エンタステージ

演劇の楽しさを提案する総合情報サイト

平安神宮境内「十二十二(トニトニ)」で新プロジェクト『KYOTO SAMURAI BOYS』始動

012434.jpg

平安神宮敷地内にある KYOTO SAMURAI THEATER(京都・時代祭館 十二十二内)にて、『KYOTO SAMURAI BOYS』の上演が決定した。本公演は、株式会社ネルケプランニングの全面プロデュースのもと、植木豪の構成・演出で送り出す“日本の伝統文化を気軽に体験できる”エンターテインメントショー。2019年8月10日(土)にプレオープン、9月上旬にグランドオープンを予定している。

メンバーは、オーディションで18名を選抜。出演が決定したのは、福澤侑、里中将道、泰江和明、山縣悠己、Lil Noah、下田壮良、など。18名をチーム分けし、ロングラン公演を行うとのこと。彼らが扮するのは、現代の刀“マイク”を握った若きサムライ。2020年のオリンピックを控え、訪日外国人に高い支持を得ている京都の地で、フィジカルとテクノロジーが高次元で融合する新たなエンターテインメントの創出へと挑む。参加メンバーの詳細は、以下のとおり。

【椿】福澤侑・飯塚大夢・NUY・山口晃生・山縣悠己・竹迫祐貴
【桔梗】里中将道・Lil Noah・RANMA・BISKE・神谷亮太・品川翔
【若葉】泰江和明・Rayshy・R-NE・飯田寅義・下田壮良・河島樹来

プロジェクト始動の発表にあたり、植木をはじめとする関係者より以下のコメントが届いた。

◆足立健司(一般財団法人 京都平安振興財団 代表理事)
京都・岡崎は、琵琶湖疎水を使った日本で初めての発電・市電の運用、平安神宮の建立などにより京都の社会的、経済的発展を支え、継承してきた地区です。その中でも明治期の内国勧業博覧会以降、文化的交流の場として重要な役割を担ってきま した。この度の京都・時代祭館 十二十二(トニトニ)での『KYOTO SAMURAI BOYS』の公演が、国内外の多くの方々の文化・交流の場として、さらに京都・岡崎が進取の気風にあふれ、発展することを祈念いたします。

◆高野瀬卓治(京都平安プロパティ株式会社 代表取締役)
京都・時代祭館 十二十二(トニトニ)は、京都三大祭の一つである「時代祭」に年間を通じて触れていただくことを目的に一昨年に平安神宮の境内に誕生した文化商業施設です。施設名はこの「時代祭」の催行日である10月22日に由来しております。当館として独自のエンターテインメントを発信するにあたり、今回、ネルケプランニング松田誠会長および植木豪様のご尽力により『KYOTO SAMURAI BOYS』の公演が叶うこととなりました。劇場の開業にあたり、京都の新たな文化・芸術・観光の情報発信拠点として魅力ある賑わいを創出いたします。

◆植木豪(構成・演出)
京都の劇場で若者が毎日歌って踊ってパフォーマンスをしていく。過酷で前代未聞のこのプロジェクトですが、選出された男の子たちの目は希望に満ちていました。それは20年前にストリートで一人も見てくれることのない状況でパフォーマンスをしてた自分を思い出させてくれます。僕にとってその経験こそが、この世界でずっと戦える力と心を作ってくれたと日々実感しています。もちろん今も変わらず応援していただいてる方もいますが、あの当時支えていただいた方のことは今でも鮮明に憶えています。京都の地に降り立ち、このプロジェクトに全力で立ち向かい、戦いながら傷つき、男として磨かれていくであろう彼等を、ぜひとも皆様の声援で侍にしていただけたらと思います。

【あらすじ】
日々何気なく過ごしていた現代の若者たちが、ある日ゲームの世界に入りこんでしまう。 さらに、同じくゲームの世界に取り込まれた人たちを、元の世界に戻す使命を課せられてしまった! 強大な敵とぶつかり、修行を経て、【侍の心】を思い出した若者たち。
使命を果たし、無事に元の世界に戻ることは出来るのか?

『KYOTO SAMURAI BOYS』は、KYOTO SAMURAI THEATER(京都・時代祭館 十二十二(トニトニ)内)にて8月10日(土)にプレオープン、9月上旬にグランドオープン予定。

【公式HP】https://www.samuraiboys-project.com/
【公式Twitter】@samuraiboysPJT

(C)SAMURAI BOYS PROJECT

(文/エンタステージ編集部)

この記事の画像一覧(全1枚)

  • 012434.jpg

関連タグ

関連記事

トップへ戻る