loading
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

『ザ・ブロードウェイ・ミュージカル・コンサート』本場のトップスターが渋谷に集結

011654.jpg
画像を全て表示(5件)

本場の興奮をそのままに、世界最高水準のパフォーマンスをお届けする『ザ・ブロードウェイ・ミュージカル・コンサート』が、2019年5月18日(土)・5月19日(日)の2日間、東京・東急シアターオーブにて開催される。

このコンサートは、今年1月に行われた『ヴォイス・オブ・ウエストエンド』のプロデュースチームが、好評の声を受けて企画したもの。演劇の聖地ウエストエンドからエンターテインメントの本拠地ブロードウェイへと視点を移し、今のブロードウェイの熱気を伝える「旬」のキャストを揃えた。

選出は「トニー賞を受賞、あるいは候補になったことがある」を基準として選出。『レ・ミゼラブル』25周年公演ではジャベール役、『オペラ座の怪人』ではアフリカ系アメリカ人としてブロードウェイ史上初のファントム役を演じたノーム・ルイス、2017年『ハロー・ドーリー!』コーネリアス役でトニー賞助演男優賞を受賞したギャヴィン・クリール、2014年にキャロル・キングの半生を描いた『ビューティフル』でトニー賞主演女優賞を受賞したジェシー・ミューラー、ドラマ『glee/グリー』でトランスジェンダーのウェイド“ユニーク”アダムス役を演じ、『アイランド』大地の母・アサカ役でブロードウェイデビューを果たしたアレックス・ニューウェルと、本場でもなかなか実現できない顔合わせが実現した。

本公演のプロデューサーを務める読売新聞社の中島康雄氏は「今回、出演する4人の歌唱力は本当に圧巻です。“半端ない”!世界にはこんなにすごい人たちがいるということを、日本にいながらして感じてもらえでしょう」と語っている。

また、一部セットリストも公開。選曲も、トニー賞関連作品に重きを置き、日本ではあまり聴くことができない楽曲から人気作品のナンバーまでをセレクト。『レ・ミゼラブル』25周年公演でのノーム・ルイス(ジャベール役)の名歌唱で知られるナンバー「Stars」、アンドリュー・ロイド・ウェバーの代表作『オペラ座の怪人』でファントムが歌い、劇的に人の心を揺り動かす「Music of the Night」、『ウエイトレス』から主役ジェナが“過去の自分がいたからこそ、今の自分がある”と力強いメッセージを伝える「She Used To Be Mine」、ドラマ『glee/グリー』でトランスジェンダーのウェイド“ユニーク”アダムスが歌って大反響を起こした「If I Were A Boy」(もし僕が男の子なら)。さらに 、ブロードウェイの不朽の名作『ピピン』から「Corner of the Sky」、『レント』から「Seasons of Love」と幅広く楽しめるセットリストとなっている。

『ヴォイス・オブ・ウエストエンド』に続いてジョン・クォークが、本作でも音楽監督・指揮を務め、特別な組み合わせのデュエットなど、このコンサートでしか聞けない瞬間を作り上げてくれることだろう。
コメント動画:https://www.youtube.com/watch?v=pWMHZWnv0S4

以下、出演者のプロフィールと一言コメントを紹介。

011654_2.jpg

ノーム・ルイス(Norm Lewis)

【プロフィール】
ブロードウェイを代表するバリトンボイス。『レ・ミゼラブル』25周年公演でジャベール役を演じ、『オペラ座の怪人』ではアフリカ系アメリカ人としてブロードウェイ史上初のファントム役を演じて世界の注目を集めた。2012年『ポーギーとベス』のポーギー役でトニー賞主演男優賞ノミネート。豊かな歌声とあたたかみのある人柄が魅力のノームは『ザ・ブロードウェイ・ミュージカル・コンサート』ではキャスティングや選曲に大きな役割をはたす。

【コメント】
それぞれの出演者を代表する曲を披露するだけでなく、デュエットや全員によるパフォーマンスができることも楽しみにしています。このコンサートを心から満喫して、観客ともその楽しさを共有したいね。

011654_3.jpg

ギャヴィン・クリール(Gavin Creel)

【プロフィール】
2002年『モダン・ミリー』のジミー役でブロードウェイデビューし、トニー賞主演男優賞にノミネート。2008年『ヘアー』のクロード役でも同賞にノミネートされた。2017年『ハロー・ドーリー!』のコーネリアス役でトニー賞助演男優賞を受賞。爽やかな風貌と伸びやかな歌声で人気を集める。『ブック・オブ・モルモン』ウエストエンド公演のエルダー役でローレンス・オリヴィエ賞ミュージカル主演男優賞を受賞するなど、英米で活躍する。

【コメント】
僕たちの大好きなヒット曲だけでなく、ブロードウェイで出演した作品などもある素晴らしいセットリストだから、歌うことだけでなく、僕自身が聴けることに興奮しているよ。

011654_4.jpg

ジェシー・ミューラー(Jessie Mueller)

【プロフィール】
2014年、シンガー・ソング・ライター、キャロル・キングの半生を描いた『ビューティフル』にキャロル役で主演してトニー賞主演女優賞を受賞し、一躍ブロードウェイのアイコンとなった。『ウエイトレス』のジェナ役、『回転木馬』のジュリー役で同賞ノミネート。卓越した歌唱力と表現力で観客を魅了する歌姫。

【コメント】
キャストそれぞれを象徴する曲と、予想外の組み合わせのデュエット曲が一度に聞ける楽しいコンサートよ!

011654_5.jpg

アレックス・ニューウェル(Alex Newell)

【プロフィール】
34,000人が参加したオーディション番組『Gleeプロジェクト』で勝ち残ったことをきっかけに、ドラマ『glee/グリー』でトランスジェンダーのウェイド“ユニーク”アダムス役を演じた。個性的なキャラクターとパワフルボイスで日本でも一躍注目を集めた。『アイランド』に大地の母アサカ役で出演し、ブロードウェイデビューを果たす。

【コメント】
全力でパフォーマンスするよ!

◆セットリスト
Stars(『レ・ミゼラブル』より)
Music of the Night(『オペラ座の怪人』より)
She Used To Be Mine(『ウエイトレス』より)
Corner of the Sky(『ピピン』より)
If I Were A Boy(『glee/グリー』原曲:Beyonce より)
Seasons of Love(『レント』より)

『ザ・ブロードウェイ・ミュージカル・コンサート』は、5月18日(土)・5月19日(日)の2日間、東京・東急シアターオーブにて開催される。

【公式HP】https://broadway2019.jp/
【公式Twitter】https://twitter.com/bwmconcert
【公式Facebook】https://es-la.facebook.com/pg/BWMConcert/posts/

この記事の画像一覧

  • 011654.jpg
  • 011654_2.jpg
  • 011654_3.jpg
  • 011654_4.jpg
  • 011654_5.jpg
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

オススメの記事

人気の記事