HEADLINE

インタビュー

『ダブリンの鐘つきカビ人間』小西遼生インタビュー!「独特な世界観だけど、ピュアなものが伝わる作品になると思います」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今週末2015年10月3日(土)より、舞台『ダブリンの鐘つきカビ人間』が開幕。町人それぞれが別の不思議な病に冒された、ある中世を思わせる町が舞台。醜い容姿に美しい心を持つカビ人間と、思っていることと反対のことしか話せない娘おさえの切ない交流や、一転笑いに溢れた冒険などあらゆる要素が詰め込まれた作品で、今回が10年ぶりの上演となる。本作でおさえの許婚である戦士を演じる小西遼生に、作品の魅力や稽古場での共演者の様子などを聞いた。

小西遼生『ダブリンの鐘つきカビ人間』1

関連記事:“カビ人間”役に佐藤隆太が決定!『ダブリンの鐘つきカビ人間』待望の再演決定

――はじめに、台本を読んだときの感想はいかがでしたか?

1シーン1シーン、読むたび思わず笑ってしまいました。掛け合いの面白さがまずありますよね。キャラクターそれぞれのやりとり、言葉のチョイスとか、返し方だったりとか、まずこのやり取りに笑ってしまいましたね。

――そのなかで小西さんは、戦士を演じるわけですが、稽古場ではどのように戦士役に臨まれていますか?

おさえちゃん以外、登場人物は名前じゃなくて、「戦士」とか「天使」とか「止まり木」とかなんですが、僕、いちばん最初に台本を見た時、ファミコンとかのゲーム世代なので、「ドラゴンクエスト」みたいな、ゲームのなかの職業名に見えたんですよ。もちろん個人名はあるんでしょうけど、それには触れていなくて、キャラクターの個性がそのまま名前になっているんです。僕が演じる戦士は、武が強くて、闘うことを生業としているので、役名をまずは職業として考えてみようかなと。まずは、“戦士然”としていようかなと思っています。

小西遼生『ダブリンの鐘つきカビ人間』3

――台本を読んだときに、キャラクター同士のかけあいに面白さを感じたということでしたが、戦士は会話のなかで、知らない人の名前がどんどん口から出て来てしまう病なんですよね。そのかけあいも面白いですよね。

見ている人は面白いですけど、本人は狙っているわけではなく病気なので、いたって真面目なんです。戦士という、普通の世界よりもある種キャラクター性が特化している人が、ごく普通の日常的な言葉を口走ったりやってしまったりすることが面白いなって台本を読んだ時に感じました。
それでさっきの“戦士然”とする、ってことにつながるんですけど、それをまず僕のなかでは演じる上での大きな目的にしています。

多角的にみせる、G2演出の魅力

――稽古中、演出のG2さんからの言葉など、印象に残っていることとかありますか?

G2さんとは、何作もご一緒していますし、土台をきちんと作ってくださる方なので安心ですね。特に、今回のようなキャラクター性が強いものは、まず“ワールド”がそこに広がっていないと役としていられないけれど、G2さんの演出はきっちり世界を作って下さると思います。

あとは、誰かが芝居をしている時の、相手役のリアクションの想像力。
それぞれの役は衣裳などでキャラクターの特性は見えていますけど、それに加えて芝居の受け手側のリアクションが、シーンを伝える情報として大きいと思うので、そういうのを丁寧に作っている感じですね。

小西遼生『ダブリンの鐘つきカビ人間』2

――先日カビ人間役の佐藤隆太さんのインタビューで、G2さんは心情の動きまでとても繊細に演出をされるとうかがったのですが、小西さんに対してもそのような演出をされているんでしょうか。

カビ人間とおさえちゃんは、ストーリーの中心で、心情的な部分を特に担っているので、G2さんは細かく稽古されていると思いますね。この作品は、それぞれのキャラクターが強いぶん、ひとつ間違うと、個々がふざけ過ぎてしまいがちな恐れもある作風だと思うんです。だけど実は役の心理がリアルにあればあるほど、コミカルな部分が面白くなるので、役から逸脱していないかのさじ加減は、G2さんはちゃんと見て下さっています。

なので脱線したりすると「今のは面白いけど、役じゃないよね?」って、すぐに指摘が飛んできます。それは稽古場で皆に良く言っていることかも。皆もあえてその部分に挑戦していて、違うなって時は外したりしている。演じる方は振り幅を大きくやっていて、G2さんが大事な部分を見逃さないようにしているって感じです。

――G2さんの演出の魅力は?

とてもステージを多角的に見ているというか、直線だけじゃなく、歪みもちゃんと作ってる感じがするので、やる側も自由に動くことができるし、そこにいることが面白いんですよね。
ここからも、ここからも、って、どの角度からも見えるというか。

G2さんは数学的な部分も持っていると感じます。対角線だったり、斜めのいちばんいい角度とか。用意されたものをより面白く見せるための、土台をすごく緻密に作られるのが素敵です。

小西遼生『ダブリンの鐘つきカビ人間』4

★個性的なキャスト陣が揃った『ダブリンの鐘つきカビ人間』。稽古場の様子や注目のキャラクターなど、楽しいお話は後半に続きます!★

(文/金本美代)

ダブリンの鐘つきカビ人間

作品情報ダブリンの鐘つきカビ人間

  • 公演:
  • キャスト:佐藤隆太、上西星来、白洲迅、大塚千弘、小西遼生、中村昌也、木戸邑弥、明樂哲典、マギー、後藤ひろひと、吉野圭吾、篠井英介、村井國夫、ほか

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のインタビュー

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP