エンタステージ

演劇の楽しさを提案する総合情報サイト

石賀和輝&高崎俊吾&平牧 仁インタビュー!新シリーズ『Like A(ライカ)』とは・・・?

いよいよ、2018年2月3日(土)に開幕する完全新作オリジナル舞台『Like A(ライカ)』。『Club SLAZY』シリーズで演出・脚本を務めた三浦 香、脚本の伊勢直弘、振付の當間里美、楽曲制作のAsu(BMI Inc.)が再び集結し、送り出す新たな物語は、一体どのようなものになっているのか?稽古開始前、出演者より、石賀和輝、高崎俊吾、平牧 仁に集まってもらい、話を聞いた。

(一部、物語の舞台設定、役名などに触れています)

『LikeA(ライカ)』石賀和輝&高崎俊吾&平牧 仁インタビュー

――新シリーズ、いよいよ始動ですね。まず、ご出演が決まった時のお気持ちを教えてください。

平牧:僕がお話をいただいたのは、まだ何も決まっていない段階だったんです(笑)。分かっていたのは、『Club SLAZY』の製作陣による完全オリジナル作品ということだけで。でも、製作陣の方々が、皆さんこれまでに何度かお仕事をしている方だったので、呼んでいただけて嬉しかったです。伊勢直弘さんに関しては、今年、W主演をやらせていただいた舞台(『炎の蜃気楼昭和編 紅蓮坂ブルース』)の演出でお世話になったりしていたので、またご縁があって嬉しくなりましたね。

石賀:僕は、ミュージカル『八犬伝―東方八犬異聞―』二章でCLIEさんの作品に出演させていただいたのですが、『Club SLAZY』は直接観ることができていなくて、映像で拝見させていただきました。歌も踊りもすごくて、作品としてのクオリティの高さを実感しました。今回は、完全新作ということで皆さんの期待も高まっていると思います。どう作っていけばいいのかというプレッシャーもありますが、今はすべてのことが楽しみで仕方ないです。

高崎:僕は『Club SLAZY』の2作目に出演させていただいたのですが、お話をいただいた時は、これは絶対おもしろいお話になるぞ!と思いました。平牧さんが言っていたように、まだ何も詳細は決まっていない状態だったんですけど・・・(笑)。『Club SLAZY』に出演させていただいた時は、まだ芝居経験が浅い時期でした。だから、約4年ぶりに製作陣の皆さんとご一緒できるというのが、僕にとってモチベーションになっていまして、成長した姿をお見せできたらと思っています。

『LikeA(ライカ)』石賀和輝&高崎俊吾&平牧 仁インタビュー_5

――上演決定の発表時もとても反響が大きかったので、お客様もどんな作品が出来上がるのか、期待が大きいと思います。

高崎:出演が決まった時に、いろんな方から「出るんだね」とか「CM観たよ」と声をかけていただいたんです。

平牧:あ、僕も僕も!『Club SLAZY』のドラマ放送の合間にCMが流れてるんだよね。皆、ドラマ観てるんだって、改めてその人気の高さを知りましたね。

――『Like A』はまだまだ謎が多いですが、『Club SLAZY』のように音楽は一つの大きな要素になりそうですね。

高崎:本当に、その通りだと思います。音楽は、僕の事務所の先輩でもあるAsuさんが作られているんですけど、少し前に、一緒にコンサートのお仕事をさせていただいたのですが、楽曲の素敵さはピカイチでした。そういう面でもすごく楽しみ。

平牧:『Club SLAZY』ではJAZZYな感じが多かったですが、今回はどうなっているか・・・。またひと味違う感じをお届けできるのではないかと。

石賀:僕は歌が大好きなのですが、舞台上でパフォーマンスとしてお見せすることを考えると皆さんについていけるかという不安が・・・。

平牧:どうしたの急に!大丈夫だよ(笑)。

――少しだけ物語の概要に触れさせていただきます。皆さんが最初に台本を読まれた印象を教えてください。

高崎:僕は、これは新シリーズですけど、『Club SLAZY』の製作陣と同じ方々の作品と聞いて、SLAZY感の強いお話になるのかなという先入観があったんです。でも、蓋を開けてみたらショーっぽさよりもミュージカル感の強い作品だなという印象を受けまして。役もすごく個性的なので、『Club SLAZY』とはまた違った華やかさ、そして、一貫性のある作品が生まれるんじゃないかなと思っています。

平牧:今回の舞台は“港町にあるホテル”なんです。ホテルって、非日常でありながら、表にも裏にも人間模様が渦巻いている場所じゃないですか。そのバランスを物語として描けたら、すごく素敵だなと思います。それから、衣裳がかっこいいものになりそうだよね。

石賀・高崎:そうですね。

平牧:衣裳は、歌やダンスシーンで重要なものじゃないですか。そういう部分でも、イメージが膨らむなと思いながら読みましたね。

石賀:僕は、自分がどういう立ち位置で、どういう台詞を言うのかに注目して読みました。自分が読んで想像したものと、実際に演出をつけていただいて出来上がるものが、どう違って、どう仕上がるのかが楽しみでワクワクしています。

石賀和輝&高崎俊吾&平牧 仁インタビュー_6

――役については、アテ書きとお聞きしたのですが・・・。

平牧:そのようです(笑)。役の設定見て、どうだった?

高崎:僕の役は、アッシャーというドアマンの役なんですが、盗聴癖があるって書いてあって・・・(笑)。

平牧・石賀:あはは(笑)!

高崎:伊勢さんとは一緒にお仕事させてもらうのが初めてなので、多分、僕のイメージは三浦さんの方が持っていらしたのかなと思うんです。癖のある人物だけど、どこかかわいらしさのある、憎めない役柄だったので、こういうイメージを持たれていたんだなと・・・でも、盗聴癖があるっていうのは身に覚えがありません(笑)。

平牧:ギャップ萌えだよ(笑)。

高崎:あはは(笑)。

――石賀さんは、バトラーということで、その名の通り執事ですか?

石賀:そうです、執事です。僕自身、人を見ているのが好きというか、人間観察が趣味なんです。それから、面倒を見ることもすごい好きで。家族や親戚に小さい子が結構いるんですが、その子たちの面倒をよく見たりしています。執事という、しっかりと冷静に周りを見ていないといけない立場は、自分にあっているなぁと思いました。

――ちなみに、三浦さんと伊勢さんにご自身のそういった部分はお話されたことがあるんですか?

石賀:オーディションでお会いしただけで、それがまったくないんです。だから、自分の役を知った時、「お二人は、透視とか、そういうすごい力を持っているのかな」ってびっくりして・・・(笑)。

高崎:あははは(笑)。

平牧:真面目な顔ですごいこと言ってる(笑)。

――でもそれは、確かにびっくりしてしまいますね(笑)。平牧さんは、FC、フィナンシャルコントローラーという役どころですが・・・。

平牧:そうなんです。でも、最初に台本を読んだ時は、全然キャラクターが掴めなくて。何考えてるか分からなかったんですよ(笑)。稽古に入る前に、伊勢さんとお会いする機会があったので、「台本読んだんですけど、全然分かんないです」って伝えたら、「いや、あれ仁のままだよ」って言われて(笑)。俺、そういう感じに見えてるの?こんな掴みどころがなくて分からない人だと思われてるの?って考えた結果、役作りしなくていいんだという結論に達しました。むしろ、役作りしたら作り物になっちゃいそうだから、このままでいくと思います(笑)。

高崎:明日にでも本番を迎えられますね(笑)。

平牧:台詞を覚えきればすぐ出れる(笑)!

『LikeA(ライカ)』石賀和輝&高崎俊吾&平牧 仁インタビュー_2

――お互いに、初めてお会いになられた時と役の印象はどうでしたか?

平牧:高崎くんは、今も盗聴しているのかなと気になって・・・(笑)。

高崎:してない、してないです(笑)。

平牧:というのは冗談で(笑)。彼は、人の目を見てしっかり話を聞いてくれるんですよ。インタビューが始まる前、作品にまったく関係ない焼肉屋さんの話をしていたんですけど、ちゃんと聞いて、話してくれて。本当に、優しさ満点だなと思いました。

石賀:僕も、なんていい人そうなオーラが出てるんだろうって思いました。

平牧:分かる!あったかい空気が周りを取り巻いてるよね。僕、冷え症なんでありがたい(笑)。

高崎:ありがとうございます(笑)。

――石賀さんは、この中で一番年下ですよね。

平牧:そうそう。最初にお会いした時は、お互い人見知りなもので初々しい会話をしていたんですけど、つついていくと、懐っこい、犬のようなかわいらしさが出てきました。でも、冷静沈着。

高崎:すごく真っ直ぐな瞳をしていますよね。純粋なんだけど、いろいろ深く考えてそうだなという印象です。きっと、バトラーの役目がすごく板につくんだろうなって気が、今からしています。

石賀:なんか、ちょっと恥ずかしくなってきました(笑)。

平牧・高崎:あはは(笑)。

――石賀さん、高崎さんから見た、平牧さんは?

石賀:僕は、撮影の時に初めてお会いしまして。その時、いろいろと質問してくださったりしたのが印象に残っています。何型ですか?とか(笑)。

平牧:お見合いのようなたどたどしさだったね(笑)。

石賀:緊張をほぐしてくれようとしてくださっていて嬉しかったんですが、逆に平牧さんも緊張してるんだろうなって(笑)。

平牧:えっ、そんなこと思ってたの(笑)?

石賀:はい(笑)。でも、途中でお互いに食の楽しみ方に共通点があると分かって、だんだんと自分から話せるようにもなってきて、打ち解けやすい方だなって思いました。

高崎:平牧さん、今この場でもそうなんですけど、すごく人を見ている方ですよね。きっと、稽古場でもすごく頼りになる先輩なんだろうなって。

平牧:これ、香さんが聞いたら爆笑するな~。

高崎:えっ、そうなんですか?

平牧:「仁ちゃんを頼りにしたらダメだよ~」って声が聞こえてきそう・・・(笑)。

高崎:あはは(笑)。でも、こういう空気を作ってくれるので、ご一緒するのが楽しみです。

石賀和輝&高崎俊吾&平牧 仁インタビュー_4

――お三方もそうですが、今回初共演の方が多いですね。

石賀:中谷優心さんって、アーティスト活動もされている方じゃないですか。・・・僕、すごく好きで。

平牧:へ~!ファンなの?

石賀:一方的にファンです。なので、実は、夢の共演です・・・。

平牧:ファンだってことは伝えたの?

石賀:オーディションの時にお会いできたので伝えました。

――それはすごい嬉しいですね。しかも、きっと舞台でも歌われますよね。

石賀:本当に楽しみで仕方がないです!

平牧:本当にリアルファンだね(笑)。

――今回、平牧さんのピアノ演奏もあるんですよね。

平牧:お客さんの入り具合で、弾くピアノのグレードが変わります(笑)。たくさん観に来ていただけたら、YOSHIKIさんのクリスタルピアノをお借りできるかも。逆に、あんまり振るわなかったら僕の私物の電子ピアノで(笑)。

石賀・高崎:(爆笑)!!

――開幕を、楽しみにしています(笑)。最後に、お客様にメッセージをお一言ずつお願いします。

高崎:『Club SLAZY』シリーズが好きだった方は、とても期待してくださっていると思うので、正直すごくハードルの高い作品だなとは思っているのですが、出演させていただけることを誇りに思って臨みたいと思います。皆で一致団結して、そのハードルを超えていきたいなと思っているので、ぜひぜひ、期待して劇場にお越しいただけたら嬉しいです。

石賀:それぞれの台詞やストーリーの中に、お客様にとって何か自分と共通して見える部分だったり、感じる部分だったり、たくさんの要素が散りばめられていますので、細かいところまで楽しんでいただけたら嬉しいです。歌・ダンスも含め、『Like A』がお送りする上質な時間を皆さんにお届けできればと思っています!

平牧:本番、クリスタルピアノを弾かせていただけるといいなと思いつつ(笑)。舞台は、お客様が入って完成すると言いますが、ゼロから立ち上げる舞台は、特にその要素が強いです。ですので、観に来てくださる方は、この『Like A』という作品を一緒に盛り上げていただきたいです。シリーズとして続いていけイケるように、ふわさしい幕開けにしたいと思うので、楽しみにしていてください!

『LikeA(ライカ)』石賀和輝&高崎俊吾&平牧 仁インタビュー_3

◆公演情報
舞台『Like A(ライカ)』
2018年2月3日(土)~2月12日(月・祝) 新宿 FACE
【脚本・演出】三浦香
【脚本】伊勢直弘
【振付】當間里美
【楽曲制作】Asu(BMI Inc.)

【出演】
BB(ビービー)役・辻 凌志朗/バトラー 役・石賀和輝/
インスペクター 役・SHUN/アッシャー 役・高崎俊吾/
メートル・ドテール 役・岩 義人/キーパー 役・中谷優心/
ベル 役・橋本有一郎/ポーター 役・今井 稜/
FC(エフシー) 役・平牧 仁/キャプテンR 役・内藤大希

【公式HP】http://www.clie.asia/LikeA
【公式Twitter】@clie_seisaku

※辻凌志朗の「辻」は一点しんにょう
※高崎俊吾の「高」は「はしごだか」、「崎」は「大」の部分が「立」が正式表記

(C) 2018LikeA/CLIE

石賀和輝&高崎俊吾&平牧 仁インタビュープレゼント

【特別企画】直筆サイン入りチェキをプレゼント!

舞台『Like A(ライカ)』に出演する石賀和輝さん、高崎俊吾さん、平牧 仁さんから直筆サイン入りチェキをいただきました。こちらを、抽選で1名様にプレゼントいたします。 ご希望の方は、下記の応募方法にてご参加ください!

■エンタステージのTwitter(@enterstage_jp)をフォローの上
「◆プレゼント企画!◆」と記載のあるツイートをRT

※当選確率アップ!※
この記事のURL(http://enterstage.jp/interview/2018/01/008885.html)に
#エンタステージプレゼント のハッシュタグと
一言(お三方への応援メッセージ、インタビュー記事に対する感想、公演への期待・感想など)を添えてツイートしていただけると、当選確率がアップします!

<応募期間>

2018年1月31日(水)~2018年2月12日(月・休)まで

当選者には、エンタステージのTwitterアカウントよりDMにてご連絡を差し上げます。
※非公開アカウントからのご応募は、抽選対象外となりますのでご注意ください。


皆様のご参加をお待ちしております!

(撮影/エンタステージ編集部)

(文/エンタステージ編集部)

Like A

作品情報Like A

  • 公演:
  • キャスト:辻凌志朗、石賀和輝、SHUN、高崎俊吾、岩義人、中谷優心、平牧仁、内藤大希、橋本有一郎、今井稜

この記事の画像一覧(全7枚)

  • 『LikeA(ライカ)』石賀和輝&高崎俊吾&平牧 仁インタビュー
  • 『LikeA(ライカ)』石賀和輝&高崎俊吾&平牧 仁インタビュー_3
  • 『LikeA(ライカ)』石賀和輝&高崎俊吾&平牧 仁インタビュー_2
  • 石賀和輝&高崎俊吾&平牧 仁インタビュー_6
  • 『LikeA(ライカ)』石賀和輝&高崎俊吾&平牧 仁インタビュー_5
  • 石賀和輝&高崎俊吾&平牧 仁インタビュー_4
  • 石賀和輝&高崎俊吾&平牧 仁インタビュープレゼント

関連タグ

関連記事

トップへ戻る