HEADLINE

ニュース

龍真咲主演!宝塚月組『1789-バスティーユの恋人たち-』WOWOWにて2016年9月放送

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

宝塚月組『1789-バスティーユの恋人たち-』

2015年に宝塚歌劇団月組によって上演されたミュージカル『1789-バスティーユの恋人たち-』が、WOWOWで放送中のプログラム『宝塚への招待』で2016年9月に放送されることが決定した。本作は2012年にフランス・パリで初演され、フランス語圏を中心に上演され大ヒット。その後、2015年に宝塚歌劇団が小池修一郎の潤色・演出で日本初上演を果たした。フランス革命に翻弄される若者たちの愛と青春を、現代の音楽に乗せて描いた新感覚のフレンチ・ロック・ミュージカルだ。

本作の主演を務めたのは、2016年9月の公演をもって退団することを発表した龍真咲。端正な顔立ちに輝くオーラをまとい、新しいトップスター像を作り上げてきた龍が、革命に身を投じる青年ロナンを演じる。本作について龍は、「形のないものを生み出すということは、新たな自分への挑戦。私が演じるロナンは、地に足を着けて、土を感じる、匂いのするような役」とコメント。さらに、小池が「龍真咲というトップスターを中心とする構成でアレンジした」と語るなど、まさに龍のために作られたステージと言えるだろう。

音楽、衣装、メイクにもこだわった龍率いる月組の熱いステージ、ミュージカル『1789-バスティーユの恋人たち-』は、WOWOWライブにて2016年9月放送予定。

【ストーリー】
官憲に殺された父の仇を討つためパリに向かったロナン(龍真咲)は、革命家の牙城パレ・ロワイヤルで若き革命家たちと出会う。一方、ベルサイユ宮殿で華美に暮らす王妃マリー・アントワネット(愛希れいか)は、恋人との密会のため極秘でパレ・ロワイヤルを訪れていた。ロナンは、王妃のお供オランプと恋に落ちるが、二人は対立する立場にあった。やがて革命家たちの理想の炎は勢いを増し、バスティーユ牢獄襲撃にロナンも参加する。

【スタッフ】
小池修一郎(潤色・演出)

【出演】
龍真咲、愛希れいか、凪七瑠海、美弥るりか、珠城りょう、飛鳥裕、憧花ゆりの、星条海斗、美城れん(専科)、沙央くらま(専科)

☆番組サイト
http://www.wowow.co.jp/pg_info/release/003953/index.php

Le Spectacle Musical<1789 - Les Amants de la Bastille> Produced by NTCA PRODUCTIONS, Dove Attia and Albert Cohen International Licensing & Booking, G.L.O,Guillaume Lagorce (C)宝塚歌劇団 (C)宝塚クリエイティブアーツ

(文/エンタステージ編集部)

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のニュース

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP