の展開を引き起こし、観客を爆笑の渦に巻き込んでいく。

013584.jpg

見どころについて、山寺は「とにかくドタバタしていますけど、1番は裕さんのラブシーン。役者人生50年の中で初めて舞台でラブシーンをするということで、大きな見どころとして楽しみにしています(笑)」と挙げると、水島は「ひどいプレッシャーのかけ方でしょ」と苦笑い。あらためて、「前回は女装シーンがあって、そこが僕の1番難しいシーンだったんですけど、今回のラブシーンのほうがよっぽど難しい、逆に言うと女装のほうが楽だなと思います(笑)」とカミングアウトすると、会場は笑いに包まれた。

続けて、三石は「ドタバタがありつつも、最後は丸く収まっちゃうところが好きです。最後はなんとなく楽しい気持ちで終わるのが最高です」と本作の魅力を訴えた。

013584.jpg

さまざまな事件が舞台のあちこちで発生し、目が足りなくなるような本作の注目ポイントについて、野坂は「三石さんがクローゼットの中に入ってから、最後にドアを開けると、小声で歌っています。長い間、中にいると飽きちゃうと思って、三石さんに歌ってもらえないかとお願いしたら、ぜひとおっしゃっていただきました(笑)」とコメントすると、水島も「名塚さんもクローゼットの中に入ると、すごくセクシーなポーズをされています(笑)」とクローゼット関連のネタで同調。

そんなコメントを受けて、山寺は「細かいところまで楽しんでいただくために、3回ぐらい観に来てください(笑)」と呼びかけ、笑いを誘った。

013584.jpg

山寺、水島、三石以外のキャストたちも、水島が「今回は特に出演者全員の色が際立っていて濃いと思います。これがぶつかった時にどういうパワーを発揮できるか楽しみにしています」と期待するように、魅力満載、笑い満載。

2020年春からイギリスへ留学する寿は、本作が留学前ラストの舞台出演。ラフィングライブ3回目の出演にして、これまでとはひと味違う少し天然な女性を演じ、あらたな魅力を見せれば、稽古場で「混ぜるな危険。特濃トリオ」と呼ばれていたという岩崎、斎藤志郎、斉藤こず恵の濃すぎる面々が爆笑を巻き起こし、高橋、名塚、岩尾がさらなる混乱と共に笑いを運んでくれる。

013584.jpg

013584.jpg

初日会見の最後に、山寺は「高級ホテルのスイートルームが舞台ということで、三越劇場の装飾がすごく合っています。92年という歴史のある素晴らしい劇場で、本作を上演できることが本当に幸せです。その一体感を全て楽しんでいただけたらと思います」と締めた。

ラフィングライブ第五回公演『Out of Order』は、11月28日(木)12月2日(月)まで東京・三越劇場にて上演。上演時間は2時間半を予定している(休憩15分あり)。

(取材・文/櫻井宏充 舞台写真/オフィシャル提供)

この記事の画像一覧

  • 013584.jpg
  • 013584_02.jpg
  • 013584_03.jpg
  • 013584_04.jpg
  • 013584_05.jpg
  • 013584_06.jpg
  • 013584_07.jpg
  • 013584_08.jpg
  • 013584_09.jpg
  • 013584_10.jpg
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

オススメの記事

人気の記事